サステナブルな社員より

本社両国地区の「野のくさプロジェクト」の開花状況をお知らせします

みなさん、こんにちは。
CSV推進部コミュニケーション推進室の「ナミタロウ」です。

2018年5月から本社両国地区での生物多様性保全活動である、「野のくさプロジェクト」(公益財団法人日本生態系協会監修)がスタートしましたが、あれから10月にかけての"野のくさたち"(以降、野草たち)の成長を、ぜひ皆様にお伝えしたいと思います。

両国オフィス花壇(左)と本社花壇(右)の様子

両国オフィス花壇(左)と本社花壇(右)の様子

(公財)日本生態系協会が推進する「野のくさプロジェクト」とは、企業、学校、マンションなどの敷地内に、その地域に昔から見られる野草を植えることによって、地域の生態系を回復させ地域づくりに貢献し、地域の方々や来街者等に生物多様性保全活動の重要性について関心を持っていただくための取り組みです。

今年は酷暑や台風が続いたこともあり、残念ながら枯れてしまうものもありましたが、それでも頑張って可憐な花を咲かせてくれる野草たちに生命の力を感じました。

  • ミズヒキ

    ミズヒキ

  • ツユクサ

    ツユクサ

  • ヤブラン

    ヤブラン

  • イヌタデ

    イヌタデ

様子を見に行くたびに違う表情を見せてくれる野草たち。
夏の終わり頃にチョウの幼虫がやってくることもあり、「野草を育てて保護している」から「地域の生態系に関わっている」という意識の変化も与えてくれました。

  • ツルボ

    ツルボ

  • キンミズヒキ

    キンミズヒキ

スミレがどうやって種を落とすのかも初めて知りましたし、お花屋さんでよく見る花々より控えめではありますが、小さく可愛らしい花や不思議な形の花を見て、新鮮な気持ちになることが出来ます。

  • スミレの種

    スミレの種

  • ゲンノショウコ

    ゲンノショウコ

年々減少しつつある野草を保全・育成していくことで、まちの生態系の安定に少しでも寄与できればと思い、今後も楽しんで活動を続けていきます。

これらの野草たちは、JR両国駅前のライオン両国ビルの道路に面した花壇で見ることができます。
皆様もお立ち寄りの際には是非のぞいてくださいね。

一覧に戻る

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します