ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

夫婦円満に向けたオンラインセミナーを実施しました

みなさん、こんにちは。
CSV推進部の「のりねえ」です。

ライオンでは2016年から、「夫婦円満都市推進プロジェクト」をスタート。
さまざまな自治体と連携して、夫婦が互いを尊重し、無理なく家事をシェアする秘訣について、講義とワークショップで学ぶ体験型セミナーを、年に数回開催しています。
「夫婦円満都市推進プロジェクト」とは

みなさんは「家事ギャップ」という言葉をご存知でしょうか?
「家事ギャップ」とは

このプロジェクトでは、「家事ギャップが少ない夫婦の方が幸福度が高い」という調査結果に着目。
「家事ギャップ」の解消を通じて、女性活躍推進や子育てしやすいまちづくりを推進する自治体や企業とともに、男女の意識を変革して家庭をよりハッピーにすることで、SDGsでもうたっている「ジェンダー平等」を広げていくことを目指しています。

今回の開催都市・佐賀県は、「マイナス1歳からのイクカジ推進事業」の一環として、2018年からこのプロジェクトに参画。
なんと、このプロジェクトも少しはお役に立てたのか(?!)、今年の7月に民間企業が実施したイクメン力全国ランキングにて、佐賀県の「イクメン力」が全国トップになりました!!!

そして3年目の本年は、地元企業・松尾建設様の社内研修という形態にて開催することになりました。

しかし、新型コロナウイルスの影響により、従来の体験型セミナーの開催が暗礁に乗り上げました。
そこで、2020年10月6日、東京都にある当社の会議室と佐賀県の松尾建設様の会議室とを繋いだオンラインでのセミナー開催に、初めてチャレンジすることになりました!

オンラインにて講義を配信しています

オンラインにて講義を配信しています

今回、発見したオンラインセミナーの良いところは、マスクで半分隠れてしまっているものの、画面を通して受講者ひとりひとりの、みなさんの表情がはっきりと見えることでした。

チャットやリアルタイムでのアンケート機能を駆使し、オンラインならではの講師陣との軽快なやり取りで、セミナーが進むにつれて、開始時には緊張気味だった受講者のみなさんの顔が、どんどんリラックスしていくのが、手に取るようにわかりました。

そして、2時間の長丁場にもかかわらず、終始、和気あいあいとした雰囲気のまま、無事に終了することができました!

  • オンラインセミナーの受講風景

    オンラインセミナーの受講風景

  • 事前に取組んだセンター試験の答え合わせをする受講者

    事前に取組んだセンター試験の
    答え合わせをする受講者

セミナー終了後のアンケートでは、「Webでも参加型だったのが面白かった」、「チャット機能は、他の人の意見を見られるので、楽しかった」などといった意見も多く、初めてのオンラインセミナーは、従来の体験型セミナーに引けを取ることなく、参加者のみなさんに満足していただけたようです。

今後は、「参加して楽しんでもらい、またそれをすぐに日々の暮らしに役立てていただくこと」をポイントに、オンラインセミナーをもっともっと充実させていきたいです。
そのためには、「食器洗い」の他にも、「洗濯」や「お掃除」といった、さまざまな家庭内の家事を対象としたコンテンツを、新たに取り揃えたいと考えています。

また、今回のコロナ禍において、改めて「家庭」の重要さが実感され、安らぎの場、居心地のよい場所であることが求められています。
「夫婦円満都市推進プロジェクト」では、『家事』を通して、「家庭」に暮らす人たちの意識を変えることで、多様な「家庭」がHappyに暮らせる社会になることを目指して、さまざまな取り組みを発信していきます!

一覧に戻る

ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します