ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

福岡市の百道浜小学校で、オンライン手洗啓発活動を行いました

みなさん、はじめまして。 
福岡オフィス総務室の「Kyoko」です。

2020年11月6日、福岡市立百道浜(ももちはま)小学校で、ブラックライトを使用した手洗い授業を実施しました。
昨年まで、福岡オフィスは幼稚園向けの手洗啓発活動を積極的に行っていましたが、対象年齢を小学生に拡大し、ブラックライトを活用した「正しい手の洗い方」を課外授業として取り入れていただく活動を本年より推進してきました。

限られた年間授業時間の中、近隣の百道浜小学校に快く了解をいただきましたが、話を進める間もなくコロナ禍に突入・・・。
こんな不安定な状況での通常実施は危険度が高く、でも諦めきれず、別のやり方を関連部所に相談していたところ、小学校側から「こんな時期だからこそ、キレイキレイ授業をやっていただきたい」と前向きなお話があり、これが私たちの背中を押してくれました。

百道浜(ももちはま)小学校

百道浜(ももちはま)小学校

しかしながら、対象学年は小学1年生。
最大の課題は「ソーシャルディスタンス」でした。
そんな中、再提案した内容は『ライオン社員が一歩も教室に入らないオンライン授業』でした。

通常はブラックライトという器具を使った手洗い実習をメインで行っています。
無謀かな・・・と思いつつも、【この状況だからこそ正しい手の洗い方を子ども達に伝えなければ・・・】という気持ちと、「今必要な事」を常に考えておられる小学校側の気持ちが合致し、今回、先生方の全面協力のもとに実施の運びとなりました。

実際、オンライン授業の事前準備は課題も多く、予想以上に大変でした。
未経験の先生方にイメージトレーニングのため、貴重な時間を割いていただき、複数回にわたり事前打合せを行いました。
でも、そのおかげか先生方の不安もちょっぴり解消できた様子♪

小学校の授業風景(ブラックライト実習中)

小学校の授業風景(ブラックライト実習中)

肝心の授業ですが・・・。
オンライン授業で飽きずに楽しみながら、手の洗い方をマスターしてもらう事を前提に、①ウイルスについて ②手洗いの重要性 ③正しい手の洗い方 について、【講義~遊びの部分~ブラックライト実習~動画活用】といった組立にて授業を行ないました。

当日は、1年生とは思えない集中力に驚かされながらも、画面を通して元気な生徒達とのかけあいを楽しみながら、無事終了する事ができました。
先生方にも、「講義を受けた後の子ども達の手洗いは、見事に違いました。講義と実習のバランスが上手く組立てられていて、子ども達は意欲的に活動していました。」と満足していただけたご様子。

ライオン社員は福岡オフィスよりオンラインで説明

ライオン社員は福岡オフィスよりオンラインで説明

当日までトラブル続きでしたが、先生方の協力があったからこそ実現できた事であり、改めて「私たちが今、できること」に気づかせてくれたひと時でした。
これからも、ライオンとしてやれるべき事を継続していきます。

百道浜小学校の皆さん、本当にありがとうございました。

一覧に戻る

ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します