上道 尚人Uemichi Naoto

売り場から生活を変える。考え続けることで、思い描ける未来がある。

CAREER PATH

2014

営業

創設されたチャネルマーケティング室にて、新しい売り場や活用できていない流通経路の開拓を行っている。

「売り場や生活者をもっと知りなさい。」
自分を育ててくれたバイヤーの叱咤。

「商品への愛着が、やがて企業への愛着になる。」そのような想いからメーカーを志望しましたが、中でも日用品は自分とのつながりを想像しやすくLIONを志望しました。就職活動を通じて会った人たちの雰囲気がとてもよかったのも就職を決めた大きな理由です。いい人たちとの出会いは、入社後に営業として働き始めてからも続いています。不思議ですが、それもLIONで働くひとつの魅力だと思っています。

1年目のドラッグストア担当を経て、2年目から総合スーパーの地区本部のひとつを担当したときのことです。1店の売場の広さも売上規模も大きくなり、大きな責任を感じました。しかし、それ以上に担当になった当初はバイヤーに納得してもらえる提案ができずに悩みました。叱咤される日々の中でバイヤーが言いたかったのは「売り場やお店、生活者をもっと知りなさい」ということだと気づいたのは、数ヶ月経って売り場づくりを任せてもらえるようになってからのこと。バイヤーと一緒に店内を地道に巡る日々から本当に多くを学びました。担当を離れる時にいただいた「自分たちの仕事は、君のような人間を育てることになるんだ」という言葉が、今も忘れられません。

売り場開拓で生活を変革する、
チャネルマーケティング室の使命。

新たに創設されるチャネルマーケティング室への異動を聞いたのは、総合スーパーのバイヤーに認められ、手ごたえが自信に変わりつつある頃でした。いよいよこれからと意気込んでいた矢先だったのでとても驚き、また、カタカナだらけの部所名に少し不安を感じたことを記憶しています。しかし、会社が新部所にかける想いや抜擢された私たちに対する期待を知り、驚きや不安は次第にやる気と責任感へと変わっていきました。

チャネルマーケティング室は簡単に説明すると、新規流通のチャンスを獲得する部所です。新しい売り場やまだまだ活用できていない流通経路を開拓していくことが使命で、コンビニエンスストアや量販店、インバウンドやアウトバウンドまでフィールドは非常に多岐にわたります。流通の最前線におけるLIONの新しい挑戦がそこにあります。

新たな部所に異動して以降、強く抱いているのは、「私たちは売り場を切り拓きながら、生活者の買い場を切り拓いている」という意識です。生活者にとって日用品を買う店舗は、最も暮らしに密着したお店でもあります。だからこそ生活者と流通の新たな関係を創造するチャネルマーケティング室の仕事は、生活そのものを変革する力を秘めていると思います。

小さなコンビニエンスストアは、
大きな可能性の宝庫。

チャネルマーケティング室では、私はコンビニエンスストアの全国本部を担当しています。「今さらコンビニが新しい売り場の開拓になるのか?」と思う人もいるかもしれません。しかし、コンビニエンスストアで日用品を購入してもらうことにひとつの究極があると私は考えています。

コンビニエンスストアを訪れる人たちの多くは、お弁当などの食べ物や飲料を求めて来店しています。日用品売り場に真っ先に目を向ける人は少なく、限られたスペースに陳列できる商品数も当然限られます。しかし、最小限の売り場で日用品を買う習慣が生みだせれば、生活者と日用品の関係さえ変えていけると思います。

さらに少子高齢化が進む近い将来、コンビニエンスストアは単に便利な場所ではなく生活にとって重要な拠点になる可能性があります。生活者にとって最も身近な流通が変わることは、日常の行動が変わることでもあり、そのインパクトは計り知れません。今、私の目には、小さなコンビニエンスストアが大きな可能性の宝庫として映っています。

志を強く持ち続ければ、
実現できるのがLIONという会社。

「失敗を恐れずにチャレンジしようよ」という空気がチャネルマーケティング室には満ちあふれています。私の事例を挙げると、全国本部に対する提案機会をもらった際、多様なお客様の動線や目線をバーチャルリアリティで再現した映像を活用した売り場提案を行いました。来店者の行動は、年齢や性別、訪れる時間でどう変わるのか。実際にお客様の視点になってみることで見えてくるものや気づけることがあります。

「店舗のサイズに関わらず、理想はお客様一人ひとりにパーソナライズした商品と体験をお届けすること」そう考えていた私にとって、最新技術を駆使したプレゼンテーションはその想いをぶつける機会でもありました。提案にこぎつけるまでには同期の仲間を中心にデータ分析やデジタル技術など、部所の垣根を超えた協力が必要でしたが、共に情熱をもって臨んだ結果、全国本部の担当者から信頼を得ることができました。

流通の現場は変化が早く、そのスピードと対峙しながら、先の変化まで想像するのは容易ではありません。でも、常に自分の仕事を振り返りながら考え続けることで思い描ける未来がある。それを実現したい志を持ち続ければ、やがて本当に実現できるのがLIONという会社だと思っています。