ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

第10回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 経済産業大臣賞を受賞しました

みなさん、こんにちは。
CSV推進部の「しまきち」です。

ライオンが第10回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞で、経済産業大臣賞を受賞しました!

 

「人を幸せにする経営」と言葉にすることは簡単ですが、実践するのはとても難しいことですよね。
「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞における「人」とは、1.従業員とその家族、2.外注先・仕入先、3.顧客、4.地域社会、5.株主の5者を指すそうです。

人を幸せにしていれば結果的に業績も上がるはず・・・との事で、そんな大切な会社を1社でも増やしたいという思いでこの顕彰制度がスタートしたそうです。

そんな大切な会社として選ばれたことは、とてもありがたく、社員としてとても誇らしく思いました。

2020年3月16日、東京のアルカディア市ヶ谷にて表彰状の授与が行われ、会社を代表して人材開発センターの山内ダイバーシティ専任部長と青木HRBP推進専任部長が出席しました。

(左から)独立行政法人中小企業基盤整備機構 豊永厚志 理事長、人材開発センター 山内ダイバーシティ専任部長、青木HRBP推進専任部長

(左から)独立行政法人中小企業基盤整備機構 豊永厚志 理事長、
人材開発センター 山内ダイバーシティ専任部長、青木HRBP推進専任部長

当社の目指す姿は、創業者・初代 小林富次郎の言葉「人のため世のため役立つ仕事」にあります。
事業を通じて人々の幸福と生活の向上に寄与するべく、120年以上の間、人々の生活に寄り添い、歩んできた活動が、今回の受賞に繋がったのではないかと思います。

今後も社員一丸となって、人々の清潔や、健康、快適、環境を守るための新しい価値創造へ励んでいきます!

一覧に戻る

ライオン サステナビリティ レポート2019

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します