ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

花王とライオンの協働によるリサイクル実証実験の進捗報告

みなさん、こんにちは。
サステナビリティ推進部の「エヌ」です。

ライオンは、プラスチック包装容器による資源循環型社会の実現に向けて、2020年10月30日から花王さんと一緒に東京都墨田区にあるイトーヨーカドー曳舟店と協働して使用済みつめかえパック(以下、フィルム容器という)の分別回収実証実験を行なっています。

この活動の中では、花王さんやライオンのフィルム容器だけでなく、ハンドソープ、ボディソープ、シャンプーや洗剤などのフィルム容器であれば、メーカーに関わらず広く回収しています。

このたび、花王さんとライオンで2021年6月15日までのフィルム容器回収量の実績をまとめたところ、
約5,200枚(計画に対して約2倍)となりました。
お客さまおよびイトーヨーカドー曳舟店のご協力の賜物です。
どうもありがとうございます!

 

今後もこの実証実験は続けますので、さらなる回収拡大に向けて、下記の3つの課題に取り組んでいきます。
①より多くのみなさまに回収について知ってもらい、参加していただくための啓発活動。
②効率的なリサイクルのため、フィルム容器を事前に洗浄・乾燥していただくことをお知らせする活動。
③フィルム容器以外のものが混入しないような働きかけ・しくみの検討。

詳しくはこちら

 

回収したフィルム容器の一部

回収したフィルム容器の一部

そして、活動で回収したフィルム容器は、花王さんの和歌山工場に設置したパイロットプラントで再生処理を行ない、協働してリサイクル技術の開発・検証をすすめていく予定です。

また、家庭から出る廃プラスチックの分別回収およびリサイクルの状況・課題を調査し、効果的な分別回収のプロセスやリサイクルしやすい包装容器の設計などを検討して、リサイクル率の向上と水平リサイクルの実現を目指していきます。

花王さんとライオンが協働して行っていく挑戦を是非応援してください!

花王さんと一緒に行った仕分け作業の様子

花王さんと一緒に行った仕分け作業の様子

一覧に戻る

ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します