閉じる

健康な生活習慣づくり オーラルケア習慣の定着化に向けた取り組み

考え方

ライオングループは、これまでむし歯や歯周病の予防といった「お口の状態の維持改善」を目的とした「歯みがき習慣」の定着を推進してきました。今後は「心と身体の健康づくり」をテーマとし自宅でできるセルフケアと、歯科医や歯科専門家等でのプロフェッショナルケアによる「予防歯科習慣」への進化を図ります。
また、楽しみながら「予防歯科習慣」を実践できるようにIoTやAI等のテクノロジーを活用する等、アプローチを進化させて人々の毎日に貢献します。さらに、自治体との連携や、これまで当社グループが接点をあまり持たなかった人たちにも「予防歯科習慣」を広げます。すべての人が必要な時に、いつでも、オーラルケアを行える機会を提供し、誰もが健康でいられるよう、オーラルケアの習慣化を目指します。

むし歯等になってから治療するのではなく、なる前の「予防」を大切にする考え方です

figure
figure

予防歯科(セルフケア)

セルフケア(自分で「予防歯科」)

自分ではきちんと歯みがきをしているつもりでも、みがき残しができてしまうものです。お口の健康を管理・維持するためには、「予防歯科」のポイントに合わせたセルフケアを毎日の習慣にすることが大切です。
ライオングループでは、お口の中に歯垢を残さないように歯みがきをすることや、自分のお口の状態を把握して「予防歯科」の意識を高める新習慣等の普及に向けて、様々な取り組みを実施しています。

歯みがきのうた・動画・ポスター

小学生を中心とした子どもたちが、楽しくみがき忘れのない正しい歯みがき習慣を身につけられるように、歯みがきの順番を歌詞に入れた、うたの動画(みがきかたや順番を身につけるまでご覧いただく「みがきかた編」、みがきかたが身についたらご覧いただく「アニメーション編」)、歯みがき順番ポスターを制作しました。

歯みがきのうた「イ~ハ~」 作詞・作曲・うた:吉田山田

動画(みがきかた編)

歯科衛生士が歌に合わせて、みがく順番やポイントをレクチャーします。

  • みがきかたや順番を身につけるまで使用を推奨
動画(アニメーション編)

楽しく見ながら歯みがきすることで習慣化につなげるアニメーションです。

  • みがきかたが身についたら使用を推奨

え:山田義孝(吉田山田)

歯みがき順番ポスター

歌詞に合った歯みがきの順番やポイントを確認できます。

キャラクターデザイン:山田義孝(吉田山田)

ダウンロード A1版 A3版

昼歯みがき促進

1日3回の歯みがき習慣の定着を目指し、昼歯みがきの普及活動に取り組んでいます。
昨今、女性の社会進出が進むとともに、就業者数は年々増加し、国民(15歳以上)の約6割は就業をしています(平成30年度労働力調査 総務省統計局)。生活者の多くが職場で日中を過ごす中、オフィス等の職場で「昼食後に歯をみがいている」人は40%で、「昼も歯みがきをしたいが、できていない」人は22%いました(当社調べ)。
そこで、当社はオフィスでの歯みがきを考慮して設計したコップ付きオーラルケアセット『MIGACOT』を発売しました。一人でも多くの人が、昼歯みがきが当たり前となるよう、商品の提供とともに普及活動に取り組んでいきます。

図

デンタルフロス使用促進

「あなたの予防歯科を一歩前へ」をテーマに、「予防歯科」の必要性や効果を伝えていく取り組みを行っています。セルフケアのポイントの一つに、「歯垢を残さず落とすこと」があります。歯と歯の間の歯垢は、ハブラシのみでは約6割しか落とせません(図)。しかし、ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯垢除去率が1.5倍に向上します。
当社は、小学生以上のお子様や初心者の方でも使いやすい商品を提供するとともに、デンタルフロスを使用する必要性をお伝えし、正しい使い方等の普及活動も行っています。

小学生に対しては、毎年開催している「全国小学生歯みがき大会」にて、歯並びに合わせた歯のみがき方やデンタルフロスの使い方を、楽しく学べる機会を提供しています。
今後も生活習慣の改善により、健康は自分自身の行動と関連しているという意識を育て、望ましい習慣を継続することの大切さの理解浸透を図っていきます。

定期的なハブラシ交換とリサイクルの促進

「お口にいい!」と「環境にもいい!」の実現でSDGsにも貢献

当社は創業以来、生活者のオーラルケア習慣の普及定着活動に取り組んできました。近年では、海洋プラスチック問題等への対応が大きな社会課題となっており、オーラルケアのリーディングカンパニーとして、リサイクルはメーカーである当社の課題でもあります。当社事業の中で製品プラスチックの使用量が一番多いハブラシを通じて、生活者の健康な習慣づくりと同時に、環境負荷低減にもつながる仕組みに取り組んでいます。

人と地球の健やかな未来に向けて

歯ブラシ交換デーの制定

ハブラシは使い続けると毛先が開き、刷掃力が低下します。当社調べによると、ハブラシを毎月1回交換する生活者は約4割しかいません。交換しない理由として、「まだ使える」「もったいない」や「刷掃力が低下することを知らない」等が挙げられます。

個人差はありますが、交換は月1回を目安とすることをおすすめしています。

歯ブラシの毛の開き具合・歯ブラシ交換促進ポスター

2018年2月より毎月8日を「歯ブラシ交換デー」とし、月1回の定期的なハブラシの交換を呼びかける活動を行なっています。
生活者に適切な交換時期を知っていただくため、お取引先様と連携し、店頭で毎月8日の「歯ブラシ交換デー」のPOP広告を掲示したり、歯科医院に定期的なハブラシの交換を推奨するポスターを掲示する等、月1回のハブラシ交換を推奨しています。
今後も、当社は月1回のハブラシ交換が習慣となるよう、お取引先様や歯科医院等とともに、活動を継続していきます。

店頭イメージ

2017年12月27日、一般社団法人日本記念日協会の認定を受け、新たな記念日として制定されています。

ハブラシリサイクルの推進

ハブラシ交換の普及により、ハブラシの交換頻度が増えることは、廃棄物の増加につながることが懸念されます。
そこで当社は近年の海洋プラスチック問題にも配慮し、今までごみにしかならなかった使用済みハブラシをテラサイクルジャパン合同会社と共同で、回収してリサイクルする「ハブラシ・リサイクルプログラム」をアジアで初めて開始しました。ハブラシリサイクルにご協力いただける生活者一人ひとりも大事なパートナーという考えのもと、「資源循環型社会」を目指して歩みを進めています。

logo
photo
photo
新渡戸文化小学校のハブラシリサイクル活動の様子
回収拠点数と回収数

IoTやAI等を活用した、様々な商品やサービスの開発

『クリニカKid’sはみがきのおけいこ』

子どものころからきちんとした歯みがき習慣を身につけるために、歯みがきの大切さやみがき方を楽しく学べるアプリ連動型IoTハブラシ『クリニカKid’sはみがきのおけいこ』を開発しました。本開発では特に、子どもの自発性を引き出す体験価値を重視しました。具体的には試作機を用いた体験調査を1日、1週間、1ヵ月と段階的に実施することにより、体験価値として子どもが「歯みがきに対してやる気が出ること」「みがき方が学べること」「歯みがきが上達できること」が重要であると設定しました。小児歯科専門家の指導のもと、ハブラシの動きをセンシングするために加速度センサーを内蔵したアタッチメント本体と、「歯みがき」の大切さを理解してやりがいや上達を実感させる絵本型コンテンツのアプリを開発しました。生活者視点を重視した開発プロセスによる、子どものころからのきちんとした歯みがき習慣づくりで、人々の毎日に貢献しています。

クリニカKid’sはみがきのおけいこ
『クリニカKid’sはみがきのおけいこ』

『HAGUKI CHECKER(ハグキチェッカー)』

「予防歯科」の意識向上を目指し、2019年より、歯ぐきチェックツール『HAGUKI CHECKER*1』のサービスを開始しました。当サービスは、スマートフォンで歯と歯ぐきを含む口の中を撮影するだけで、AIが歯を1本ずつ識別し、歯1本ごとの歯ぐきの状態(下がり、くすみ、ハリ)を確認できるチェックツールです。サービスを開始後、のべ約16,000人*2の方々に利用して頂いています。
2022年2月には、熊本県合志市と包括的連携協定を締結しました。市民の皆様へご自身のお口の健康状態について考えるきっかけとなるよう『HAGUKI CHECKER』や健康診断データをAIで機械学習をすること等により、ご自宅や外出先から簡易アンケートに回答いただくことでお口の健康度を見える化する技術を活用していく予定です。
口腔環境の可視化により、生活者が自分の歯ぐきの状態に関心を持つきっかけとなり、繰り返し使うことで歯ぐきの変化に早く気づく等、生活者のオーラルケア習慣に変化の兆しが見えています。

*1 当社が保有するデータや知見をもとに、Automagi(株)が保有するAIの画像解析技術と(株)エムティーアイのサービス開発技術を活用して開発しました。

*2 対象期間:2019年7月22日~2019年12月26日

〜チェックの内容〜

歯1本ごとの歯ぐきの状態について、次の3項目につき3段階での解析結果が表示されます。

  • 歯ぐき下がり
  • 歯ぐきのくすみ
  • 歯ぐきのハリ

さらに、歯ぐきの状態の結果と合わせて、オーラルケアに関する知識や方法、おすすめのオーラルケア製品を紹介します。

HAGUKI CHECKER
HAGUKI CHECKER

ライフステージ別オーラルケア普及啓発活動

毎日のオーラルケアは、生涯の健康にもつながる大切な習慣であり、小さいころから身につけることが重要です。当社は、あらゆるライフステージにおいて、セルフケアを実践していくことが重要と考えています。生活者のライフステージに沿った普及定着のために、当社のみならず、行政・学校・病院・歯科医院等の社外団体との連携を通じて、活動を推進しています。また、当社はライオン歯科衛生研究所(LDH)のオーラルケア普及活動を支援しています。

LDH = The Lion Foundation for Dental Health
当社は、1964年に財団法人として設立、2010年に公益財団法人への移行認定を受けた(公財)ライオン歯科衛生研究所(LDH)のオーラルケア普及活動を、全面的に支援しています。LDHは、日本歯科医師会、大学、行政等と連携しながら3つの公益事業を通じ、生活者の歯とお口の健康を保持増進し、すべての人々の生活の質の向上に結びつけられるようオーラルケアの最前線で社会に貢献しています。

マタニティ

ライオンが運営する歯科医療情報サイト「オーラルコム」で、トラブルの多い妊娠期のプレママと赤ちゃんのお口の悩みにお答えしています。

乳幼児

0才からの「予防歯科」の推進

当社は、「予防歯科」の習慣をできるだけ小さいころから身につけることを目指しています。
そのために、0才からの「予防歯科」を実現する「安全ハンドルハブラシ」を開発しました。また、親子の歯みがきの時間は「親子の絆を深める大切な時間」という考え方を広く浸透させるため、共感の広がりを目的とした動画や、子どもの「予防歯科」を応援するWebサイト「HA!HA!HA!パーク」を通じて、情報発信を行っています。また、全国の歯科医院や産婦人科では、保護者の方々が正しい知識と習慣を身につけることを目的とした「0才からの予防歯科ブック」を配布しています。

0才からの予防歯科ブック
0才からの予防歯科ブック

市町村が実施する1歳6ヵ月児健診において、乳児期から始める「予防歯科」の大切さを伝達。「親子で予防歯科」リーフレットや子ども向けフッ素配合ハミガキを配付。

小学生

国内外累計約246万名以上の子どもたちを対象に「全国小学生歯みがき大会」を開催

1932年から続いている「全国小学生歯みがき大会」は、小学生を対象に毎年「歯と口の健康週間」の時期(6月4日〜10日)に合わせて開催しています。
2022年に行われる第79回大会は、参加校が実施日を設定し、約40分間のDVD教材を視聴して参加する方式で実施されました。日本をはじめアジア各地の参加を合わせ、総数4,585校、約25万名の小学生が参加しました。第79回大会では「歯と自分をみがこう。」をテーマに、明海大学学長の安井利一先生監修のもと、「歯ぐき」を題材として、お口の状態に合わせたみがき方、デンタルフロスの使い方を学び、「予防歯科」の理解と浸透を図るとともに、生活習慣の中心にあるオーラルケアを通じて「継続する力」の大切さを学びました。

参加人数累計:約246万名

第76回全国小学生歯みがき大会の様子
第76回全国小学生歯みがき大会の様子
日本をはじめアジア各地の子どもたちも参加
キッザニアでの職場体験

当社は、2006年に「キッザニア東京」、2009年に「キッザニア甲子園」に「歯科医院」をテーマにしたパビリオンの出展を開始しました。子どもたちの職業体験の場として、歯科医師や歯科衛生士の仕事の体験ができ、どちらも子どもたちに人気があります。
当パビリオンでは歯の大切さや、お口の健康を自分でケアすることを学び「歯科医師」「歯科衛生士」として口腔衛生等の研修を受けた後、診療台の上の患者(歯科大学での実習用フィギュア)に実際に現場で使用しているものとほぼ同じポリッシャーやバキューム等を使い、むし歯治療とフッ素塗布をして、キッザニア専用通貨の報酬を得ることができます。
仕事を体験した子どもたちからは、「治療をするのはすごく大変だと思った。」「大人の歯は生え変わらないから、絶対歯みがきを頑張って、むし歯をつくらないようにしたい。」等の声も聞かれ、むし歯予防の大切さがしっかりと伝わっているようです。

キッザニア東京の「歯科医院」パビリオン
フィギュアにむし歯治療をする様子
キッザニア甲子園の「歯科医院」パビリオン
研修を受ける子どもたち

オーラルヘルスケアリーダー養成

当社は、生活者へ自分でできる「予防歯科」行動を浸透させたいと考えています。
そこで、地域行政の方が主体となり「オーラルヘルスケアリーダー」として、地域住民の皆様に全身健康につながる歯みがきに関する知識や実技についてお伝えしていただけるよう「オーラルヘルスケアリーダー養成」講習会を行っています。現在は、協定を結んでいる石巻市と坂出市にて活動をしています。

photo
坂出市でのオーラルヘルスケアリーダー講習会

企業向けオーラルケアセミナー

企業従業員様や自治体職員様等向けに「歯とお口の健康」に関するセミナーを提供しています。お口から始める健康習慣づくりのお手伝いを行い、オーラルヘルスケアの浸透に努めています。

予防歯科(プロケア)

プロケア(歯科専門家による予防歯科)

歯並び等、お口の状態は一人ひとり異なります。歯の治療だけでなく、むし歯や歯周病等になる前の予防のために、歯科専門家である歯科医師や歯科衛生士に自分に合った歯みがき指導やフッ素塗布等プロによる専門的なケアをしてもらうことが必要です。また、歯や歯ぐきの健康、お口の状態等定期的なチェックのために、歯科医院等での健診を年に2〜3回受けることが望ましく、ライオンでは定期的なプロフェッショナルケアの受診を習慣化することを推進しています。

お口の健康状態の見える化(SMT)

多項目・短時間唾液検査システム「SMT(Salivary Multi Test)」は 3mLの蒸留水で洗口することで唾液を採取し、歯や歯ぐきの健康に関係する6つの項目(むし歯菌、酸性度、緩衝能、白血球、タンパク質、アンモニア)を5分間で測定することができる装置です。そのため、歯科健診等を行う際、歯科医師や歯科衛生士はその場で患者に結果をフィードバックできます。また患者は自分のお口の健康状態を理解することで、「予防歯科」に取り組むきっかけとなります。
「予防歯科」を推進する当社では、社内での歯科健診に取り入れ、従業員のオーラルケア習慣の定着に活用しています。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大後は、SMTの実施は見合わせています。

photo
軽く洗口し唾液を採取
photo
試験紙と専用機器で測定
photo
測定結果を共有

歯科医院の「予防歯科」実践サポート(Lサポ)

ライオン歯科材(株)にて、歯科医院向けの「予防歯科」実践をサポートする「Lサポ」を運営しています。
「Lサポ」とは、歯科医院の皆様が「予防歯科」に注力できるよう、日々の診療に役立つ情報やサービスを提供する医院登録制プログラムです。歯科医療従事者を対象としたセミナーや動画コンテンツ、専用サイトを設け、歯科医院向けオーラルケア商品をはじめ「予防歯科」に関する知識を幅広く学習していただけます。

photo
「予防歯科」セミナーの様子
photo
動画コンテンツ視聴の様子

歯科医院向けオーラルケア商品の企画・販売を行っている、ライオンの100%子会社

インクルーシブ・オーラルケア

オーラルケア習慣を誰もが身に付けられるよう、オーラルケア機会の接点拡大により人や社会の課題に取り組む活動「インクルーシブ・オーラルケア」を推進しています。日本では子どもの相対的貧困(貧困率:13.5%*1)が社会問題化しており、生活困難世帯で育った子どもたちは、そうでない子どもたちと比べ、健康習慣をはじめ、あらゆる体験*2が不足しています。生活困難世帯では、子どものむし歯が多い傾向にあり、当社は貧困とむし歯との関係に着目しました。
そこで「歯とお口の健康」をテーマにした体験プログラムを独自に開発し、子ども食堂を中心に社員がボランティアで「予防歯科習慣の普及」と「自己肯定感の向上」に貢献する「おくちからだプロジェクト」をNPO法人や自治体と連携して取り組んでいます。

figure

*1 相対的貧困の状態にある18歳未満の子どもの比率(2019年厚生労働省国民生活基礎調査より)

*2 他者から褒められる体験、大人とのコミュニケーション、ライフスキルの獲得体験

研究・学術(「予防歯科」研究)

産学連携

少子高齢化・人口減少・資源の枯渇等膨大化する社会課題や、AIやIoTに象徴されるテクノロジーの劇的な進化等により、社会そして人々のくらしは日々大きく変化しています。ライオンは、これらの変化に対応し、人々のヘルスケアを支える企業になるためには、「モノ」の提供のみに留まらず、お客様に新しい「価値」を提供していくことに重きを置いています。その実現のためには、行政・企業等の外部組織とのパートナーシップを強化し「オープンイノベーション」に取り組むことが鍵となります。その取り組みのひとつが、「革新的イノベーション創出プログラムCOI STREAM」での共同研究です。

* COI(Center of Innovation)STREAM(以下COI)とは、日本の経済再生を目指すべく、文部科学省・科学技術振興機構が2013年に開始した「革新的イノベーション創出プログラム」です。COIは、10年後のあるべき社会像を見据えて、企業や大学だけでは実現できない革新的なイノベーションを産学連携で実現するとともに、そのためのイノベーションプラットフォームを整備することを目的としています。
COIは、全国18の拠点で、大学や企業が一体となって研究開発を推進しています。ライオンは、その拠点のひとつである国立大学法人弘前大学との共同研究に2015年より取り組んでいます。

COI STREAM

弘前大学COIプロジェクト(2013-2021年度)は、真の社会イノベーションを実現する革新的「健やか力」創造拠点として、健康ビッグデータを活用した認知症や生活習慣病等病気の予兆発見の開発や、予防法を開発する研究とビジネス化に取り組んでいます。この研究の背景には、青森県の「最短命県」という健康課題があります。青森県は、高齢化に加え、加齢性疾患・生活習慣病のリスクが高く、都道府県別平均寿命ランキングでは、男性・女性ともに平均寿命が日本最下位の状態が長年続いています。
弘前大学は、青森県の「短命県返上」を目標に掲げ、弘前市の岩木地区の住民を対象に、大規模住民健康調査「岩木健康増進プロジェクト健診」(岩木健診)を実施しています。岩木健診には毎年1,000名前後の住民が参加し、のべ2万名以上の膨大な健康ビッグデータ(約2,000項目)が蓄積されています。弘前大学COIプロジェクトでは、この健康ビッグデータを用いた研究開発・ビジネス化に取り組み、短命県のデータだからこそ導き出せる健康イノベーションを目指しています。ライオンはこのプログラムに参画して、主に「口腔」および「睡眠」の研究に取り組み、生活習慣、体質、全身健康との関連を明らかにし、人々の健康寿命の延伸につながるソリューションの開発・普及を目指しています。

口腔内検査システムの設計

弘前大学COIでは、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドローム、歯科口腔、うつ病・認知症における健康意識向上および生活行動変容を測る新たな健診システム(QOL健診)を開発しています。当社は、このうちの歯科口腔分野を担当し、独自に開発した多項目唾液検査システム(SMT)・受診者が歯や歯ぐきの様子を自身で確認できる口腔内カメラ・問診アンケートから成る口腔健診プログラムにより受診者の意識・行動変容を検証しています。
多くの企業・自治体の集団健診では、時間や費用、歯科医師の不足等の問題により、歯科項目の健診が実施されないことが多いのが現状です。当社はこの取り組みを通じて、信頼性が高く、かつ簡便な口腔内検査システムを実現させ、将来的にはより手軽に口腔健診を受診できるシステムの構築を目指しています。

弘前大学に「オーラルヘルスケア学講座」を開設

口腔および睡眠と、全身の健康状態との関係を研究することを目的として、弘前大学大学院医学研究科内に共同研究講座「オーラルヘルスケア学講座(2016年5月~2022年3月)」を開設しました。近年、口腔または睡眠の状態が全身健康に関連があることや、オーラルケアが生活習慣病の予防につながる可能性が指摘されています。本講座では青森県医師会や青森県歯科医師会とも連携し、科学的エビデンスを追究するとともに、研究成果に基づいた商品・サービスの創出に取り組みました。

担当者の声

研究開発本部業務管理部(当時:生命科学研究所) 翠川 辰行

2016年4月から約2年間弘前大学に常駐しました。私は健康ビッグデータから、睡眠変調の原因となる生活習慣や体質、および睡眠と健康との関連を明らかにすべく解析に取り組んでいます。また、今別町やむつ市等青森県内各地を訪問し、地域・職域・学校における健康リテラシーの向上に向けた健康教育活動にも参加しました。社会の仕組みを変えないと健康づくりは達成できないという信念のもと、大学の先生・住民の方々・参画企業・行政と、まさに産官学民が一体となり、前例のない取り組みに悩みながらも本気で挑む姿に、日々刺激を受けています。私自身も、この弘前大学COIから新たなヘルスケア産業の流れを生み出す現場に関われる幸せに感謝しつつ、新たなヘルスケア事業の社会実装につながるデータ解析を推進しています。

健康に関する正しい知識と実践方法の理解

ライオン学術賞

「予防歯科」の学会活動や若手研究者の育成を支援する目的で「ライオン学術賞」を2001年に創設しました。
本賞は、世界最大の歯科学会である「国際歯科研究学会(IADR)」と国内の「日本小児歯科学会」「日本口腔衛生学会」「日本老年歯科医学会」「歯科基礎医学会」「日本歯周病学会」5歯科学会に学術賞として設置され、創造的な研究を行った研究者に対して盾と賞金を進呈しています。
2001年の創設から20年間で209名の研究者が受賞しています。

ライオン学術賞授賞式

photo
国際歯科研究学会(IADR)の様子
2021年度の実績
学会名 授賞式開催都市 学会開催日 受賞者(所属)
国際歯科研究学会
(IADR)
オンライン 7月21日
-7月24日
Hazem ABBAS
(東北大学)
日本小児歯科学会 オンライン 5月19日
-5月20日
大川 玲奈
(大阪大学歯学部附属病院、小児歯科、講師)
日本口腔衛生学会 オンライン 5月27日
-6月10日
五月女 さき子
(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科口腔保健学分野 准教授)

竹内 洋輝
(大阪大学歯学部附属病院予防歯科 講師)
日本老年歯科医学会 オンライン 6月14日
-6月30日
澤 幸子
(公仁会 鹿島病院(島根))

釘宮 嘉浩
(東京歯科大学老年歯科補綴学講座)
歯科基礎医学会 オンライン 10月9日
-10月11日
篠田 雅路
(日本大学歯学部生理学講座 教授)

依田 浩子
(新潟大学大学院医歯学総合研究科硬組織形態学分野 准教授)
日本歯周病学会 現地会場(名古屋)とオンラインのハイブリッド形式 10月15日
‐10月16日
片桐 さやか
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯周病学分野)

福田 隆男
(九州大学病院歯周病科)

オーラルケアに関する情報

Share