ページの先頭です

サステナブルな社員より

名古屋オフィスで「ヒメボタル講演会&鑑賞会」を開催しました

みなさん、こんにちは。
名古屋オフィス総務室の栗原です。

ライオンは、各事業所毎に所在地域の環境保護活動として生物多様性保全活動を推進しています。
名古屋オフィスでは、名古屋城外堀に生息する「ヒメボタル」の保護活動を、2014年から『名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち』の皆さんと共に行っています。

その活動の一環として、2019年5月20日(月)、名古屋オフィスの社員とその家族が集まり、「ヒメボタル講演会&鑑賞会」を開催しました。

まず講演会では、ホテルナゴヤキャッスルにてディナーバイキングを楽しみながら、地域でこの活動を推進されている『名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち』の竹内重義代表と安田和代先生から、ヒメボタルについてのお話をして頂きました。

講演される安田和代先生

講演される安田和代先生

講演会の後、参加者全員でホタルの生息場所である名古屋城の外堀周辺まで行き、ホタルの観察を行いました。
当日はあいにくの雨模様で、雨が降るとヒメボタルはなかなか光ってくれないと聞いてましたが、その日は奇跡的に多くのホタルの光が見つけられました。

家族連れのお子様たちからは指の先に乗せたホタルの小さくも鮮明な光にあちこちで歓声があがり、参加者にとって思い出に残る鑑賞会となりました。

雨の中でヒメボタルを探し鑑賞する参加者

雨の中でヒメボタルを探し鑑賞する参加者

一覧に戻る

ライオン サステナビリティ レポート2019

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します