ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

横浜市立南高等学校で企業講座を実施しました

みなさん、こんにちは。
サステナビリティ推進部の「このみのこ」です。

2021年11月13日、横浜市立南高等学校でSDGsに関する企業講座を実施しました。
同校は文科省指定のスーパーグローバルハイスクールとして、世界で起きている課題探究に取り組んでいます。
3年前、当社のSDGsへの取り組みを知った同校から「企業講座」の依頼があり、今年もその機会を頂き、私が現地へ向かいました。

高校生に対する講義は初体験だったため最初は緊張しましたが、私が担当した17名の生徒のお陰で、終始和やかな雰囲気で臨むことができました。

個人ワークでは、日常的に行っているSDGsに関する行動を2つ紹介してもらいました。
電気をこまめに消す、マイバッグを持参する、市の清掃活動に参加する等、みなさんSDGsに関する習慣が定着していることが分かり大変感心しました。

 

講座と個人ワークの様子

講座と個人ワークの様子

その後、ライオンのSDGsへの取り組み事例を紹介し、グループワークでは、ライオン社員になったと仮定して毎日の生活の中で、SDGsの達成につながる“施策“を考えてもらい、4グループずつプレゼンしてもらいました。
目新しい商品の提案やSDGs理解促進のために商品パッケージロゴをつける等、多様なアイデアや意見が交わされ、そんな生徒たちを見てとても頼もしく感じました。

 

グループワークの様子

グループワークの様子

集合写真

集合写真

当日のSDGs授業で学んだこと、そしてライオンのことを忘れず覚えていて欲しいという想いから、講座の終わりに「ライオン山梨の森の間伐材で作ったSDGsバッチ」と「ハブラシをリサイクルした定規」を生徒たちにプレゼントし大変喜ばれました。

この講座が生徒たちのヒント、発見、学びに繋がっていることを願うとともに、2030年に社会の中心で活躍しているであろう生徒たちに直接接することができ、自身もたくさんの力と刺激をもらえた一日でした。

一覧に戻る

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します