中村 太一Nakamura Taichi

今までにない価値を「香り」で提案し、さらなる感動を届けたい。

CAREER PATH

2012

研究開発(ファブリック)

柔軟剤チームで、「ソフラン アロマリッチ」の開発全般を担当。

やりがいは暮らしとのつながりを、
肌で感じられる研究であること。

私はファブリックケア研究所の柔軟剤チームで、「ソフラン アロマリッチ」の開発全般を担当しています。柔軟剤の分野は、新しい成分を加えると物質が大きく変わってしまうこともあるため、安定配合するために作った評価サンプルは1000以上にのぼります。それだけ時間のかかる研究なので、直近の課題に対する研究と同時に数年後を見据えた研究も行っています。

現状の組成開発期間を最小化して、市場への製品導入サイクルを短くすることで、お客様の嗜好や流行の変化に即座に対応できるような土台作りも進めています。柔軟剤の物性と香料の物性をどうリンクさせて長期的に安定しているものを作れるか、まだ解明できていないことも多いですが、その分やりがいがあります。

また、高品質な香りをお約束するため、お客様が「アロマリッチ」を購入、使用し、品質を体験する種々の場面にまで分解し、各タイミングでの最適な香りを考えます。自分の仕事がお客様と暮らしと密につながっていることを肌で感じられる研究なのがこの仕事の魅力です。

「お客様のため」という想いが、
“未来の暮らし”につながっていく。

アロマカプセル配合組成に関しては課題が山積みでした。一番苦労したのは、工場で安定生産をするためのプロセス開発です。ファブリックケア研究所では、「品質」を第一優先に考えますので、生産技術研究センターとの間で、品質を担保しながら安定的に生産する方法というのを何度も協議しました。

時には激しくぶつかり合うこともありましたが、お互いに根底にあるのは「お客様のため」という強い想いです。結果的には、双方の課題を同時に解決できる手段を見出し、無事導入に至りました。このように「お客様の声」を大切にしながら「品質」にこだわるというのが当社の社員に共通する想いです。

研究所にいても「お客様の声」を直接聞く機会があり、どこまで性能が伝わっているかなどを確認した上で改良を繰り返しています。研究自体のおもしろさを実感しながらも、常に「お客様に喜んでもらえる製品づくり」を念頭に置いて仕事をしています。お客様に喜んでもらえる商品を作ることが、会社の成長にもつながり、“未来の暮らし“につながると感じています。

従来の洗濯の枠を飛び出し、
考えもしなかった変化を生活へ。

「香り」の市場では、お客様にもっと感動していただいたり、快適に過ごしていただくために、今までにない価値を提案することも重要です。そのため、新しい性能を開発して市場を開拓していく必要があると考えています。

私個人としても、まだ国内にない最先端技術収集のために、グローバルメーカーとの交流の場や海外の学会に積極的に参加していきたいと思っています。そういった機会をもらえるように、日頃から必要なスキルを身につける努力をするよう心がけています。

住宅メーカーのスマートハウスや家電メーカーの画期的な最新家電、AIやIoTベンチャーが生みだす次世代サービス・アプリケーションとうまく融合した研究開発にも挑戦していきたいです。従来の洗濯の枠から飛び出すことで、これまで考えもしなかった変化を生活に届けていきたいです。

市場と期待の広がりに応え、
「香り」の可能性を切り拓く。

今後さらに共働き世帯が増え、家事に割く時間も質も低下し、家庭内の不快な環境が増加することが予想されます。しかし、短時間で効率的に家事をこなせる画期的な技術があれば、大切な家族や友人との時間が失われることなく、ゆとりのある未来の暮らしをきっと実現できます。

当社では、若手の意見も積極的に聞き、良い意見は採用してくれる風土があるので、志を高く持ち、努力を怠ることなければチャンスをつかむことができます。入社2年目の時に、ある製品の組成設計に関して、既存の考え方と異なる設計を提案し、ベースの考え方として採用されたこともありました。上司から「意見をどんどん出してくれ」と言われた時はうれしかったですね。

近年、お客様の「香り」に対する意識は高くなっていて、柔軟剤の市場も、機能に対する期待もまだまだ広がっていくことでしょう。直近の課題に対する研究を行いながらも、中長期的な視点も持って「香り」の可能性を切り拓いていきたいです。