ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

小田原市の保育園で社員による手洗い習慣普及活動を行いました

みなさん、こんにちは。
CSV推進部の「がんちゃん」です。

ライオンでは社員研修の一環として、毎年、近隣の幼稚園・保育園にて、手洗い習慣の普及活動を行っています。
2014年から毎年実施して、今年で6年目になります。
2020年1月29日、神奈川県小田原市の豊川保育園にて手洗いイベントを開催しました。

参加者全員でお出迎え!

参加者全員でお出迎え!

プログラムの内容は大きく分けて二つです。
まず最初に、手洗い紙芝居。
と言っても、本当の紙芝居ではなくて、大きなスクリーンに紙芝居の絵を投影します。

キレイキレイファミリーのよしお君が、手洗いをちょっとさぼって、大変な目にあうお話です。
子どもたちも、「手洗いをいい加減にしていると大変だ!」という気持ちになってくれたでしょうか?

手洗い紙芝居、みんな一生懸命聞いてくれました

手洗い紙芝居、みんな一生懸命聞いてくれました

続いて、アラウータン体操です。
正しい手洗いに必要なポーズを、「うなぎ」「たこ」「いか」などの生物に例えて、子どもたちにも覚えやすくした体操です。

そして、子どもたちのお気に入りは、アラウータンの「ウー!」のポーズでした。
元気にアラウータンの真似をする子どもたちで、いっぱいでした。

みんな元気にアラウータン体操!

みんな元気にアラウータン体操!

体操をがんばった園児たちには、最後にアラウータンから、ハンドソープのお土産が渡されました。
みんな、これからも手洗いをしっかりやろうね!

みんな体操がんばったね!おみやげはキレイキレイハンドソープです

みんな体操がんばったね!
おみやげはキレイキレイハンドソープです

3月末時点で、世の中は新型コロナウイルスの問題で大変な事になっています。
日々の正しい手洗い習慣の普及が、そういった状況に少しでもお役に立てればと考え、私たちもこの活動が再開できる日に備えたいと思います。

一覧に戻る

ライオン サステナビリティ レポート2019

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します