子供たちに歯みがきの大切さを楽しく学んでいただきました

東北に元気を love. 石巻 創業者 小林富次郎ゆかりの地である宮城県石巻市で復興支援活動を実施しています。石巻市の震災復興計画の重点分野の中で、当社がお役に立てる分野として、「子どものケア」「コミュニティ形成」「経済復興」において活動しています。

子供たちに歯みがきの大切さを楽しく学んでいただきました。

2014年5月21日〜22日

雨模様の5月の石巻で第7回となる歯みがき啓発活動を市内の井内保育所、鹿内保育所、荻浜保育所、石巻市子どもセンター(児童館)の4ヶ所で行いました。「アンパンマンとムシバラスの紙芝居」、当社オリジナルの「飛び出す絵本」、「ムシバラスの的あてゲーム」を用いて子供達に歯みがきの大切さを楽しく学んでいただきました。
井内保育所では所長先生が被災されたときの話をしてくださいました。1.8キロもの道を幼い子供たちを連れて山へ逃げたそうです。今でもそのときの記憶は鮮明に残っているとのことでした。

飛び出す絵本

飛び出す絵本

ライオンちゃんと子供達

ライオンちゃんと子供達

紙芝居の様子

紙芝居の様子

的あてゲームの玉を持ち、興味津々の子供たち

的あてゲームの玉を持ち、興味津々の子供たち

参加者の声

オーラルケア事業部 橋本 みづき

オーラルケア事業部
橋本 みづき

今回実際に自分の目で見て、耳で聞き、心で感じられたことは本当に大切な経験になったと思いました。
 この経験で得たものを「つないでいく事」こそ重要であると感じています。

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します