「さわってわかる歯みがきの本」のご紹介

ライオンでは2004年から、大日本印刷(株)と共同で、視覚障がい者の方にも役立つ、触図入りユニバーサルデザイン健康読本「さわってわかる歯みがきの本」を発行しています。

この冊子は、2004年の日本歯科新聞主催の「第4回広報コンクール」において、紙媒体部門優秀賞をいただきました。

「さわってわかる歯みがきの本」は、全国の点字図書館をはじめ、盲学校、リハビリテーション施設などに寄贈しているほか、公益財団法人ライオン歯科衛生研究所が実施する「視覚障がい者の方を対象にした歯のお手入れ講習会」で活用しています。

発行の背景

「触図」とは、視覚障がい者の方が触って絵や図が理解できるように、凹凸で立体的に表現したものです。盲学校など教育現場においては従来から理科の実験 説明図や、社会科の地図などに「触図」が広く活用されていますが、生活に役立つ健康情報などでは「触図」は、あまり利用されていませんでした。

そこで、毎日の歯のお手入れに便利な健康情報に「点字」と「触図」を盛り込んでまとめたユニバーサルデザイン健康読本「さわってわかる歯みがきの本」を発行することにしました。

また、「点字」の習得率は視覚障がい者の方の1割程度(平成18年 厚生労働省身体障害児・者実態調査)であり、点字を習得していない方には「触図」だけでは内容を伝える事が困難でした。そこで2016年3月発行の「歯周病編」には、点字を使わず文字情報を合成音声に変換して読み上げる音声コード(Uni-Voice*)を採用しました。各ページには音声コードを掲載しており、携帯電話等でコードを読み取ることで、本の内容を音声で聞くことができます。内容は、(財)ライオン歯科衛生研究所が監修をしています。

JAVIS(日本視覚障がい情報普及支援協会)が開発した、漢字を含む文字データを約800文字記録できる携帯電話対応2次元バーコードです。読み取った内容は音声で読み上げられます。読み取りには専用アプリ(無料)が必要です。


Uni-Voiceコード(イメージ)

冊子の印刷技術、製本

背景や文字にはコントラストを強調した色を使い、本文には弱視や高齢者の方にも読みやすい「大活字」を採用しています。同様の内容を「点字」でも表現し、さらに内容をわかりやすく伝えるために触ってわかる「触図」を盛り込んでいます。点字と触図の印刷には、インクを立体に盛り上げる特殊技術を活用したシルクスクリーン印刷を行なっています。インクには紫外線で硬化する透明樹脂を使用しているため、通常の印刷文字に影響を与えません。

本文10ページから16ページのB5変形版で、製本には金具を使用せず、紙を折り込んだ「折り製本」を採用し、触って読む際の手指にも配慮しています。

これまでの「さわってわかる歯みがきの本」一覧

2004年より昨年まで全7冊を発行しており、それぞれのテーマは以下に示すとおりです。尚、2016年発行の「歯周病編」をご希望の方は【お申し込み窓口】までご連絡いただければ、無料でお届けいたします。

  • 第1回 「基本編(1)(2)」 2004年11月発行
    むし歯・歯周病の進み方の説明、歯みがき方法の紹介
  • 第2回 「口臭編」 2005年6月発行
    口臭の原因の説明、口臭対策方法の紹介
  • 第3回 「歯周病編」 2006年11月発行
    歯周病の症状の説明、予防のセルフケア方法の紹介
  • 第4回 「むし歯編」 2007年11月発行
    大人のむし歯の発生部位の説明、予防のセルフケア方法の紹介
  • 第5回 「歯周病編」 2008年11月発行
    歯周病と全身疾患との関連、症状の説明、プロケア・セルフケアの紹介
  • 第6回 「歯周病編」 2016年3月発行
    歯周病と全身疾患との関連、症状の説明、プロケア・セルフケアの紹介

お問い合わせについて

下記、【お申し込み窓口】に、電話や電子メール等でお申し込みいただければ、無料でお届けします。尚、お申し込みは、視覚障がい者の方、そのご家族及び関係者の方々を優先させていただきます。

ライオン株式会社 お客様センター

〒130-8644 東京都墨田区本所(ほんじょ)1-3-7
電話:0120-556-913
FAX:03-3621-6269
(9:00~17:00 土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)