本田 弘旭Honda Hiroaki

製品開発プロセスから、オーラルケアの未来に新たな流れを創造する。

CAREER PATH

2014

生産技術研究

歯磨や洗口剤など新製品の「製造プロセス」の開発を担当。

効果の高い製品を、
手頃な価格で世界中の人へ。

私は歯磨や洗口剤など新製品の「製造プロセス」の開発をしています。製造プロセスの開発とは、製品を作るときに、どの順番で、どのように混ぜるかなどを考えることです。製品の性能を担保しながら、コストをかけずに、大量に早く作る方法を日々模索しています。

研究所がラボ機で作るのと実機で作るのとでは、全く別のプロセス開発が求められます。安定したプロセスを構築するために研究所と一緒になって組成開発段階から携わったり、さらに生産能力を上げるために新たな実機を導入するか検討したりすることもあります。

値段の高い製品の効果が高いのは当たり前ですが、私の目標は効果の高い製品を世界中の人に手頃な価格で使ってもらうことです。プロセスの改善は、優れた製品と生活者の距離を最短距離で縮める方法でもあり、その意味で未来に関わる重責を担っている意識があります。

食事やコミュニケーションが
もっと楽しくなる未来を。

就職活動のときは、化学の力で機能性のあるものを開発し、社会を大きく変えたいと考えていました。化学メーカー、食品メーカー、製薬会社、プラントエンジニアリングなど幅広く検討しましたが、どこにでも使われているものを扱うよりは、自分が作った製品が最終製品として多くの消費者に届くほうが、やりがいを感じられると思いLIONに決めました。

私たちの仕事は製品の効果を十分に発揮させるのはもちろんのこと、その使用感や香味についても実験するたびに確認をしており、常に生活者目線での開発を心掛けております。自分が開発に関わった製品を身近な人たちに使ってもらい、「あの製品良かったよ!」と言ってもらえた時が何よりの喜びです。

口腔衛生のためには「歯を磨く」ことが現在では不可欠ですが、歯ブラシなしでももっと簡単に誰でも歯をキレイにできる方法がきっとあると思います。いつの間にか歯がキレイになっている、オーラルケアが楽しいと感じるような製品を開発し、世界中の人たちがいつまでも食事やコミュニケーションを楽しめる未来を創りたいです。

オーラルケアを通じて、
健康寿命の延伸を後押ししたい。

実際入社して、自分のアイデアがすぐに製品やプロセス開発に活かされるので、常にやりがいを感じながら働くことができています。プロセス開発の中では、歯磨の効果だけではなく、使う人への配慮も心がけています。

歯みがきが硬いとチューブから押し出しにくくてもいけませんし、逆に粘度が低いとチューブの口元や歯ブラシから垂れ落ちてしまいます。幼児や高齢者の視点に立って、開発することが大切になります。

歯の健康は全身の健康にもつながっていますので、いつまでも健康で快適な生活を送るために、虫歯や歯周病を未然に防ぐことが重要となっています。ひとりひとりの口腔状態や嗜好に合ったオーラルケア製品を提供することで健康寿命を延伸する後押しをしていきたいです。

奥深い「化学」を追求して、
衛生的で快適な未来に貢献したい。

最近ではオーラルケア業界でもIoTやAI、スマートファクトリ―の導入など最新技術を活用したサービスや製品開発の兆しがあります。実機のデータをインターネットに接続することで、不良品を減らす改善をしたり、そのデータを用いた新しいプロセス開発が進んだりしています。消費者が病院に行かなくても、口腔内データから医者に健康状態を診てもらえるサービスなど、オーラルケアの未来に新たな流れを創造するアイデアを私自身も考えています。

そのために、IoTセミナーに参加したり、新商品の情報をキャッチアップしたりするようにしています。また、社内で「LCC-i(ライオンチャンレンジカップイノベーション)」という未来の事業提案の機会にチャレンジし、新たなオーラルケア商品と新習慣の提案で「ゴールドカップ」を受賞することもできました。社内は提案していけば、任せてくれる風土がありますので、今後もいろんなチャレンジをしていきたいです。

「化学」は、機械のように分解できないので、簡単に真似することができません。だからこそ、今後「日本の強み」にしていける分野だと考えています。そんな奥深い「化学」を追求して、私自身も多くの人の衛生的で快適な未来に貢献していきたいと思っています。