閉じる

研究実績

口腔科学

  • Age-related deterioration of the human dentin

    International Association for Dental Research(IADR)

    2022/6/20-6/25

    赤羽 千佳

  • Inhibitory effects of toothpaste and mouthwash ingredients on SARS-CoV-2 infection in vitro

    European Federation of Periodontology 10th

    2022/6/15-6/18

    堤 康太

  • 唾液中コルチゾールを検出するEIS型バイオセンサの開発

    第69回 応用物理学会 春季学術講演会

    2022/3/22-3/26

    丸山 由貴

  • Comparison of oral metabolome profiles of stimulated saliva, unstimulated saliva, and mouth-rinsed water

    Scientific Reports 2022 12, Article number:689

    2022/1/13

    Yuki Maruyama 1), Yuichiro Nishimoto 2), Kouta Umezawa 3), Ryosuke Kawamata 1),Yuko Ichiba 1), KotaTsutsumi 1), Mitsuo Kimura 1), Shinnosuke Murakami 2),4), Yasushi Kakizawa 1),Takashi Kumagai 3), TakujiYamada 2),5) & Shinji Fukuda 2),4),6),7)

    1)Research and Development Headquarters, Lion Corporation 2)Metabologenomics, Inc., 3)Hiyoshi Oral Health Clinics,4)Institute for Advanced Biosciences,Keio University,5)Department of Life Science and Technology,6)Gut Environmental Design Group, Kanagawa Institute of Industrial Science and Technology, 7) Transborder Medical Research Center, University of Tsukuba,

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する歯磨剤の不活化効果とそのメカニズム解明

    第80回日本公衆衛生学会総会

    2021/12/21-12/23

    関根 由可里

  • A cross-sectional study of relationships between periodontal disease and general health: The Hitachi Oral Healthcare Survey

    BMC Oral Health

    2021/12/15

    Shinsuke Kataoka 1), Mitsuo Kimura 1),Tsuguno Yamaguchi 1), Kenji Egashira 1),Yu Yamamoto, Yasushi Koike 1),Yuki Ogawa 1), Chika Fujiharu 2), Toshiko Namai 2), Kanako Taguchi 2), Momoko Takahashi 2), Asami Kameda 2), Tomoka Kasen 2),Asami Hano 2), Konomi Kubota 2),Masayuki Sato 1), Hiroaki Yamaga 1), Kaori Nohara 2), Mikiko Shirasawa 2), Chika Sekine 2), Maki Fukuda 2), Arisa Aoki 2),Yurina Takeuchi 2), Misaki Mugiyama 2), Kenta Mori 4), Keigo Sawada 4) Yoichiro Kashiwagi 4), Masahiro Kitamura 4), Takeshi Hayashi 3),Tohru Nakagawa 3), Shinya Murakami 4)

    1)Research & Development Head Quarters, LION Corporation,2)The LION Foundation for Dental Health (Public Interest Incorporated Foundation), 3)Hitachi Health Care Center, Hitachi Limited,4)Faculty of Dentistry, Osaka University,

  • 新規口腔内フッ化物滞留徐放制御技術の検討

    日本歯科保存学会2021年度秋季学術大会

    2021/10/28-11/10

    小野 真一

  • まがる・おれない安全歯ブラシはなぜ折れずに磨けるか?~子供の喉突き事故を防ぎたい想いが産んだ、歯ブラシに隠された秘密~

    日本小児歯科学会第36回関東地方会大会・総会

    2021/10/17-10/23

    蜂須賀 良祐

  • 薬用歯磨剤有効成分におけるRANKL誘導性破骨細胞分化への影響解析

    第64回秋季日本歯周病学会

    2021/10/15-10/16

    山本 悠

  • 次世代シークエンサーを用いた出生から生後36か月までの主要な口腔細菌推移の解析

    第63回歯科基礎医学会学術大会

    2021/10/9-10/11

    山 和馬

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子TMPRSS2活性に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    第63回歯科基礎医学会学術大会

    2021/10/9-10/11

    牧野 莉帆

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子Sタンパク-ACE2結合に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    第63回歯科基礎医学会学術大会

    2021/10/9-10/11

    柚鳥 眞里

  • The inhibitory effects of toothpaste and mouthwash ingredients on SARS-CoV-2 spike protein-ACE2 interaction, and TMPRSS2 protease activity in vitro

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry

    2021/10/1-10/3

    岩本 拓

  • The Usefulness of an Oral-Health Promotion Program on Japanese Working-Age Population: A Pilot Study.

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry

    2021/10/1-10/3

    青山 薫英

  • Oral care product flavors may prevent respiratory tract infections through promoting airway mucosal clearance

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry

    2021/10/1-10/3

    小池 泰志

  • Potential role of oral care practices in preventing SARS-CoV-2 infection in the era of the “new normal”

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry

    2021/10/1-10/3

    堤 康太

  • The inhibitory effects of toothpaste and mouthwash ingredients on the interaction between the SARS-CoV-2 spike protein and ACE2, and the protease activity of TMPRSS2, in vitro

    PLOS ONE

    2021/9/17

    Riho Tateyama-Makino 1), Mari Abe-Yutori 1), Taku Iwamoto 1) , Kota Tsutsumi 1), Motonori Tsuji 2) ,Satoru Morishita 1), Kei Kurita 1), Yukio Yamamoto 1), Eiji Nishinaga 1),Keiichi Tsukinoki 3)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Institute of Molecular Function 3)Division of Environmental Pathology, Department of Oral Science, Kanagawa Dental University

  • Material design of intelligent plastic products with sound generation function due to snap-through buckling

    Engineering Research Express, Vol.3 (2021) 015006

    2021/5/11

    Ryosuke Hachisuka1),2), Reona Noda 2), Masayuki Yamaguchi 1)

    1)School of Materials Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology, 2) Research & Development Headquarters,Lion Corporation,

  • 一般地域住民の口腔清掃習慣と口臭に関する実態調査

    第18回日本口腔ケア学会総会

    2021/4/17-4/18

    内山 千代子

  • 新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)感染関連因子Sタンパク-ACE2結合に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    日本化学会 第101春季年会 (2021)

    2021/3/19-3/21

    柚鳥 眞里

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子TMPRSS2活性に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    日本化学会 第101春季年会 (2021)

    2021/3/19-3/21

    牧野 莉帆

  • The effect of aging on the nanostructure of murine alveolar bone and dentin

    Journal of Bone and Mineral Metabolism volume 39, pages757–768 (2021)

    2021/3/11

    Chika Akabane 1),2), Silvia Pabisch 2) , Wolfgang Wagermaier 2), Andreas Roschger 2),3) , Norio Tobori 1), Tomomichi Okano 1). Shinya Murakami 4), Peter Fratzl 2), Richard Weinkamer 2)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Department of Biomaterials, Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Potsdam, Germany, 3)Department of Chemistry and Physics of Materials, Paris-Lodron-University of Salzburg, Salzburg, Austria, 4)Department of Periodontology, Graduate School of Dentistry, Osaka University, Osaka, Japan

  • Comparison of oral microbiome profiles in 18-month-old infants and their parents

    Scientific Reports volume 11:861 (2021)

    2020/1/13

    Ryutaro Jo, Kazuma Yama, Yuto Aita, Kota Tsutsumi, Chikako Ishihara, Masato Maruyama, Eiji Nishinaga & Ken-ichiro Shibasaki
    Research and Development Headquarters, Lion Corporation,

  • 各種飲料による象牙質の着色性・除去性に関する基礎的研究

    第70回日本口腔衛生学会・総会

    2020年

    岩崎 彩佳

  • クリニカNEXT STAGEハブラシの開発

    月刊誌「包装技術」2020年12月号

    2020/12/1

    野田玲央奈,川崎静香,蜂須賀良祐

  • 職域における受診者の口腔保健行動変容と口腔健康を促す啓発一体型健診の有用性

    第79回日本公衆衛生学会総会

    2020/10/20-10/22

    林  滉一朗

  • ピロリン酸Naの作用によるステイン除去メカニズムに関する研究

    第31回日本歯科審美学会

    202010/3-10/4

    橋本 遼太

  • 口臭ケアサポートアプリ RePEROの開発

    第71回コロイドおよび界面化学討論会

    2020/9/13-9/16

    岡  謙吾

  • セルフケア用品「フッ化物配合歯磨剤」の機能と有用性

    関東甲信越歯科医療管理学会第26回学術大会

    2020/9/13

    柴崎 顕一郎

  • Reachability beyond the last molar and dental plaque removal ability of markedly thin-headed, slim-necked toothbrushes

    第3回国際口腔護理学術討論会

    2020/7/21-7/24

    木本 雄也

  • 乳酸アルミニウム及びカチオン化セルロース配合歯磨剤の象牙細管封鎖効果

    日本歯科保存学会2020年度春季学術大会(第152回)

    2020/6/11-6/12

    小田 理加

  • オウバク抽出物はRANKL誘導性破骨細胞分化を抑制する

    第63回春季日本歯周病学会学術大会

    2020/5/29-5/30

    江頭 健二

  • 歯みがきナビゲーションを特長とする新子供用IoT歯ブラシの清掃力に関する研究

    第58回 日本小児歯科学会大会

    2020/5/20-5/21

    佐竹 茉以

  • Gingiva-specific Collagen Gene Regulation by Oxidative Stress

    国際歯科研究学会議(IADR)

    2020/3/18-3/21

    山口 継乃

  • Fluoride and Caries Prevention

    東京医科歯科大学 大学院特別講義

    2020/3/11

    西永 英司

  • ピロリドンカルボン酸配合歯磨剤による象牙質の脱灰抑制効果・コラーゲン分解抑制効果の検討

    日本歯科保存学雑誌, 2019, 62 巻, 6 号, p. 286-295

    2020/1/7

    石井 志織, 今﨑 麻里, 石動 更, 藤川 晴彦, 福田 康, 西永 英司
    ライオン株式会社 研究開発本部

  • 令和2年度関東地方発明表彰「発明奨励賞」
    特許:6591988(使用者の口腔の損傷を抑制可能な歯ブラシ)
    特許応用製品:クリニカKid’s ハブラシ 0-2才用、3-5才用

    2020年

    蜂須賀 良祐

  • Asian Pacific Society of Periodontology Meeting 2019 Poster presentation competition Lab research 1st Prize 「Effects of pyrrolidone carboxylic acid on dentin collagen degradation and demineralization」

    2020年

    石井志織

  • Comparison of oral bacterial profiles in stimulated and unstimulated saliva, tongue, and mouth-rinsed water.

    Scientific Reports 2019 Nov. 9, Article number: 16124

    2019/11/6

    Ryutaro Jo 1), Yuichiro Nishimoto 2), Kouta Umezawa 3), KazumaYama 1), YutoAita 1), Yuko Ichiba 1), Shinnosuke Murakami 2),4), Yasushi Kakizawa 1), Takashi Kumagai 3), Takuji Yamada 2),5),6) Shinji Fukuda 2),4),6),7),8)

    1)Research and Development Headquarters, 2)Metabologenomics, Inc.,3)Hiyoshi Oral Health Clinics. ,4)Institute for Advanced Biosciences, Keio University,5)Department of Life Science and Technology, Tokyo Institute of Technology, 6)PRESTO, Japan Science and Technology Agency,8)Intestinal Microbiota Project, Kanagawa Institute of Industrial Science and Technology, 8)Transborder Medical Research Center, University of Tsukuba,

  • Direct-to-consumer genetic testing data identified the possible risk markers associated with the oral cavity health among Japanese subjects.

    American Society of Human Genetics

    2019/10/15-10/19

    森下 聡

  • Improvement of Mechanical Toughness of Polypropylene by Laminating with Elastomer

    Journal of Polymer Research volume 26, Article number: 246 (2019)

    2019/9/12

    Ryosuke Hachisuka 1)2), Toshiaki Kobayashi 3), Masayuki Yamaguchi 2)

    1)School of Materials Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology,2)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 3)The Lion Foundation for Dental Health, (Public Interest Incorporated Foundation)

  • A New Method to Speculate Halitosis Level Using Machine Learning

    国際歯科研究学会議(IADR)

    2019/6/19-6/22

    道林 千晶

  • 令和元年度日本歯周病学会会誌賞(基礎分野)
    「Lactoferrinはヒト歯肉線維芽細胞において細胞増殖と創傷治癒を促進する ―in vitro 研究」

    日本歯周病学会会誌 2019 年 61 巻 1 号 p. 18-27

    2019/03/29

    鈴木 苗穂

  • A thin layer of sucrose octasulfate protects the oesophageal mucosal epithelium in reflux oesophagitis

    Scientific Reports 2019 9, Article number:3559

    2019/3/5

    Takuya Hayakawa 1), Shizuka Kawasaki 1), Yutaka Hirayama 1),TakuyaTsutsui 1), Eiji Sugiyama 2), KiyoAdachi 1), Ryo Kon 1), Makoto Suematsu 2), Yuki Sugiura 2)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Department of Biochemistry, Keio University School of Medicine,

  • 歯周病予防におけるホストケアの重要性とビタミンEの作用について

    第149回日本歯科保存学会秋季学術大会

    2018/11/1

    柚鳥 眞里

  • 歯周病口臭に対するグルコン酸銅の有効性検討

    第61回秋季日本歯周病学会学術大会

    2018/10/26-10/27

    高橋 雅人

  • ビタミンEの歯周組織修復作用について

    第61回秋季日本歯周病学会学術大会

    2018/10/26-10/27

    柚鳥 眞里

  • ヒト3次元培養表皮モデルを用いたビタミンEの吸収性検討

    第61回秋季日本歯周病学会学術大会

    2018/10/26-10/27

    小島 和晃

  • オーラルケア製品の科学

    第60回歯科基礎医学会学術大会

    2018/9/5-9/7

    柚鳥 眞里

  • ポリアクリル酸ナトリウムのin vitro歯周病バイオフィルムモデルに対する有効性評価

    第61回春季日本歯周病学会学術大会

    2018/6/1-6/2

    川延 勇介

  • 乳幼児期の口腔細菌叢の解析

    第91回日本細菌学会総会

    2018/3/27-3/29

    城  隆太郎

  • 第2回国際口腔護理学術討論会 優秀科技論文 一等奨
    「デキストラナーゼ酵素配合歯磨剤によるモデル口腔内歯垢の分解除去」

    第2回国際口腔護理学術討論会

    2018/4/12

    ライオン株式会社 青木優子、飯泉剛太郎、野村安雄、柴崎顕一郎
    獅王日用化工(青島)有限公司 研究部 刘婧、李德豹、安丰宝
    中国科学院理化技術研究所 抗菌材料試験センター 郑苏江

界面科学

  • 令和3年度(第56回)日本油化学会 工業技術賞
    「Synergic Effects of Surfactant and Chelating Agent on Stubborn Keratin Grime for Easy Cleaning」

    J. Oleo Sci. 70, (12) 1769-1776 (2021)

    2021/11/9

    Shinya Sudo, Yosuke Watanabe, Atsunori Morigaki, Kazuya Inomata, Ryo Hyodo, Atsushi Naito
    Research and Development Headquarters, Lion Corporation

  • 小角・広角X線散乱法によるクロルヒドロキシアルミニウムの形成するナノ粒子及びゲルネットワークの構造解析

    第70回日本口腔衛生学会・総会

    2021/9/15-9/17

    高野 幸子

  • 硫酸イオンによるカチオン界面活性剤のウイルス不活化増強効果

    日本油化学会第60回年会

    2021/9/6-9/11

    斎藤 玲

  • 衣料用柔軟剤における香料カプセルの分散安定化技術 ~枯渇凝集に基づくベシクル系での粘弾性制御~

    日本油化学会第60回年会

    2021/9/6-9/11

    宮島 亜佐美

  • 簡易洗浄に向けた強固付着ケラチンに対する界面活性剤とキレート剤の相乗効果

    日本油化学会第60回年会

    2021/9/6-9/11

    須藤 慎也

  • 胆汁酸塩/リン脂質混合ミセルに可溶化された脂溶性物質の生体膜モデル透過挙動

    日本油化学会第60回年会

    2021/9/6-9/11

    石動 更

  • 令和2年度(第64回)油脂技術論文 最優秀賞
    「マイバムに由来する極性脂質の膜安定性に対するミネラルオイルの添加効果」

    2021年

    吉田雅貴、佐藤惇志

  • 巨大一枚膜ベシクルの形態に及ぼす胆汁酸塩/リン脂質混合溶液添加の影響

    日本油化学会 弟59回年会

    2020/11/2-11/7

    三宅 深雪

  • 巨大一枚膜ベシクル(GUV)の形態に及ぼす胆汁酸塩添加の影響

    第71回コロイド及び界面化学討論会

    2020/9/14-9/16

    三宅 深雪

  • 肌ざわりを可視化する ― X線CTによる衣料用洗剤の性能評価 ―

    リガクジャーナル 2020年 10月 51巻 2号 通巻114号

    2020/5/1

    関根 由可里

  • 第51回油脂産業論文 佳作
    「製薬産業界との新結合による油脂産業界の新価値創出と健康格差の解消」

    2020年

    工藤 康史

  • アニオン界面活性剤水溶液の加水分解に与えるミセルの効果と、ミセル界面に吸着したプロトンの測定

    コロイドおよび界面化学討論会 第70回記念国際会議 OKINAWA COLLOIDS 2019

    2019/11/3-11/4

    三宅 深雪

  • 長鎖脂肪酸メチルエステルを活用したMEEの開発

    日本油化学会第58回年会

    2019/9/24-9/26

    常光 研徳

  • ビタミンナノエマルションの角膜細胞浸透性を利用した新点眼薬の開発

    第71回日本生物工学会大会

    2019/9/16-9/18

    三宅 深雪

  • パーム油のC18留分を活用した衣料用洗剤用の新規MEEの開発

    CESIO 11th world surfactant congress (2019)

    2019/6/3-6/5

    辻村将

  • 令和元年(第63回)油脂技術論文 最優秀賞受賞
    「Structural Viscosity Induced by Depletion Effect in Stable Vesicle Dispersion」

    J. Oleo Sci. 68, (9) 837-845 (2019)

    2019/5/25

    Asami Miyajima , Ryo Inoue, Erika Onishi, Miyuki Miyake, and Ryo Hyodo
    Research & Development Headquarters, LION Corporation,

  • Homogenized Bimetallic Catalysts from Metal-Organic Framework Alloys

    Chemistry of Material. 2019, 31, 11, 4205–4212

    2019/3/22

    Jet-Sing M. Lee 1), Yu-ichi Fujiwara 2), Susumu Kitagawa 1), Satoshi Horike 1),3),4),5)

    1)Institute for Integrated Cell-Material Sciences, Institute for Advanced Study, Kyoto University, 2) Research & Development Headquarters, LION Corporation, 3)AIST-Kyoto University Chemical Energy Materials Open Innovation Laboratory (ChEM-OIL), Kyoto University, 4)Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University, 5) Department of Materials Science and Engineering, School of Molecular Science and Engineering, Vidyasirimedhi Institute of Science and Technology,

  • 第7回若手研究者奨励賞
    「環境調和型界面活性剤MESの液体洗剤への応用」

    日本油化学会 関東支部

    2019年

    森垣 篤典

  • 平成31・令和元年度(第63回)油脂技術論文最優秀賞
    「安定したベシクル分散液中での枯渇凝集効果に起因する構造粘性」

    2019年

    宮島亜佐美、井上亮、三宅深雪

  • Characterization of oil-producing yeast Lipomyces starkeyi on glycerol carbon source based on metabolomics and 13C-labeling

    Applied Microbiology and Biotechnology

    2018/8/10

    Yuki Maruyama 1), Yoshihiro Toya 2), Hiroshi Kurokawa 1), Yuka Fukano 1), Atsushi Sato 1), Hiroyasu Umemura 1), Kaoru Yamada 1), Hideaki Iwasaki 1), Norio Tobori 1), Hiroshi Shimizu 2)

    1)Research and Development Headquarters, Lion Corporation,
    2)Department of Bioinformatic Engineering, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University

  • 涙液油層安定性のモデル評価系の構築と構成脂質成分の安定性への影響把握

    日本化学会コロイドおよび界面化学部会

    2018年

    吉田 雅貴

  • 公益社団法人 日本油化学会 第52回進歩賞
    「散乱技術を用いた界面活性剤分子集合体の溶液構造解析」

    第52回 日本油化学会

    2018年

    小倉 卓氏
    ライオン株式会社 研究開発本部

香料技術

  • 衣料用柔軟剤の香りの嗜好性に関わる脳活動の解析

    2021年度 日本味と匂学会 第55回大会

    2021/10/19-10/21

    斎藤 快

  • 高濃度界面活性剤中の香料の抽出・分析方法

    第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

    2020/10/24-10/26

    澤田 奎太

  • 材料技術研究協会 ゴールドポスター賞
    「小角X線散乱法を用いた香料可溶化ミセルの構造解析」

    2018 年材料技術研究協会討論会

    2018/12/1

    ◯斎藤快 1)、赤松允顕2)、酒井健一 1),2)、酒井秀樹 1),2)、小倉卓 2),3)

    1)東理大理工、2)東理大総研、3)ライオン株式会社

安全性

  • Within- and between-laboratory reproducibility and predictive capacity of amino acid derivative reactivity assay (ADRA) using a 0.5 mg/mL test chemical solution: Results of the study for reproducibility confirmation implemented in five participating laboratories.

    Journal of Applied Toxicology 18 January 2022

    2022/1/18

    Yusuke Yamamoto 1), Masaharu Fujita 1) , , Shinichi Watanabe 2),Hiroaki Yamaga 2), Koji Wakabayashi 3), Yu Tahara 3), Nobuyuki Horie 4), Keiichi Fujimoto 4), Kazuya Takeuchi 5), Kohei Kamiya 5), Tsuyoshi Kawakami 6), Kohichi Kojima 7), Takashi Sozu 8), Hajime Kojima 9), Toshihiko Kasahara 1), Atsushi Ono 10)

    1) Safety Evaluation Center, Fujifilm Corporation,2) Lion Corporation,
    3)Chemical Safety Department, Mitsui Chemicals, Inc., 4) Environmental Health Science Laboratory, Sumitomo Chemical Co., Ltd., 5) Biological Research Laboratories, Nissan Chemical Corporation, 6)Division of Environmental Chemistry, National Institute of Health Sciences, 7) Food and Drug Safety Center, 8) Faculty of Engineering, Tokyo University of Science, 9) Biological Safety Research Center, Division of Risk Assessment, National Institute of Health Sciences, 10) Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Division of Pharmaceutical Sciences, Okayama University,

  • 衣料用柔軟剤の香りの嗜好性に関わる脳活動の解析

    Journal of Applied Toxicology 2022 Feb;42(2):318-333.

    2021/12/1

    Masaharu Fujita 1), Yusuke Yamamoto 1), Sayaka Wanibuchi 1), Shinichi Watanabe 2), Hiroaki Yamaga 2), Koji Wakabayashi 3), Yu Tahara 3), Nobuyuki Horie 4), Keiichi Fujimoto 4), Kazuya Takeuchi 5), Kohei Kamiya 5), Tsuyoshi Kawakami 6), Kohichi Kojima 7), Takashi Sozu 8), Hajime Kojima 9), Toshihiko Kasahara 1), Atsushi Ono 10)

    1) Safety Evaluation Center, Fujifilm Corporation,2) Lion Corporation, 3)Chemical Safety Department, Mitsui Chemicals, Inc., 4) Environmental Health Science Laboratory, Sumitomo Chemical Co., Ltd., 5) Biological Research Laboratories, Nissan Chemical Corporation, 6)Division of Environmental Chemistry, National Institute of Health Sciences, 7) Food and Drug Safety Center, 8) Faculty of Engineering, Tokyo University of Science, 9) Biological Safety Research Center, Division of Risk Assessment, National Institute of Health Sciences, 10) Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Division of Pharmaceutical Sciences, Okayama University,

  • 高疎水性物質の評価に適用可能な新規皮膚感作性試験代替法の開発:Amino acid Reactivity Assay-Organic Solvent (ADRA-OS) reaction system

    日本動物実験代替法学会 第34回大会

    2021/11/11-11/13

    山鹿 宏彰 (富士フィルム共同研究)

  • 皮膚感作性試験代替法Epidermal Sensitization Assay(EpiSensA)のValidation研究

    日本動物実験代替法学会 第34回大会

    2021/11/11-11/13

    上野 順子

  • 日本動物実験代替法学会第34回大会 優秀演題賞受賞 口唇用途原料及び化粧品のヒト3次元口腔粘膜モデルを用いた口腔粘膜刺激性の予測

    日本動物実験代替法学会 第34回大会

    2021/11/11-11/13

    花王株式会社、サンスター株式会社共同研究

  • 第48回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞受賞 ヒト3次元培養口腔粘膜モデルを用いる口腔粘膜刺激性試験代替法の開発-刺激性/無刺激性区分のためのクライテリアの検証-

    第48回日本毒性学会学術年会

    2021/7/7-7/9

    相澤 聖也 (花王株式会社、サンスター株式会社共同研究)

  • Amino acid derivative reactivity assay-organic solvent reaction system: A novel alternative test for skin sensitization capable of assessing highly hydrophobic substances

    Journal of Applied Toxicology

    2021/2/26

    Hiroaki Yamaga 1),Shinichi Watanabe 1),Masaharu Fujita 2),Yusuke Yamamoto 2),Toshihiko Kasahara 2),Shinsuke Kataoka 1)

    1)Lion Corporation 2)Safety Evaluation Center, Fujifilm Corporation

  • 難水溶性物質評価に向けた3次元ヒト表皮モデルを用いた皮膚感作性試験代替法EpiSensAの導入検討

    日本動物実験代替法学会 第33回大会

    2020/11/12-11/13

    上野 順子

  • 日本動物実験代替法学会第33回大会 大会長特別賞受賞 ヒト3次元培養口腔粘膜モデルを用いた口腔粘膜刺激性試験代替法の開発-口腔及び口唇用途原料評価への有用性-

    日本動物実験代替法学会第33回大会

    2020/11/12-11/13

    花王株式会社、サンスター株式会社との共同研究

  • 日本動物実験代替法学会第33回大会 皮膚感作性試験代替法Epidermal Sensitization Assay (EpiSensA)のValidation研究(施設内再現性Phase I)

    掲載誌・学会名

    日本動物実験代替法学会第33回大会

    2020/11/12-11/13

    花王株式会社、株式会社コーセー、一般財団法人食品薬品安全センターとの共同研究

  • 化粧品、パーソナルケア製品製造現場における微生物トラブル事例

    Fragrance journal : Research & development for cosmetics, toiletries & allied industries  48(5), 53-64, 2020-05

    2020/5/1

    大谷 正彦

  • New approach to evaluation and classification of irritation intensity of oral care ingredients using a three-dimensional human buccal mucosal model.

    Society of Toxicology Annual Meeting

    2020/3/15-19

    花王株式会社、サンスター株式会社との共同研究

  • Oxidation of a cysteine-derived nucleophilic reagent by dimethyl sulfoxide in the amino acid derivative reactivity assay

    Jounal of Applied Toxicology, 2020;40:843-854

    2020/2/12

    Miyuki Akimoto1), Yusuke Yamamoto 1), Shinichi Watanabe 2), Hiroaki Yamaga 2), Kousuke Yoshida 2), Koji Wakabayashi 3), Yu Tahara 3), Nobuyuki Horie 4), Keiichi Fujimoto4), | Kei Kusakari 5), Kohei Kamiya 5), Kohichi Kojima 6), Tsuyoshi Kawakami 7), Hajime Kojima 8), Atsushi Ono 9), Toshihiko Kasahara 1), Masaharu Fujita 1)

    1)Fujifilm Corporation, Safety Evaluation Center, 2)Lion Corporation, 3)Mitsui Chemicals, Inc. Chemical Safety Department, 4)Sumitomo Chemical Co. Ltd. Environmental Health Science Laboratory, 5)Nissan Chemical Corporation, Biological Research Laboratories, 6)Food and Drug Safety Center, Hatano Research Institute, 7)Division of Environmental Chemistry, National Institute of Health Sciences, 8)Biological Safety Research Center, Division of Risk Assessment, National Institute of Health Sciences, 9)Okayama University

  • Study of the pharmacokinetics of eriodictyol-6-C-β-d-glucoside, a flavonoid of rooibos (Aspalathus linearis) extract, after its oral administration in mice

    Journal of Chromatography B Volume 1137,

    2019/11/25

    KanakoYuyama 1), YoshitakaNakamura a), RihoTateyama a), RiekoArakaki b), TakuyaTsutsui a), NaozumiIshimaru b),

    a)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, b)Department of Oral Molecular Pathology, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences,

  • The within- and between-laboratory reproducibility and predictive capacity of the in chemico amino acid derivative reactivity assay: Results of validation study implemented in four participating laboratories

    Journal of Applied Toxicology Volume39, Issue11 November 2019 Pages 1492-1505

    2019/7/17

    Masaharu Fujita 1), Yusuke Yamamoto 1), Shinichi Watanabe 2), Tsunetsugu Sugawara 2), Koji Wakabayashi 3), Yu Tahara 3), Nobuyuki Horie 4), Keiichi Fujimoto 4), Kei Kusakari 5), Yoshihiko Kurokawa 5), Tsuyoshi Kawakami 6), Kohichi Kojima 7), Takashi Sozu 8), Takuto Nakayama 8),Takeru Kusao 8), Jon Richmond 9), Kleinstreuer Nicole 10), Bae-Hwa Kim 11), Hajime Kojima 12), Toshihiko Kasahara 1), Atsushi Ono 13)

    1) Safety Evaluation Center, Fujifilm Corporation, 2) Lion Corporation, 3) Chemical Safety Department, Mitsui Chemicals, Inc, 4) Environmental Health Science Laboratory, Sumitomo Chemical Co., Ltd, 5) Biological Research Laboratories, Nissan Chemical Corporation, 6) Division of Environmental Chemistry, National Institute of Health Sciences, 7) Food and Drug Safety Center, 8) Faculty of Engineering, Tokyo University of Science, 9) Dr. Jon Richmond: Advice and Consultancy,10) NTP Interagency Center for the Evaluation of Alternative Toxicological Methods, 11)College of Natural Sciences Keimyung University,12) Biological Safety Research Center, Division of Risk Assessment, National Institute of Health Sciences, 13) Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical sciences, Division of Pharmaceutical Sciences, Okayama University,

  • ヒト3次元培養口腔粘膜モデルを用いる口腔粘膜刺激性試験代替法の開発-オーラルケア用途原料・製品における口腔粘膜刺激性評価フローの設定に関する検討-

    日本動物実験代替法学会 第32回大会

    2019/6/26-6/28

    相澤 聖也

  • 難水溶性感作性物質に対する有機溶媒系で評価可能なADRA-OSの開発

    日本動物実験代替法学会 第32回大会

    2019/6/26-6/28

    山鹿 宏彰

  • オーラルケア用途原料の口腔粘膜刺激性予測におけるヒト3次元培養口腔粘膜モデルの有用性に関する検討

    日本動物実験代替法学会第31回大会

    2018/11/23-11/25

    相澤 聖也

  • 化学品業界の安全性評価における代替法活用と課題

    日本動物実験代替法学会第31回大会

    2018/11/23-11/25

    渡辺 真一

  • Cause of and countermeasures for oxidation of the cysteine-derived reagent used in the amino acid derivative reactivity assay

    Journal of Applied Toxicology 2019 Feb;39(2):191-208

    2018/9/16

    Masaharu Fujita 1), Yusuke Yamamoto 1), Shinichi Watanabe 2), Tsunetsugu Sugawara 2), Koji Wakabayashi 3), Yu Tahara 3), Nobuyuki Horie 4), Keiichi Fujimoto 4), Kei Kusakari 5), Yoshihiko Kurokawa 5), Tsuyoshi Kawakami 6), Kohichi Kojima 7), Hajime Kojima 8), Atsushi Ono 9), Yasuhiro Katsuoka 1), Hideto Tanabe 10), Hiroshi Yokoyama 10), Toshihiko Kasahara 1)

    1) Safety Evaluation Center, Fujifilm Corporation, 2) Lion Corporation, 3) Mitsui Chemicals, Inc., Chemical Safety Department 4) Sumitomo Chemical Co., Ltd., Environmental Health Science Laboratory, 5) Nissan Chemical Corporation, Biological Research Laboratories, 6) National Institute of Health Sciences, Division of Environmental Chemistry,7) Food and Drug Safety Center, Hatano Research Institute, 8) National Institute of Health Sciences, Biological Safety Research Center, Division of Risk Assessment, 9) Okayama University, Graduate School of Medicine, Dentistry, and Pharmaceutical Sciences, Division of Pharmaceutical Sciences,10) Fujifilm Corporation, Research & Development Management Headquarters, Analysis Technology Center

  • 口腔粘膜刺激性評価におけるヒト3次元培養口腔粘膜モデル及び歯肉モデルの有用性に関する検討

    第45回日本毒性学会学術年会

    2018/7/18-7/20

    相澤 聖也

分析

  • 第48回年次大会 日本防菌防黴学会 ポスター賞 
    「溶剤の殺菌効果解析 ―界面活性剤組成系での効果―」

    第48回年次大会日本防菌防黴学会年次大会

    2021/9/8-9/9

    中島 敬祐

  • トイレタリー製品の開発における質量分析の役割 ~臭気成分分析を事例として~

    第47回BMSコンファレンス(BMS2020/2021)

    2021/7/12-7/14

    筒井 拓也

  • 原子間力顕微鏡(AFM)を用いた歯科医院向け製品のコミュニケーション拡大業務への貢献

    第81回分析化学討論会

    2021/5/22-5/23

    橋本 遼太

  • 微生物の基礎知識と抗菌・抗ウイルス対策の紹介

    繊維製品技術研究会(ATTS)第208回関東情報研究分科会

    2020/10/16

    戸部 聖一

  • LC-MS技術を利用した機能性表示食品開発業務への貢献

    第80回分析化学討論会

    2020/5/23-5/24

    佐藤 惇志

生命科学

  • Factor analysis of changes in vitality of workers during the COVID-19 pandemic

    第28回日本時間生物学会学術大会

    2021/11/20-11/21

    水光 貴彦

  • 就労者への睡眠改善サービス導入による心身健康や組織状態への影響

    第28回日本時間生物学会学術大会

    2021/11/20-11/21

    沢田 あゆみ

  • 新型コロナウイルス感染症流行下における睡眠の質と生産性の低下について

    日本睡眠学会第46回定期学術集会

    2021/9/23-9/24

    永盛 友樹

  • 就労者への睡眠改善サービス導入による心身健康や組織状態への影響

    日本睡眠学会第46回定期学術集会

    2021/9/23-9/24

    沢田 あゆみ

  • 良質睡眠習慣でやりたいことをやろう! ~睡眠研究から見えてきたこと~

    第11回CSJ化学フェスタ2021

    2021/9/22-9/24

    岩井 崇郎

  • 清酒酵母の機能性 -睡眠の質改善作用-

    第23回酵母合同シンポジウム

    2021/9/2-9/3

    佐野 朋美

  • 就労者における歯磨きの頻度と健康関連因子の関連

    第8回日本時間栄養学会学術大会

    2021/8/27-8/28

    岩井 崇郎

  • 独自のin vitro運動モデルの構築及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸(HMB)の作用メカニズム解析への応用

    第29回日本運動生理学会大会

    2021/8/20-8/21

    佐藤 聡子

  • Irregular meal timing is associated to the mental health in Japanese workers.

    Nutrients

    2021/8/13

    Yu Tahara 1), Saneyuki Makino 1), Takahiko Suiko 2), Yuki Nagamori 2), Takao Iwai 2), Megumi Aono 2), and Shi-genobu Shibata 1),

    1) Laboratory of Physiology and Pharmacology, School of Advanced Science and Engineering, Waseda Univer-sity 2) Research and Development Headquarters, Lion Corporation

  • 各人の睡眠状態に応じたソリューションにより睡眠・生産性を改善

    健康経営ソリューション紹介のオンラインセミナー([主催] 株式会社フェアワーク)

    2021/6/29

    市野瀬 拓也

  • 固体蛋白質の経時での凝集挙動及び物理的特性に対する低分子量凝集体の影響

    日本薬学会第141年会

    2021/3/26-3/29

    満留 卓実

  • 「睡眠改善による健康増進と労働生産性の向上を目的とするBtoBtoC事業」

    令和元年度健康寿命延伸産業創出推進事業 報告会

    2021/3/4

    青野 恵

  • COVID-19パンデミック期においてリモートワークが睡眠に及ぼす影響

    第27回日本時間生物学会学術大会

    2020/9/26~9/27

    水光 貴彦

  • 睡眠の質測定と睡眠改善方法の提案による就労者の労働生産性および労働安全性向上

    第27回日本産業精神保健学会

    2020/7/4-7/5

    市野瀬 拓也

  • 睡眠を介した全身健康「睡眠ヘルスケア」価値の創出

    第45回日本香粧品学会(2020)

    2020/6/12-6/13

    佐野 朋美

  • in vitro運動モデルによる筋収縮時のメタボローム解析

    日本農芸化学会2020年度大会

    2020/3/25-3/28

    佐藤 聡子

  • Effects of lutein and astaxanthin intake on the improvement of cognitive functions among healthy adults: a systematic review of randomized controlled trials

    Nutrients

    2020/2/27

    Rui Nouchi 1),2), Takahiko Suiko 3), Eriko Kimura 3), Hiroki Takenaka 3) Michiaki Murakoshi 3), Akira Uchiyama 3), Megumi Aono 3), Ryuta Kawashima 2) ,4)

    1)Department of Cognitive Health Science, Institute of Development, Aging and Cancer (IDAC),Tohoku University, 2) Smart Aging Research Center (S.A.R.C.), Tohoku University, 3)Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 4) Department of Functional Brain Imaging, In

  • 社会実装リレー「睡眠チェック & ケアの有効性と弘前COIでの取り組み」

    弘前大学COIヘルシーエイジング・イノベーションサミット2020

    2020/1/31

    青野 恵

  • 社会的健康度の改善、持続可能な共生社会実現を目指す「社会的健康戦略研究所」発足の趣旨と活動のご報告

    ヘルスケアIT 2020(第5回)

    2020/1/28-1/29

    青野 恵

  • 睡眠の質測定とケア行動の提案が健康増進と労働生産性の向上に及ぼす影響

    第15回日本疲労学会

    2019/5/18-5/19

    永盛 友樹

  • Japanese sake yeast supplementation reduces daytime fatigue via sleep quality improvement: a double-blind randomized placebo-controlled clinical trial

    International Society of Food Function

    2018/10/27-10/28

    永盛 友樹

  • Effects of Japanese sake yeast supplementation on human skin quality and analysis of its mechanism

    第24回ヨーロッパ睡眠学会

    2018/9/25-9/28

    岡  謙吾

  • 睡眠改善素材「清酒酵母」の摂取による肌質改善機能とそのメカニズム解析

    第21回日本フードファクター学会

    2018/9/7-9/8

    永盛 友樹

  • 清酒酵母によるマウスにおけるノンレム睡眠誘導作用及びアデノシンA2A受容体を介した作用メカニズム解析

    日本油化学会第57回年会

    2018/9/4-9/6

    中村 好孝

  • 睡眠改善素材「清酒酵母」摂取による疲労感改善作用

    日本睡眠学会第43回定期学術集会

    2018/7/11-7/13

    平尾 香織

  • 睡眠の質改善素材: “清酒酵母” による日中の疲労改善と活力向上機能

    日本農芸化学会2018年度大会

    2018/3/15-3/19

    永盛 友樹

  • The sleep enhancement supplement Japanese sake yeast improves skin quality in humans—A randomized, double-blind placebo-controlled clinical trial—

    薬理と治療 Volume 46, Issue 11, 1851 - 1857 (2018)

    2018年

    Yuki Nagamori(LION)

  • Japanese sake yeast improves human fatigue and vitality: A double-blind, randomized controlled clinical trial

    薬理と治療 Volume 46, Issue 4, 619 - 625 (2018)

    2018年

    Yuki Nagamori(LION)

住まいと衣類のケア

  • Preventing odor when drying clothes indoors

    2021 AOCS Annual Meeting & Expo

    2021/5/3-5/14

    伏谷 将典

  • 肌ざわりを可視化する ―X 線CT による衣料用洗剤の性能評価―

    リガクジャーナル 2020年 10月 51巻 2号 通巻114号

    2020/10/21

    関根 由可里

  • QRコードを活用した洗濯方法の認知向上に向けた取り組み

    第52回 洗浄に関するシンポジウム

    2020/10/5-10/7

    齋藤 有紀

  • 衣料用洗剤「トップスーパーNANOXニオイ専用」の開発

    日本洗日製品消費科学会

    2020/6/20-6/21

    森 圭輔

  • 洗濯方法の認知向上に向けたアパレルメーカーとの取組み

    繊維製品消費科学会 2020年度年次大会

    2020/6/20-6/21

    齋藤 有紀

  • Design of nanoscale structured composite particles through mechanical process for fabricating a powder layer with rapid drying properties

    Chemical Engineering Science volume 203 (2019) page 113–121.

    2019/3/27

    Motoyuki Iijima a),b) Masahiro Hayakawa b), Junichi Tatami a),b), Koichiro Nakamura c), Shinichi Nagashima c)

    a)Faculty of Environment and Information Sciences, Yokohama National University, b) Graduate School of Environment and Information Sciences, Yokohama National University,c)Research and Development Headquarters, Lion Corporation,

  • 室内環境における微生物汚染実態および制御 浴室のカビ汚染実態および制御

    日本防菌防黴学会誌,Vol.47,No.6,pp.233−237(2019)

    2019年

    山岸 弘

  • 「トップ」を語る

    日本繊維製品消費科学会

    2018/11/20-11/26

    石塚 智貴

  • 教育講演「保存効力試験法」

    日本防菌防黴学会第45回年次大会

    2018/11/14

    大谷 正彦

  • 食器用洗剤の特性が心理生理状態及び行動に及ぼす影響の評価

    第20回日本感性工学会大会

    2018/9/4-9/6

    宮島 正樹

  • 新付加価値液体洗剤による洗濯の負担軽減効果の解析

    第20回日本感性工学会大会

    2018/9/4-9/6

    桶田 翔太

  • 尿臭衣類の汚れ実態とその洗浄方法

    日本繊維製品消費科学会年次大会

    2018/6/23-6/24

    高橋 遥

  • トップHYGIAの開発

    繊維製品消費科学会

    2018/6/28

    佐々木 七実

  • 電子レンジ調理における調理器具の違いによる仕上がりへの影響

    第70回日本家政学会

    2018/5/25-5/27

    亀山 周平

  • Study on bacteria flora to prevent fabric odors

    2018 AOCS Annual Meeting and & Expo

    2018/5/6-5/9

    森 圭輔

  • 洗濯中に存在する菌とニオイの関係とその対処法について

    洗濯の科学

    2018/05/01

    森 圭輔

  • 柔軟仕上げ剤が付与する感触の主観評価と生理反応

    『ヒトの感性に訴える製品開発とその評価技術』

    2018年

    橋本 恵美子

  • 柔軟剤の香りの価値評価事例

    技術情報協会

    2018年

    中村 志緒梨

  • 新衣料用洗剤で得られる触感とその繊維物性について

    平成30年度 繊維学会秋季研究発表会

    2018年

    田井 亜衣子

メディカルケア

  • アセトアミノフェンによるNSAIDs起因性小腸傷害の抑制と細菌叢の関係性解明

    第49回日本潰瘍学会

    2022/2/11-2/13

    會田 悠人

  • Alteration in meibum lipid composition and subjective symptoms due to aging and meibomian gland dysfunction

    The Ocular Surface

    2021/10/16

    Tomo Suzuki a),b),Koji Kitazawa a), Yuko Cho a),b), Masataka Yoshida c), Takashi Okumura c), Atsushi Sato c), Shigeru Kinoshita d)

    a) Department of Ophthalmology, Kyoto Prefectural University of Medicine b) Department of Ophthalmology, Kyoto City Hospital Organization c) Research and Development Headquarters, Lion Corporation, d) Department of Frontier Medical Science and Technology for Ophthalmology, Kyoto Prefectural University of Medicine

  • ロキソプロフェンナトリウム水和物を用いた、投与経路の違いによる疼痛関連組織への薬物到達挙動の比較

    第54回日本薬剤師会学術大会

    2021/9/19-9/20

    工藤 康史

  • イブプロフェン起因性小腸傷害に対するアセトアミノフェンの有用性

    日本消化器病学会雑誌 2021 年 118 巻 9 号 p. 840-850

    2021/9/10

    北原 美優, 坂本 裕樹, 木村 龍人, 関 桂子

  • Improvement of Evaporative Dry Eye with Meibomian Gland Dysfunction in Model Mice by Treatment with Ophthalmic Solution Containing Mineral Oil

    Translational Vision Science & Technology April 2021, Vol.10, 21.

    2021/4/20

    Keisuke Watanabe 1), Masataka Yoshida 1), Takashi Okumura 1), Takayuki Sassa 2), Akio Kihara 2), Akira Uchiyama 1) 1) Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Laboratory of Biochemistry, Faculty of Pharmaceutical Sciences

  • アセトアミノフェンによるNSAIDs起因性小腸粘膜傷害抑制メカニズムの検討

    第107回 日本消化器病学会 総会

    2021/4/15-4/17

    関  桂子

  • アセトアミノフェンによるイブプロフェン起因性小腸粘膜傷害抑制と細菌叢の関連性解明

    第107回日本消化器病学会総会

    2021/4/15-4/17

    會田 悠人

  • 緊張型頭痛のマウスモデルを⽤いたOTC解熱鎮痛成分の薬効⽐較

    第48回日本頭痛学会総会

    2020/11/7-11/8

    小川 侑記

  • Effects of Benzalkonium Chloride and Preservative-Free Composition on the Corneal Epithelium Cells

    Journal of Ocular Pharmacology and TherapeuticsVol. 36, No. 9

    2020/11/5

    Kyohei Kabashima 1), Akira Murakami 2), Nobuyuki Ebihara 3)

    1) Lion Corporation Odawara Research Center, 2)Department of Ophthalmology, Juntendo University Graduate School of Medicine,3)Department of Ophthalmology, Juntendo University Urayasu Hospital,

  • タイトジャンクション構成タンパク質の慢性的な発現低下を呈するラット機能性ディスペプシアモデルの作成

    日本潰瘍学会

    2020/7/20

    釣  真由美 1)、早川 拓也 1) )ライオン株式会社 研究開発本部

  • Mechanism of aspirin-induced inhibition on the secondary hyperalgesia in osteoarthritis model rats

    Heliyon, Volume 6, Issue 5, May 2020,

    2020/5/24

    Mizuho Niibori 1),Yasushi Kudo 1),Takuya Hayakawa 1), Keiko Ikoma-Seki Ryosuke Kawamata 1), Atsushi Sato 1), Kazue Mizumura 2),3)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2) Department of Physiology, Nihon University School of Dentistry, 3) College of Life and Health Sciences, Chubu University,

  • The Effect of Nonpolar Lipids in Meibum on Stability of Tear Film Lipid Layer against Compression-Expansion Cycles

    Journal of Oleo Science. 2020 年 69 巻 5 号 p. 429-436

    2020/2/4

    Masataka Yoshida 1), Masato Yamaguchi 2) Atsushi Sato 1) , Miyuki Miyake 1) , Nobuhito Tabuchi 1) , Ryo Kon 1) , and Ken-ichi Iimura 3)

    1) Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Department of Material and Environmental Chemistry, Graduate School of Engineering, Utsunomiya University, 3) Division of Engineering and Agriculture, Graduate School of Regional Development and Creativity, Utsunomiya University,

  • Nonsteroidal anti-inflammatory drugs and acetaminophen ameliorate muscular mechanical hyperalgesia developed after lengthening contractions via cyclooxygenase-2 independent mechanisms in rats

    PLoS One. 2019 Nov 6;14(11):

    2019/11/6

    Tetsuhiro Shimodaira 1), Shigeo Mikoshiba 1), Toru Taguchi 2), 3)

    1)Lion Corporation, 2)Department of Physical Therapy, Niigata University of Health and Welfare, 3)Institute for Human Movement and Medical Sciences, Niigata University of Health and Welfare,

  • ラット炎症性疼痛モデルにおける痛みの程度・服用タイミングによるアスピリンの鎮痛効果の検討

    YAKUGAKU ZASSHI 140, 91・97 (2020)

    2019/10/25

    北原 美優、関 桂子、翠川 辰行、有田 淳哉、内山 章

  • A thin layer of sucrose octasulfate protects esophageal mucosal epithelium against reflux esophagitis

    AAPS PharmSci360

    2018/11/4-11/7

    早川 拓也

  • Acetylsalicylic acid and conventional NSAIDs ameliorate muscular mechanical hyperalgesia through mechanisms other than COX-2 inhibition

    IASP (International Association for the Study of Pain)

    2018/9/12-9/16

    下平 哲大

  • Acetylsalicylic acid and loxoprofen ameliorate secondary hyperalgesia through mechanisms other than COX-2 inhibition in a rat model of osteoarthritis

    IASP (International Association for the Study of Pain)

    2018/9/12-9/16

    工藤 康史

  • 涙液油層モデル膜の構造および物性に対する構成成分の役割の検討—非極性脂質と極性脂質が涙液油層の安定性に及ぼす影響

    第69回コロイドおよび界面化学討論会

    2018/9/18-9/20

    吉田 雅貴

  • ビタミンAとドライアイ

    食と医療(講談社)

    2018/09/01

    田淵 照人

  • 膝OAモデルラットにおけるアスピリンの2次痛覚過敏抑制機序の解析 —ASIC3, グリア細胞に対する作用の検討—

    第40回日本疼痛学会

    2018/6/15-6/16

    新堀 瑞穂

  • マイボーム腺機能不全患者のマイボーム脂質と眼疲労の関連性

    第123回日本眼科学会総会

    2018/4/18-4/21

    吉田 雅貴

  • 加齢およびマイボーム腺機能不全によるマイボーム腺脂質組成の変化

    第123回日本眼科学会総会

    2018/4/18-4/21

    吉田 雅貴

  • 飽和非極性脂質が涙液油層安定性に及ぼす影響

    日本化学会第98春季年会

    2018/3/20-3/23

    吉田 雅貴

  • 圧縮-膨張サイクルにおけるモデル涙液油層膜の構造解析

    日本化学会第98春季年会

    2018/3/20-3/23

    吉田 雅貴

  • NSAIDs誘発胃傷害に対する制酸剤作用の比較

    日本潰瘍学会

    2018年

    工藤 康史

  • 日本農芸化学会 2018年度大会 トピックス賞 「新規in vitro運動モデルの確立及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸(HMB)の作用メカニズム解析への応用」

    日本農芸化学会 2018年度大会

    2018/3/16

    ○佐藤 聡子 1)、高村 裕介 1)、山名 一綱 1)、野村 充 1)、内山 章 1)、古市 泰郎 2)、眞鍋 康子 2)、藤井 宣晴 2)

    1)ライオン株式会社 研究開発本部、2)首都大学東京 人間健康科学研究科

  • 一般財団法人油脂工業会館、平成30年度(第62回)油脂技術論文 優秀賞受賞 「脂溶性ビタミンナノエマルションのジャイアントユニラメラベシクル(GUV)と角膜上皮細胞における膜透過」

    三宅 深雪 1), 栗岡 昌利 1), 高木 正宏 2)

    1)ライオン株式会社,2)北陸先端化科学技術大学院大学

カラダのケア

  • 生活者の実態を捉えた毛髪評価方法

    第58回SCCJセミナー

    2022/2/8

    大石 泉

  • ウェルビーイングが持続可能な地方のまち・ひと・しごと創生のキーファクターに~地域課題解決の一筋の光を見出す愛媛の地域で取組むウェルビーイング経営の紹介~

    ウェルビーイング エキスポ&カンファレンス ​2021 Autumn

    2021/11/4-11/5

    市野瀬 拓也

  • 家庭内におけるウイルス接触伝播に着目したケア効果可視化の取り組み

    第53回洗浄に関するシンポジウム

    2021/10/12-10/15

    大竹 景子

  • 口・目・肌への乾燥(ドライシンドローム)対応素材と機能性表示食品開発

    食品開発展2021

    2021/10/6-10/8

    岩井 崇郎

  • 正しい手洗い、うがい、消毒の方法とその効果について

    第72回コロイドおよび界面化学討論会

    2021/9/15-9/21

    尾本 百合子

  • 保湿性と触感に優れたスキンケア洗浄剤の開発

    「肌荒れ手荒れ防止・保湿化粧品開発と最新技術」 講演

    2021/5/28

    鈴木 律裕

  • 腸溶性ラクトフェリンの内臓脂肪低減効果とその作用メカニズムについて

    ifia/HFE JAPAN2021

    2021/5/12-5/14

    山口 翼

  • 洗浄化粧品

    第52回化粧品技術基礎講習会

    2021/2/15-2/19

    土岐 梨彩子

  • 足の汗・ニオイのトラブル実態と対応製品の開発

    FRAGRANCE JOURNAL 2020/3月号 No.477(Vol.48/No.3)

    2021/3/15

    長嶋 慎一

  • 「腸まで届ける ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」技術紹介~内臓脂肪低減メカニズムと腸溶コーティング技術~

    第9回ラクトフェリン学会学術集会

    2020/12/6

    満留 卓実

  • 家庭内・職場内感染を防ぐアイディア、手洗い・掃除

    日本油化学会第59回年会

    2020/11/2-11/7

    関根 由可里

  • アニオン性ポリマーの化粧品への応用

    COSMETIC STAGE Vol.15, No.1 2020

    2020/10/1

    佐野 智生

  • ほうれい線解消への口腔内からのアプローチ

    Cosmetic stage 14(6), 39-45, 2020-08

    2020/8/1

    遠藤 雄二郎

  • 肌を洗うということ

    第119回日本皮膚科学会総会

    2020/6/4-6/7

    浅野 ほたか

  • 腸溶性ラクトフェリンの内臓脂肪低減効果とその作用メカニズムについて

    ifia/HFE JAPAN 2020 ラクトフェリンフォーラム2020

    2020/4/20-4/22

    満留 卓実

  • ラクトフェリン腸溶剤による内臓脂肪の低減効果

    Functional Food 第37号(vol. 14 No.2)

    2020年

    村越 倫明、中村佳菜恵、小野知二 ライオン株式会社 研究開発本部

  • Enteric-coated lactoferrin decreases abdominal visceral fat in humans: a randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group study

    Jpn Pharmacol Ther 2020 : 48 : 1179-85

    2020年

    Satoko Sato 1), Mitsuru Nomura 1), Akira Uchiyama 1), Ikuo Fukuhara2)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2) Fukuhara Clinic, Eniwa,

  • Effects of Coexistent Components on the Antiperspirant Action of Aluminium Chlorohydrate

    J. Soc. Cosmet. Chem. Jpn. 55(1): 45─51

    2020年

    Tomoki Sano, Wataru Shirae, Yuriko Omoto, Shinichi Nagashima, Atsunori Morigaki, Yasushi Kakizawa, Takaki Ikenishi

    Research & Development Headquarters, Lion Corporation,

  • 化粧品使用時の情動変化を捉える表情解析を用いた経時評価手法の検討

    日本認知心理学会第18回大会

    2020年

    稲垣 英輔

  • Rooibos extract, containing eriodictyol-6-C-β-D-glucoside as the active component, stimulate the M3 muscarinic acetylcholine receptor

    The 7th International Conference on Food Factors

    2019/12/1-12/5

    岩井 崇郎

  • Influence of low-molecular-weight aggregates on aggregate growth kinetics and physical properties of solid-state proteins during storage

    Eur J Pharm Biopharm . 2020 Jan;146:10-18

    2019/11/16

    Takumi Mitsudome 1), Mitsutoshi Moribe 1),Yoshiyuki Obayashi 1), Akira Uchiyama 1),, Megumi Aono 1),

    1) Research & Development Headquarters, Lion Corporation,

  • ルイボスエキスのムスカリンM3受容体活性化作用とヒト乾燥緩和機能

    第29回日本口腔内科学会 合同学術大会

    2019/9/20-9/23

    岩井 崇郎

  • ルイボスエキスの乾燥緩和機能に関するin vivo作用機序検討

    第29回日本口腔内科学会 合同学術大会

    2019/9/20-9/23

    岩井 崇郎

  • ルイボスエキス含有食品による口、目、肌のヒト乾燥緩和機能

    第28回日本シェーグレン症候群学会学術大会

    2019/9/13-9/14

    岩井 崇郎

  • Novel effects of rooibos extract on tear and saliva secretion mediated by the muscarinic acetylcholine receptor 3 in mice

    Journal of Oral Biosciences Volume 61, Issue 3, September 2019, Pages 179-182

    2019/8/7

    Rieko Arakaki 1), Aya Ushio 1), Satoru Kisoda 1), Mami Sato 1), Yoshitaka Nakamura 2), Kanako Yuyama 2), Riho Tateyama 2), Satoru Morishita 2), Noriyuki Monoi 2), Yasusei Kudo 1), Naozumi Ishimaru 3)

    1)Department of Oral Molecular Pathology Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences, 2)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 3) Department of Oral Molecular Pathology Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences,

  • 機能性表示食品制度におけるスポーツ・運動分野の表示表現の拡大に向けた検証

    第19回日本抗加齢医学会総会

    2019/6/14-6/16

    野村 充

  • Rooibos (Aspalathus linearis) extract, containing eriodictyol-6-C-β-D-glucoside as the active component, stimulates exocrine glands via the M 3 muscarinic acetylcholine receptor

    Journal of Functional Foods Volume 55, April 2019, Pages 248-254

    2019/2/7

    Saori Nishimachi a),Takao Iwai a), Yoshitaka Nakamura a), Kanako Yuyama-Masuda a), Takuya Tsutsui a),Noriyuki Monoi a), Akira Uchiyama a),b), Seiji Nakamura c),

    a)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, b)Division of Oral Health, Growth, and Development, Faculty of Dental Science, Kyushu University, c)Section of Oral and Maxillofacial Oncology, Division of Maxillofacial Diagnostic and Surgical Sciences, Faculty of Dental Science, Kyushu University,

  • A new in vitro muscle contraction model and its application for analysis of mTORC1 signaling in combination with contraction and beta-hydroxy-beta-methylbutyrate administration

    BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND BIOCHEMISTRY 2019, VOL. 83, NO. 10, 1851–1857

    2019/1/4

    Satoko Sato 1), Mitsuru Nomura 1), Ikko Yamana 1), Akira Uchiyama 1), Yasuro Furuichi 2), Yasuko Manabe 2), Nobuharu L Fujii 2),

    1),Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 2),Department of Health Promotion Sciences, Graduate School of Human Health Sciences, Tokyo Metropolitan University ,

  • 頭皮・毛髪の洗浄技術について

    公益社団法人 日本毛髪科学協会

    2018/12/01

    廣島 俊輔

  • 女性ホルモン補充療法が髪に与える影響の定量的検討

    The Japan Society for Menopause and Women's Health

    2018/11/3-11/4

    遠藤 雄二郎

  • Effect of lactoferrin on energy expenditure enhancement in reprogrammed functional brown adipocytes

    25th International Conference of FFC

    2018/10/27-10/28

    中村 佳菜恵

  • Gene expression order attributed to genome reduction and the steady cellular state in Escherichia coli

    Front Microbiol. 2018; 9: 2255.

    2018/9/20

    Bei-Wen Ying1),2), Kazuma Yama 3)

    1)Institute of Biology and Information Science, East China Normal University 2)Faculty of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba 3)Research & Development Headquarters, Lion Corporation

  • 球形多孔質粒子に対するナノ粒子の被覆がその粒子膜上における水分乾燥挙動に及ぼす影響

    化学工学会第50回秋季大会

    2018/9/18-9/20

    中村 浩一郎

  • ラクトフェリンの脂質代謝改善機能と褐色脂肪細胞への作用

    FOOD STYLE21

    2018/08/01

    中村 佳菜恵

  • Beta-hydroxy-beta-methylbutyrate (HMB) augments muscle contraction-induced protein synthesis via mTORC1 signaling in cultured L6 myotubes

    the european sleep research society

    2018/4/21-4/25

    佐藤 聡子

  • 新規in vitro運動モデルの確立及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸(HMB)の作用メカニズム解析への応用

    日本農芸化学会2018年度大会

    2018/3/15-3/19

    佐藤 聡子

  • 女性ホルモンと毛髪

    公益社団法人 日本毛髪科学協会

    2018/03/01

    遠藤 雄二郎

  • The sleep enhancement supplement Japanese sake yeast improves skin quality in humans—A randomized, double-blind placebo-controlled clinical trial—

    薬理と治療 46巻6号, 997-1003 (2018)

    2018年

    永盛友樹

  • Anti-Obesity Effect of Lactoferrin; Subgroup Analysis Excluding Subjects with Obese and/or Hyper-LDL Cholesterolemia

    Immunology, Endocrine & Metabolic Agents in Medicinal Chemistry

    2018年

    Tomoji Ono 1), Michiaki Murakoshi 1), Akira Uchiyama 1)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation

  • The effects of carotenoids intake for improvement of cognitive functions in healthy adults: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials

    PROSPERO

    2018年

    水光 貴彦

  • 褐色脂肪細胞に対するラクトフェリンのエネルギー消費促進作用

    BioMetals

    2018年

    中村 佳菜恵

包装・容器

  • ライオンの容器開発における考え方と環境配慮の取組み

    日本印刷学会 技術委員会 グラビア印刷技術研究会
    グラビア研究会 第13回 ミニシンポジウム

    2021/11/10

    槇村 泰廣

  • 第59回 全日本包装技術研究大会 優秀発表賞
    「洗濯用プレ洗剤 新規シャワーキャップの開発」

    第59回全日本包装技術研究大会

    2021/12/2

    川西 俊輔

  • オフィス用歯磨きセット「MIGACOT」の開発

    第59回全日本包装技術研究大会

    2021/12/2

    原 浩喜

  • トイレタリーパウチの水平リサイクルを目指して

    石洗工 容器・廃棄物専門委員会

    2021/11/16

    本間 正洋

  • 企業の3R+Renewable取組事例

    市原市環境審議会

    2021/12/22

    大石 勇

  • 2020日本パッケージングコンテスト パッケージデザイン賞
    「MIGACOT(ミガコット)」

    2020年

  • 公益社団法人日本包装技術協会 第43回木下賞 研究開発部門
    「ルックプラス バスタブクレンジング」

    2019年

  • 2019日本パッケージコンテスト 【テクニカル包装賞】
    「ルックプラス バスタブクレンジング」

    2019年

  • 2019日本パッケージコンテスト 【トイレタリー包装部門賞】
    「キレイキレイ 薬用ハンドジェル」

    2019年

  • World Star Awards2020 主催:World Packaging Organization
    「ルックプラス バスタブクレンジング」

    2019年

製品プロセス

  • Comparison of oral metabolome profiles of stimulated saliva, unstimulated saliva, and mouth-rinsed water

    Scientific Reports

    2022/1/13

    Yuki Maruyama 1), Yuichiro Nishimoto 2), Kouta Umezawa 3), Ryosuke Kawamata 1),Yuko Ichiba 1), KotaTsutsumi 1), Mitsuo Kimura 1), Shinnosuke Murakami 2),4), Yasushi Kakizawa 1),Takashi Kumagai 3), TakujiYamada 2),5) & Shinji Fukuda 2),4),6),7)

    1)Research and Development Headquarters, Lion Corporation
    2)Metabologenomics, Inc., 3)Hiyoshi Oral Health Clinics,4)Institute for Advanced Biosciences,Keio University,5)Department of Life Science and Technology,6)Gut Environmental Design Group, Kanagawa Institute of Industrial Science and Technology, 7)
    Transborder Medical Research Center, University of Tsukuba,

  • Applying Methyl Ester Sulfonate(MES) to Liquid Detergent:Improving the Physical Properties of MES for the Manufacturing Process

    AOCS

    2021/5/28

    清水 一希

  • サーキュラーエコノミーを推進する化学工学 製造工程排水のリサイクル使用の取り組み

    化学工学会第52 回秋季大会招待講演

    2021/9/23

    西川 直樹

  • コンプレックスによる界面活性剤含有排水の処理検討

    第22回日本水環境学会シンポジウム

    2019/9/5-9/6

    清水 喜雄

  • New Methyl Ester Ethoxylate Derived from C18 Fraction of Palm Oil for Liquid Laundry Detergen

    2018 AOCS Annual Meeting & Expo

    2018/5/6-5/9

    常光 研徳

  • 特集:水再利用技術の最新動向「日用品の製造工程排水のリサイクル使用の取り組み」

    環境浄化技術 2018年5・6月号

    西川直樹

その他

  • 株式会社ハー・ストーリィ主催 女性のあした大賞(健康経営コース)
     「女性の健康課題解決のための企業ネットワーク・共通アンケートの構築によるリテラシー向上施策」

    株式会社ハー・ストーリィ主催 女性のあした大賞

    2021/12/8

    遠藤雄二郎

  • 社会変化に強い健康経営・働き方改革~健康経営week~

    社会的健康戦略研究所ウェビナー

    2020/7/27-7/31

    青野 恵

  • 第42回フレッシャーズ産業論文コンクールⅠ部優良賞 「最新チーム医療から考える企業の真の価値創出」

    2020年

    森田遥

  • 日刊工業新聞主催フレッシャーズ産業論文コンクール I部 第2席 「テレワークに学ぶ横並び志向からの脱却」

    2020年

    植村彩貴

  • 株式会社日刊工業新聞社 第41回フレッシャーズ産業論文コンクールⅠ部第2席受賞 「明日の企業を考える~仕事攻略・ゲームな世界~」

    2018/11/8

    澤田奎太

  • 公益社団法人 化学工学会 2018年度 化学工学会賞 フェロー表彰

    公益社団法人 化学工学会 2018年度

    (フェロー賞はこれまで学会に対して貢献した内容全てに対する褒章)

  • 第32回 粉体工業功績者表彰

    2018年

  • 2018年度(第50回)油脂産業論文 佳作 「油脂産業と薬学的技術の融合による油脂ヘルスケアコンソーシアム構築 ~100歳まで生き生きと働ける社会の実現へ向けて~」

    2018年

    丸山美由紀

Share