ライオングループの価値創造

新 経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」

ライオングループを取り巻く環境はデジタルトランスフォーメーションの進展などにより、想像を超えるスピードで大きく変化しています。そうした外部環境の中長期的な変化をふまえ、将来に向けた変革を加速するために、2030年に向けた新経営ビジョンとその実現に向けた中期経営計画を策定しました。

新たな経営ビジョン・中期経営計画では、国内外にて高まるQOL(Quality of Life:生活の質)の向上などのヘルスケアに関する社会課題解決に事業を通じて取り組み、国連が提唱する「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成への貢献を目指します。

SDGsへの貢献

ライオングループの価値創造

ライオンは、創業以来、「愛の精神の実践」を社是として、「より良い生活習慣づくり」を通じて、人々の毎日の健康や快適な暮らしに役立つ企業を目指してまいりました。経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向けて、新しい視点から人々の幸せづくりをリードすることで、サステナブルな社会に貢献し、企業価値の向上を目指します。

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します