閉じる

カラダのケア

社会環境や生活環境が目まぐるしく変化し、価値観や生活様式の多様化が進んだことで、“自分らしい健康”への関心が高まっております。生活者ひとりひとりが感じる不調・不快に対して、生命科学や界面科学等を活用した幅広い製品の開発、基盤技術の構築で培われた研究技術力を結集し、誰もが「自分らしい健康や幸福」な状態を自然に前向きに維持できる、トータルヘルスケア製品やサービスの開発を進めています。

研究事例紹介

研究実績(カラダのケア)

  • 生活者の実態を捉えた毛髪評価方法

    第58回SCCJセミナー

    2022/2/8

    大石 泉

  • ウェルビーイングが持続可能な地方のまち・ひと・しごと創生のキーファクターに~地域課題解決の一筋の光を見出す愛媛の地域で取組むウェルビーイング経営の紹介~

    ウェルビーイング エキスポ&カンファレンス ​2021 Autumn

    2021/11/4-11/5

    市野瀬 拓也

  • 家庭内におけるウイルス接触伝播に着目したケア効果可視化の取り組み

    第53回洗浄に関するシンポジウム

    2021/10/12-10/15

    大竹 景子

  • 口・目・肌への乾燥(ドライシンドローム)対応素材と機能性表示食品開発

    食品開発展2021

    2021/10/6-10/8

    岩井 崇郎

  • 正しい手洗い、うがい、消毒の方法とその効果について

    第72回コロイドおよび界面化学討論会

    2021/9/15-9/21

    尾本 百合子

  • 保湿性と触感に優れたスキンケア洗浄剤の開発

    「肌荒れ手荒れ防止・保湿化粧品開発と最新技術」 講演

    2021/5/28

    鈴木 律裕

  • 腸溶性ラクトフェリンの内臓脂肪低減効果とその作用メカニズムについて

    ifia/HFE JAPAN2021

    2021/5/12-5/14

    山口 翼

  • 洗浄化粧品

    第52回化粧品技術基礎講習会

    2021/2/15-2/19

    土岐 梨彩子

  • 足の汗・ニオイのトラブル実態と対応製品の開発

    FRAGRANCE JOURNAL 2020/3月号 No.477(Vol.48/No.3)

    2021/3/15

    長嶋 慎一

  • 「腸まで届ける ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」技術紹介~内臓脂肪低減メカニズムと腸溶コーティング技術~

    第9回ラクトフェリン学会学術集会

    2020/12/6

    満留 卓実

  • 家庭内・職場内感染を防ぐアイディア、手洗い・掃除

    日本油化学会第59回年会

    2020/11/2-11/7

    関根 由可里

  • アニオン性ポリマーの化粧品への応用

    COSMETIC STAGE Vol.15, No.1 2020

    2020/10/1

    佐野 智生

  • ほうれい線解消への口腔内からのアプローチ

    Cosmetic stage 14(6), 39-45, 2020-08

    2020/8/1

    遠藤 雄二郎

  • 肌を洗うということ

    第119回日本皮膚科学会総会

    2020/6/4-6/7

    浅野 ほたか

  • 腸溶性ラクトフェリンの内臓脂肪低減効果とその作用メカニズムについて

    ifia/HFE JAPAN 2020 ラクトフェリンフォーラム2020

    2020/4/20-4/22

    満留 卓実

  • ラクトフェリン腸溶剤による内臓脂肪の低減効果

    Functional Food 第37号(vol. 14 No.2)

    2020年

    村越 倫明、中村佳菜恵、小野知二 ライオン株式会社 研究開発本部

  • Enteric-coated lactoferrin decreases abdominal visceral fat in humans: a randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group study

    Jpn Pharmacol Ther 2020 : 48 : 1179-85

    2020年

    Satoko Sato 1), Mitsuru Nomura 1), Akira Uchiyama 1), Ikuo Fukuhara2)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2) Fukuhara Clinic, Eniwa,

  • Effects of Coexistent Components on the Antiperspirant Action of Aluminium Chlorohydrate

    J. Soc. Cosmet. Chem. Jpn. 55(1): 45─51

    2020年

    Tomoki Sano, Wataru Shirae, Yuriko Omoto, Shinichi Nagashima, Atsunori Morigaki, Yasushi Kakizawa, Takaki Ikenishi

    Research & Development Headquarters, Lion Corporation,

  • 化粧品使用時の情動変化を捉える表情解析を用いた経時評価手法の検討

    日本認知心理学会第18回大会

    2020年

    稲垣 英輔

  • Rooibos extract, containing eriodictyol-6-C-β-D-glucoside as the active component, stimulate the M3 muscarinic acetylcholine receptor

    The 7th International Conference on Food Factors

    2019/12/1-12/5

    岩井 崇郎

  • Influence of low-molecular-weight aggregates on aggregate growth kinetics and physical properties of solid-state proteins during storage

    Eur J Pharm Biopharm . 2020 Jan;146:10-18

    2019/11/16

    Takumi Mitsudome 1), Mitsutoshi Moribe 1),Yoshiyuki Obayashi 1), Akira Uchiyama 1),, Megumi Aono 1),

    1) Research & Development Headquarters, Lion Corporation,

  • ルイボスエキスのムスカリンM3受容体活性化作用とヒト乾燥緩和機能

    第29回日本口腔内科学会 合同学術大会

    2019/9/20-9/23

    岩井 崇郎

  • ルイボスエキスの乾燥緩和機能に関するin vivo作用機序検討

    第29回日本口腔内科学会 合同学術大会

    2019/9/20-9/23

    岩井 崇郎

  • ルイボスエキス含有食品による口、目、肌のヒト乾燥緩和機能

    第28回日本シェーグレン症候群学会学術大会

    2019/9/13-9/14

    岩井 崇郎

  • Novel effects of rooibos extract on tear and saliva secretion mediated by the muscarinic acetylcholine receptor 3 in mice

    Journal of Oral Biosciences Volume 61, Issue 3, September 2019, Pages 179-182

    2019/8/7

    Rieko Arakaki 1), Aya Ushio 1), Satoru Kisoda 1), Mami Sato 1), Yoshitaka Nakamura 2), Kanako Yuyama 2), Riho Tateyama 2), Satoru Morishita 2), Noriyuki Monoi 2), Yasusei Kudo 1), Naozumi Ishimaru 3)

    1)Department of Oral Molecular Pathology Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences, 2)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 3) Department of Oral Molecular Pathology Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences,

  • 機能性表示食品制度におけるスポーツ・運動分野の表示表現の拡大に向けた検証

    第19回日本抗加齢医学会総会

    2019/6/14-6/16

    野村 充

  • Rooibos (Aspalathus linearis) extract, containing eriodictyol-6-C-β-D-glucoside as the active component, stimulates exocrine glands via the M 3 muscarinic acetylcholine receptor

    Journal of Functional Foods Volume 55, April 2019, Pages 248-254

    2019/2/7

    Saori Nishimachi a),Takao Iwai a), Yoshitaka Nakamura a), Kanako Yuyama-Masuda a), Takuya Tsutsui a),Noriyuki Monoi a), Akira Uchiyama a),b), Seiji Nakamura c),

    a)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, b)Division of Oral Health, Growth, and Development, Faculty of Dental Science, Kyushu University, c)Section of Oral and Maxillofacial Oncology, Division of Maxillofacial Diagnostic and Surgical Sciences, Faculty of Dental Science, Kyushu University,

  • A new in vitro muscle contraction model and its application for analysis of mTORC1 signaling in combination with contraction and beta-hydroxy-beta-methylbutyrate administration

    BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND BIOCHEMISTRY 2019, VOL. 83, NO. 10, 1851–1857

    2019/1/4

    Satoko Sato 1), Mitsuru Nomura 1), Ikko Yamana 1), Akira Uchiyama 1), Yasuro Furuichi 2), Yasuko Manabe 2), Nobuharu L Fujii 2),

    1),Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 2),Department of Health Promotion Sciences, Graduate School of Human Health Sciences, Tokyo Metropolitan University ,

  • 頭皮・毛髪の洗浄技術について

    公益社団法人 日本毛髪科学協会

    2018/12/01

    廣島 俊輔

  • 女性ホルモン補充療法が髪に与える影響の定量的検討

    The Japan Society for Menopause and Women's Health

    2018/11/3-11/4

    遠藤 雄二郎

  • Effect of lactoferrin on energy expenditure enhancement in reprogrammed functional brown adipocytes

    25th International Conference of FFC

    2018/10/27-10/28

    中村 佳菜恵

  • Gene expression order attributed to genome reduction and the steady cellular state in Escherichia coli

    Front Microbiol. 2018; 9: 2255.

    2018/9/20

    Bei-Wen Ying1),2), Kazuma Yama 3)

    1)Institute of Biology and Information Science, East China Normal University 2)Faculty of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba 3)Research & Development Headquarters, Lion Corporation

  • 球形多孔質粒子に対するナノ粒子の被覆がその粒子膜上における水分乾燥挙動に及ぼす影響

    化学工学会第50回秋季大会

    2018/9/18-9/20

    中村 浩一郎

  • ラクトフェリンの脂質代謝改善機能と褐色脂肪細胞への作用

    FOOD STYLE21

    2018/08/01

    中村 佳菜恵

  • Beta-hydroxy-beta-methylbutyrate (HMB) augments muscle contraction-induced protein synthesis via mTORC1 signaling in cultured L6 myotubes

    the european sleep research society

    2018/4/21-4/25

    佐藤 聡子

  • 新規in vitro運動モデルの確立及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸(HMB)の作用メカニズム解析への応用

    日本農芸化学会2018年度大会

    2018/3/15-3/19

    佐藤 聡子

  • 女性ホルモンと毛髪

    公益社団法人 日本毛髪科学協会

    2018/03/01

    遠藤 雄二郎

  • The sleep enhancement supplement Japanese sake yeast improves skin quality in humans—A randomized, double-blind placebo-controlled clinical trial—

    薬理と治療 46巻6号, 997-1003 (2018)

    2018年

    永盛友樹

  • Anti-Obesity Effect of Lactoferrin; Subgroup Analysis Excluding Subjects with Obese and/or Hyper-LDL Cholesterolemia

    Immunology, Endocrine & Metabolic Agents in Medicinal Chemistry

    2018年

    Tomoji Ono 1), Michiaki Murakoshi 1), Akira Uchiyama 1)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation

  • The effects of carotenoids intake for improvement of cognitive functions in healthy adults: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials

    PROSPERO

    2018年

    水光 貴彦

  • 褐色脂肪細胞に対するラクトフェリンのエネルギー消費促進作用

    BioMetals

    2018年

    中村 佳菜恵

Share