ライオン山梨の森
あゆみ

山梨県より2009年森林整備活動によるCO2吸収量認定

山梨県では、森林所有者との適切な協定に基づき森林整備を行う団体に対して、1年間の整備活動によるCO2吸収量を認定しています※1。(平成21年4月1日施行)
当社の2009年の森林整備活動によるCO2吸収量の算出を山梨県に依頼したところ、3.67t-CO2の結果が得られました※2。3月30日山梨県庁にて認定書が交付され、当社から永合CSR推進部長が出席しました。

  • やまなしの森づくりCO2吸収認定書

    やまなしの森づくりCO2吸収認定書

  • 認定書交付の様子

    認定書交付の様子

※1 http://www.pref.yamanashi.jp/midori/co2kyushu.html
※2 この排出量は京都議定書に定められる排出権として取引きされるものではなく、山梨県森林総合研究所と東京大学の共同研究に基づくシステム収穫表に基づき、現地調査を実施の上、吸収量が算出される。認定書は山梨県が独自に発行するもので、今のところ第3者への販売や譲渡はできない。

一覧に戻る

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します