理工チャレンジ
ライオンお仕事体験イベント! Girl's Summer Labo

「夏のリコチャレ2019~理工系のお仕事体感しよう!~」
ライオンの製品づくりの職場(研究所・工場)を体験してみよう!『Girl's Summer Labo』が開催されました!

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川正純)は、
内閣府男女共同参画局、文部科学省総合教育政策局、
一般社団法人日本経済団体連合会が推進する
「理工チャレンジ(リコチャレ)~女子中高生・女子学生の理工系分野への選択~」の取り組みに賛同し、
「夏のリコチャレ2019~理工系のお仕事体感しよう!~」に初めて参加しました。

8月22日、23日に東京都江戸川区の研究所で、
8月26日に兵庫県明石市の工場で製品づくりの体験を行う
『Girl's Summer Labo』が無事開催されましたので、
当日の様子を少しだけレポートしたいと思います!

当日の様子

  • 緊張の面持ちの参加者のみなさん。

  • いつも使っている身近な製品の仕組みを少しだけ知ることができました。

  • 最新のアプリで口の中を調べます。仕組みは分からないけど面白い!

  • 研究施設内を見学後、ライオンちゃんとパチリ。

  • 女性社員との座談会。実際に働いている社員のリアルな話しに興味津々。

  • みなさん1日おつかれ様でした!

参加者の声

みなさんアンケートありがとうございました!

~ 東京平井研究所 ~

説明が分かりやすく、実験も興味深く体験できた。座談会では、理系に進んだ女性社員の考えや、今後やりたいことなどを聞くことができ、自分の進路について参考になった。

グループワークで他の参加者とも話をしやすかった。口腔内の状態を知ることができ、オーラルケアへの興味がわいた。

仕事内容や、日々使っているもののしくみがわかって、とても勉強になりました。

普段見ることのできない企業の施設の見学や、社員の方との交流会など大変貴重な時間を過ごせ、また自分の将来について考える良いきっかけとなった。

実験や展示などが面白く、理系にさらに興味がわいた。

女性社員とのお話の時間で、もっとたくさんお話ししたかったです。実際にどのようなお仕事をしているのかや、大学、高校時代のことも聞くことができたので、とても良かったです。

~ 明石工場 ~

こんなにいろいろな機械を見たのは初めてだったので、物を作るよさが分かり将来のために役に立ちました。とても良い体験でした。

普段体験できない実験をすることで、より研究に興味を持つことができた。女性社員と話をすることができ楽しい体験だった。

将来のために役に立ったし、物を作る良さが分かった。

思っていたよりたくさんの商品が作られていて、すごいと思いました。身近にあるものがこんな感じで作られているのが見れて良かったです。

今回の体験を通じて、みなさんがすこしでも理系分野に興味を持っていただけたら、嬉しいです。
ライオンでは、今後も「理工チャレンジ!」を応援していきます。