閉じる

分析に関する技術

お客様に信頼性の高い製品を提供するためには、製品や素材などを分析して評価することが重要です。ライオンが長年にわたり蓄積してきた微生物・化学分析など、幅広い研究分野の分析技術を結集し、身の回りで起きている様々な現象の本質的な解明を行っています。また、近年では社外の研究機関との連携や先進的な解析技術、AI予測技術を取り入れ、当社独自の技術や知見と融合させることで、新しい価値の創出にも努めています。

研究実績(分析に関する技術)

  • 第48回年次大会 日本防菌防黴学会 ポスター賞 
    「溶剤の殺菌効果解析 ―界面活性剤組成系での効果―」

    第48回年次大会日本防菌防黴学会年次大会

    2021/9/8-9/9

    中島 敬祐

  • トイレタリー製品の開発における質量分析の役割 ~臭気成分分析を事例として~

    第47回BMSコンファレンス(BMS2020/2021)

    2021/7/12-7/14

    筒井 拓也

  • 原子間力顕微鏡(AFM)を用いた歯科医院向け製品のコミュニケーション拡大業務への貢献

    第81回分析化学討論会

    2021/5/22-5/23

    橋本 遼太

  • 微生物の基礎知識と抗菌・抗ウイルス対策の紹介

    繊維製品技術研究会(ATTS)第208回関東情報研究分科会

    2020/10/16

    戸部 聖一

  • LC-MS技術を利用した機能性表示食品開発業務への貢献

    第80回分析化学討論会

    2020/5/23-5/24

    佐藤 惇志

Share