オーラルケアが、
人と社会にできることを。

オーラルケアが、
人と社会にできることを。

オーラルケアを通じて、
社会や環境課題に取り組む活動、
それがライオンの
『インクルーシブ・オーラルケア』です。

Believe in the Future.
オーラルケアと
未来の可能性を信じて。

なぜオーラルケアが重要なのか?

インクルーシブ・
オーラルケアの3つのクレド

1
By Anyone
生活環境、身体、経済、教育・情報などの状況に関わらず、
すべての人に機会を。
2
By Oneself
誰かに言われてやるのではない、また誰かにやってもらうのではない、
自らの力で行う習慣を。
3
By Systems
ひとりでは解決できない課題にも、みんなで支え合う、
仕組みをつくることで解決していく。
Inclusive Oral Care
Actions
取組み
インクルーシブ・オーラルケアを実現するために様々な取組みを実施してまいります。

Open

Close

子どもたちの自己肯定感の向上に
貢献するプログラムの推進
おくちからだ
プロジェクト
子どもたちの食を支える「こども食堂」や「こども宅食」を通じ、「歯と口の健康」をテーマにした体験プログラムを開発し、子どもたちの自己肯定感の向上に貢献していきます。
おくちからだ プロジェクト画像
動画サムネイル

Why

経済的困窮家庭で育った子どもたちは、そうでない子どもたちと比べ、あらゆる「体験」が不足しており、自己肯定感が著しく低いことが特徴と言われています。

※他者から褒められる体験、大人とのコミュニケーション、ライフスキルの獲得体験など

子どもの貧困率 図 「貧困」と「むし歯」 図

子どもの貧困問題から分かった虫歯との関連性に着目し、ライオンは生きていくために必要な、「食べる」ことと親和性の高い「歯みがき」に着目しました。

How

「食」と親和性の高い「歯みがき」や「歯と口の健康」をテーマにした体験プログラムをオリジナルで開発。

体験プログラムのダンスは、エイベックス・エンタテインメント株式会社(楽曲制作・ダンス)、ノアド株式会社(映像)、公益財団法人ライオン歯科衛生研究所(口腔衛生)と協力して開発いたしました。その他には、歯みがき習慣を学べるすごろくや歯ブラシデコレーションなどの体験プログラムをラインナップしています。

ダンスを通じてオーラルケアの習慣化と感情表現を育むプログラム開発

ゲームやクイズを通じて、オーラルケアの知識や理解を深めるプログラム開発

ゲームやクイズを通じて、オーラルケアの知識や理解を深めるプログラム開発 画像
歯ごろく
人生の様々なエピソードを通じて、お口と健康の大切さに気付けるゲーム。

歯ブラシの工作を通じて、独創性や発想性を広げるプログラム開発

歯ブラシの工作を通じて、独創性や発想性を広げるプログラム開発 画像
歯ブラシデコレーション
毎日のケアに欠かせない歯ブラシを、自分好みにデザイン。

子どもたちの食を支える「こども食堂」や「こども宅食」などの場を活用させていただき、歯と口の健康に関わる体験プログラムを通じ、子どもたちの自己肯定感向上に貢献する、さまざまな「体験」を提供いたします。

Open

Close

Partner

「認定NPO 法人フローレンス」「NPO 法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」と、この活動を支える仕組みを構築する協定を結び、持続可能な仕組みにより、オーラルケア機会の提供による子どもたちへの自立支援を推進します。

協力団体 図

Open

Close

不足している認証農家を増やし
サステナブルなミント生産の
仕組みを実現
インドにおける、
サステナブルな
認証ミントの採用
ハミガキの香料に採用されているすべてのインド産の和種ハッカを、厳しい審査を通った認証ミントに切り替えてまいります。
インドにおける、サステナブルな認証ミントの採用 プロジェクト画像
動画サムネイル

Why

ライオンのハミガキの香料は、上質な天然ミントを使用しています。その1つである「和種ハッカ」は、インドでもっとも多く生産されています。
しかしながら、インドでのミント生産は、すべてが持続可能な環境で行われているわけではありません。なぜならば、持続可能な労働条件や生産条件などが整えられた「認証農家」が現状は不足しているためです。

認証農家になるための条件
  • 労働者の人権が守られている。
  • 畑を整備し水の使用量を削減できている。
  • 定常的にトレーニングが行われている。
  • 近代的な農法により収穫率が高い。
  • 環境に悪影響を与えるような肥料は使用しない。
  • 労働者に対し差別なく賃金が支払われている(最低賃金以上)。

How

ライオンは、香料会社を通じて、不足している「認証農家」の数を2022年までに約5倍に増やす活動を行ってまいります。

実際の取組み 画像1
実際の取組み 画像2
認証農家のミント畑

「認証農家」によって生産された和種ハッカを調達・継続購入することで、「認証農家」の拡大を促進し、サステナブルなミント生産の仕組みの実現を支援しています。

Open

Close

Next

和種ハッカの認証ミントへの切替えは、活動と合わせて順次行ってまいります。
2021年6月にデンタークリアMAXを切替え、2022年までに8ブランドに拡大を予定しております。