雨は空からのおくりもの 雨活アイデアコンテスト2015

受賞者、決定しました! 全国の小・中学生のみなさん、「雨活アイデアコンテスト2015」にご応募いただきまして、ありがとうございました。応募総数は、なんと5,090作品!予想をはるかに超える数のすばらしいアイデアが集まりました。審査員の先生方が厳正な審査を重ねた結果、下記の全49作品と5校の受賞が決定しました。おめでとうございます。これからも「雨の恵み」をとりいれた生活を心がけましょう。

雨活アイデアコンテストとは

雨活2014年度の受賞作品はこちら

最優秀賞

応募者(敬称略) 作品名
作文部門 小学生の部 富山県 富山県立高岡聴覚総合支援学校
四年生
柴田陽色
おじいちゃんの水やり機
中学生の部 京都府 立命館宇治中学校
一年生
西村日向子
雨水活用物語
ポスター
部門
小学生の部 福岡県 福岡市立百道浜小学校
二年生
鶴田優花
雨の中のゆうえんち
-雨がふるとうれしいな-
中学生の部 京都府 立命館宇治中学校
一年生
三好貴博
昔からの知恵
自由研究
部門
小学生の部 福岡県 福岡雙葉小学校
五年生
缶皓子
雨を活用したい!ペットボトルを使ったろ過装置を作って雨水をきれいにできるか?!
中学生の部 山梨県 山梨大学教育人間科学部附属中学校
三年生
小平守莉
雨と一緒に暮らしちゃおう PART2
スローガン
部門
小学生の部 福岡県 福岡市立香椎小学校
四年生
宮本吏温
雨水は 大地にそそぐ 宝物
中学生の部 大阪府 大阪市立旭陽中学校
一年生
福山ニコラス
雨の日は ムダに出来ない 大事な日

ページの先頭へ

優秀賞

応募者(敬称略) 作品名
作文部門 小学生の部 東京都 墨田区立緑小学校
二年生
渡辺莉音
雨の日だって公園に行きたい
中学生の部 群馬県 太田市立太田中学校
一年生
菅井真瑚
雨水活用で環境を守る
ポスター
部門
小学生の部 大阪府 千里みらい夢学園
吹田市立桃山台小学校
三年生
菊地里美
雨水ためるスポンジマンション
中学生の部 大阪府 豊能町立
東能勢中学校
二年生
市原隆晃
この地球を雨水で守ろう
自由研究
部門
小学生の部 福岡県 福岡市立和白東小学校
六年生
篠崎莉里
雨の音の効果
中学生の部 京都府 立命館宇治中学校
一年生
島幸之介
京の温暖化に打ち勝つ、打ち水効果調べ
スローガン
部門
小学生の部 福井県 敦賀市立粟野小学校
四年生
友佐叶
雨水は いろいろ使える 地球の宝
中学生の部 福井県 勝山市立勝山北部中学校
三年生
佐野由樹
雨の日は プチ贅沢な 演奏会

ページの先頭へ

佳作

応募者(敬称略) 作品名
作文部門 小学生の部 東京都 墨田区立緑小学校
六年生
渡辺香音
雨水を包んで有効活用
山梨県 山梨市立山梨小学校
六年生
窪川葵
雨の心地良さを伝えていきたい
群馬県 榛東村立南小学校
五年生
狩野健介
ぼくの考える雨活
兵庫県 川西市立川西小学校
五年生
笠原 あかり
きれいな大気が生むきれいな雨水
大阪府 河内長野市立
三日市小学校
二年生
田邊彩也花
雨水の大せつさについて
中学生の部 大阪府 吹田市立第一中学校
三年生
吉峯夕貴
雨水の再利用について
千葉県 八千代松陰中学校
一年生
金子喜咲
雨の日を楽しく
大阪府 吹田市立第六中学校
一年生
山岸あいな
私が思う雨活

ページの先頭へ

応募者(敬称略) 作品名
ポスター
部門
小学生の部 千葉県 我孫子市立湖北小学校
五年生
角川結菜
雨水で走るエコカー
大阪府 大阪市立上福島小学校
五年生
藤澤真希
ウォータースタンド
大阪府 堺市立南八下小学校
四年生
戸田万葉
雨は命の源
香川県 香川大学教育学部附属
坂出小学校
四年生
髙木洸都
雨水を大切に!
福岡県 福岡市立百道浜小学校
三年生
藤原李子
雨活ビル
中学生の部 福岡県 久留米市立諏訪中学校
三年生
福島音舞里
雨の旅テーマパークで楽しもう!
鹿児島県 鹿児島市立桜丘中学校
三年生
義村環
雨はいのちの源
長野県 信濃町立信濃小中学校
七年生
山口如
雨のリズムで振動発電
京都府 立命館宇治中学校
一年生
矢代康貴
雨水を有(益)水に
福岡県 福岡市立野間中学校
一年生
寺中友哉
雨の旅

ページの先頭へ

応募者(敬称略) 作品名
自由研究
部門
小学生の部 神奈川県 茅ヶ崎市立
小和田小学校
五年生
越智陽成
雨水を飲めるそうちを作ろう
石川県 北陸学院小学校
二年生
堀井瑠偉
雨水はほんとうによごれているのか
京都府 木津川市立
梅美台小学校
二年生
辻匠輝
雨水のさいりよう
中学生の部 東京都 千代田区立
九段中等教育学校
一年生
篠田新
家庭における雨水利用の実践効果の検証
京都府 立命館宇治中学校
一年生
宮﨑円華
雨水で茶を入れる

ページの先頭へ

応募者(敬称略) 作品名
スローガン
部門
小学生の部 京都府 立命館小学校
六年生
柏木美紅
災害に 負けない雨活 身につけよう
福岡県 福岡市立長丘小学校
五年生
早瀬菜々美
雨水を 大切につかおう 未来のために
福岡県 福岡市立香椎小学校
四年生
長田華音
雨水は 人とつながる 花となる
福岡県 福岡市立香椎小学校
四年生
田代菜桜
雨活は 地球にやさしい エコ作戦
福岡県 福岡市立和白東小学校
四年生
園本惺弥
すべての生命へ 雨水は一滴のチカラ
中学生の部 東京都 中央区立晴海中学校
三年生
野口友弥
雨活で 使える水を 少しでも
青森県 むつ市立脇野沢中学校
二年生
藤江匠汰
生活に 役立つかもね その雨が
東京都 中央区立晴海中学校
二年生
諏訪鈴奈
天からの恵みに感謝し生活に
千葉県 八千代松陰中学校
一年生
平野詩歩
雨水を みんなの意識で 変えていく
大阪府 大阪市立旭陽中学校
一年生
直木俊輔
雨でしか 出来ない事を やってみよう

ページの先頭へ

学校奨励賞

学校名
小学校の部 兵庫県 川西市立川西小学校
中学校の部 兵庫県 関西学院中学部

ページの先頭へ

学校努力賞

学校名
福岡県 福岡市立香椎小学校
京都府 立命館宇治中学校
福井県 勝山市立勝山北部中学校

ページの先頭へ

審査員の先生方より

有馬朗人先生(審査委員長/元文部大臣)

各部門、異なる目で審査をした。
作文では“音”について書いたものや、スローガンも“宝物”と表現のおもしろいものがあった。今年はユニークな作品が多く、自由研究もいつもと違うアイデアを研究しているものがあった。子どもたちの柔らかい発想に感心し地球環境が悪くなるなかで、改善しようという子どもが増えるといいと思う。
毎年、だんだんおもしろくなってきており、レベルも上がり、雨活に対する理解も深まってきているように思う。
自由研究では小学生・中学生ともに科学的に仮説をたて、検証という丁寧なアプローチをふんでいる。
5回目にしてやっと日の目が見えてきたように思う。自由研究では科学的になってきているし、作文では具体的に雨を飲む、雨で冷やす、雨の音のおもしろさの発見等、自由な発想が見受けられた。もっともっと子どもたちが水のことを考えるようになるとよい。

大野正人先生(全国造形教育連盟)

特に、ポスター部門でレベルの高い作品が多かった。雨活をテーマにさまざまな発想で制作しているところにとても感心した。
また、作文や自由研究部門で入賞した作品は、どれもユニークなアイデアにあふれていた。
自分自身高校生までは理系だったので、 理科的な観点からも楽しく審査させてもらった。全体に子どもたちの柔らかい発想に感心した。地球環境が悪くなるなかで、それを改善しようという 問題意識を持った子どもが増えるとすばらしいと思った。

山本耕平先生(特定非営利活動法人雨水市民の会 理事長)

作文部門は、身近な体験から発想を広げ、子どもの感性から沸きだした様々なアイデアが書かれていて、たいへん楽しく読みました。ポスター部門では、雨水活用のアイデアや夢が描かれ、子どもたちのユニークな発想が興味を引きました。今年は自由研究の力作が増えたと思います。雨水の水質に関心を持つ研究が目立ちましたが、災害時には「雨水は飲める」ことも知ってほしいです。歴史や文化など人文系の自由研究も出てくることを期待しています。

濱逸夫社長(ライオン株式会社 代表取締役)

作文・スローガンについては、「雨は空からのおくりもの」という思いが伝わる作品を選んだ。ポスターについては例年、似たような傾向になりがちであったが、今年はユニークなものがあり、とても良かったと思う。自由研究についても、斬新なアイデアで研究された作品や、力作があり、素晴らしいと思った。全般的に優秀な作品が出ている地域が西高東低になっている気がする。理由を探り、東日本にも広がることを願う。

雨活アイデアコンテスト 2014 入賞発表

雨活アイデアコンテスト 2013 入賞発表

雨活アイデアコンテスト 2012 入賞発表

雨活アイデアコンテスト 2011 入賞発表

ページの先頭へ

Adebe Reader

PDFをご覧になれない方は
ここからAcrobat Reader をダウンロードして下さい。

ライオンが応援する雨の恵みひろば

  • 雨の恵みひろばとは
  • あめぼうとあまつぶ
  • 活動レポート
  • 雨活アイデアコンテスト2016受賞作品一覧

先生方へ 学習始動テキストモデル授業のご紹介

特定非営利活動法人 雨水市民の会

ページの先頭へ