インフルエンザの予防対策として、手洗いの大切さを伝えました。

東北に元気を love. 石巻 創業者 小林富次郎ゆかりの地である宮城県石巻市で復興支援活動を実施しています。石巻市の震災復興計画の重点分野の中で、当社がお役に立てる分野として、「子どものケア」「コミュニティ形成」「経済復興」において活動しています。

インフルエンザの予防対策として、手洗いの大切さを伝えました。

2013年02月25日〜26日

石巻にも珍しく雪が降り、まだ厳しい寒さの中、石巻市立の保育所4ヵ所を訪問して、キレイキレイのオリジナル紙芝居とアラウータン体操を用いて、子供たちに手洗いの大切さを楽しく伝えました。
当日はインフルエンザのほか、おたふく風邪でもお休みしている子供たちがいました。こうした病気の予防のためにも引き続き手洗い啓発活動を続けていきます。

井内保育所での活動の様子

お兄さんが紙芝居を読み聞かせました

お兄さんが紙芝居を読み聞かせました

渡波保育所での活動の様子

ライオンちゃんと一緒に体操

ライオンちゃんと一緒に体操

大川保育所での活動の様子

小さい子どもたちもすぐに覚えてくれました

小さい子どもたちもすぐに覚えてくれました

二俣保育所での活動の様子

先生方も一緒に盛り上がりました

先生方も一緒に盛り上がりました

参加者の声

ビューティケア研究所 西村 彦人

ビューティケア研究所
西村 彦人

今回で、第4回となる手洗いの啓発活動に参加致しました。
初参加で慣れない私でしたが、子供たちのあたたかい笑顔に迎えられ、オリジナルの紙芝居とアラウータン体操を通して、手洗いの重要性と正しい手洗いの仕方を楽しく伝えることができました。
活動に参加して、子供達が元気に成長していくことが復興に繋がると感じ、今後もそのお手伝いが出来ればと思いました。
また、今回の活動を通して、私自身が学んだことも多く、より多くの人の清潔・衛生に貢献できるものづくりに励む決意を新たにしました。

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します