閉じる

メディカルケア

セルフメディケーションの伸展を背景に多様化する生活者の健康ニーズに対応して、常に、独自技術の活用による高機能製品の開発をしています。これまでに、有効成分を速く溶かす独自の技術を生かした「バファリン」、ビタミンAの安定配合技術を活用したビタミンA配合点眼剤「スマイル」や、高分子技術を活用し、肌に優しく高粘着を実現した外用消炎鎮痛剤「ハリックス」、口腔内速崩壊錠技術を駆使し"どこでも水なし1錠"を実現した下痢止め薬「ストッパ」等のオンリーワン製品を開発してきました。今後も、更に独自性の高い技術に基づいた製品開発を積極的に行っていきます。

医薬品へのアクセス拡大を目指して

OTC医薬品を提供する企業として、世界の様々な国へ事業を展開し、医薬品へのアクセスを拡大することは重要な役割であると考えています。R&Dやマーケティングを含む様々なリソースを有効活用し、事業拡大を目指していきます。

研究事例紹介

研究実績(メディカルケア)

  • アセトアミノフェンによるNSAIDs起因性小腸傷害の抑制と細菌叢の関係性解明

    第49回日本潰瘍学会

    2022/2/11-2/13

    會田 悠人

  • Alteration in meibum lipid composition and subjective symptoms due to aging and meibomian gland dysfunction

    The Ocular Surface

    2021/10/16

    Tomo Suzuki a),b),Koji Kitazawa a), Yuko Cho a),b), Masataka Yoshida c), Takashi Okumura c), Atsushi Sato c), Shigeru Kinoshita d)

    a) Department of Ophthalmology, Kyoto Prefectural University of Medicine b) Department of Ophthalmology, Kyoto City Hospital Organization c) Research and Development Headquarters, Lion Corporation, d) Department of Frontier Medical Science and Technology for Ophthalmology, Kyoto Prefectural University of Medicine

  • ロキソプロフェンナトリウム水和物を用いた、投与経路の違いによる疼痛関連組織への薬物到達挙動の比較

    第54回日本薬剤師会学術大会

    2021/9/19-9/20

    工藤 康史

  • イブプロフェン起因性小腸傷害に対するアセトアミノフェンの有用性

    日本消化器病学会雑誌 2021 年 118 巻 9 号 p. 840-850

    2021/9/10

    北原 美優, 坂本 裕樹, 木村 龍人, 関 桂子

  • Improvement of Evaporative Dry Eye with Meibomian Gland Dysfunction in Model Mice by Treatment with Ophthalmic Solution Containing Mineral Oil

    Translational Vision Science & Technology April 2021, Vol.10, 21.

    2021/4/20

    Keisuke Watanabe 1), Masataka Yoshida 1), Takashi Okumura 1), Takayuki Sassa 2), Akio Kihara 2), Akira Uchiyama 1) 1) Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Laboratory of Biochemistry, Faculty of Pharmaceutical Sciences

  • アセトアミノフェンによるNSAIDs起因性小腸粘膜傷害抑制メカニズムの検討

    第107回 日本消化器病学会 総会

    2021/4/15-4/17

    関  桂子

  • アセトアミノフェンによるイブプロフェン起因性小腸粘膜傷害抑制と細菌叢の関連性解明

    第107回日本消化器病学会総会

    2021/4/15-4/17

    會田 悠人

  • 緊張型頭痛のマウスモデルを⽤いたOTC解熱鎮痛成分の薬効⽐較

    第48回日本頭痛学会総会

    2020/11/7-11/8

    小川 侑記

  • Effects of Benzalkonium Chloride and Preservative-Free Composition on the Corneal Epithelium Cells

    Journal of Ocular Pharmacology and TherapeuticsVol. 36, No. 9

    2020/11/5

    Kyohei Kabashima 1), Akira Murakami 2), Nobuyuki Ebihara 3)

    1) Lion Corporation Odawara Research Center, 2)Department of Ophthalmology, Juntendo University Graduate School of Medicine,3)Department of Ophthalmology, Juntendo University Urayasu Hospital,

  • タイトジャンクション構成タンパク質の慢性的な発現低下を呈するラット機能性ディスペプシアモデルの作成

    日本潰瘍学会

    2020/7/20

    釣  真由美 1)、早川 拓也 1) )ライオン株式会社 研究開発本部

  • Mechanism of aspirin-induced inhibition on the secondary hyperalgesia in osteoarthritis model rats

    Heliyon, Volume 6, Issue 5, May 2020,

    2020/5/24

    Mizuho Niibori 1),Yasushi Kudo 1),Takuya Hayakawa 1), Keiko Ikoma-Seki Ryosuke Kawamata 1), Atsushi Sato 1), Kazue Mizumura 2),3)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2) Department of Physiology, Nihon University School of Dentistry, 3) College of Life and Health Sciences, Chubu University,

  • The Effect of Nonpolar Lipids in Meibum on Stability of Tear Film Lipid Layer against Compression-Expansion Cycles

    Journal of Oleo Science. 2020 年 69 巻 5 号 p. 429-436

    2020/2/4

    Masataka Yoshida 1), Masato Yamaguchi 2) Atsushi Sato 1) , Miyuki Miyake 1) , Nobuhito Tabuchi 1) , Ryo Kon 1) , and Ken-ichi Iimura 3)

    1) Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Department of Material and Environmental Chemistry, Graduate School of Engineering, Utsunomiya University, 3) Division of Engineering and Agriculture, Graduate School of Regional Development and Creativity, Utsunomiya University,

  • Nonsteroidal anti-inflammatory drugs and acetaminophen ameliorate muscular mechanical hyperalgesia developed after lengthening contractions via cyclooxygenase-2 independent mechanisms in rats

    PLoS One. 2019 Nov 6;14(11):

    2019/11/6

    Tetsuhiro Shimodaira 1), Shigeo Mikoshiba 1), Toru Taguchi 2), 3)

    1)Lion Corporation, 2)Department of Physical Therapy, Niigata University of Health and Welfare, 3)Institute for Human Movement and Medical Sciences, Niigata University of Health and Welfare,

  • ラット炎症性疼痛モデルにおける痛みの程度・服用タイミングによるアスピリンの鎮痛効果の検討

    YAKUGAKU ZASSHI 140, 91・97 (2020)

    2019/10/25

    北原 美優、関 桂子、翠川 辰行、有田 淳哉、内山 章

  • A thin layer of sucrose octasulfate protects esophageal mucosal epithelium against reflux esophagitis

    AAPS PharmSci360

    2018/11/4-11/7

    早川 拓也

  • Acetylsalicylic acid and conventional NSAIDs ameliorate muscular mechanical hyperalgesia through mechanisms other than COX-2 inhibition

    IASP (International Association for the Study of Pain)

    2018/9/12-9/16

    下平 哲大

  • Acetylsalicylic acid and loxoprofen ameliorate secondary hyperalgesia through mechanisms other than COX-2 inhibition in a rat model of osteoarthritis

    IASP (International Association for the Study of Pain)

    2018/9/12-9/16

    工藤 康史

  • 涙液油層モデル膜の構造および物性に対する構成成分の役割の検討—非極性脂質と極性脂質が涙液油層の安定性に及ぼす影響

    第69回コロイドおよび界面化学討論会

    2018/9/18-9/20

    吉田 雅貴

  • ビタミンAとドライアイ

    食と医療(講談社)

    2018/09/01

    田淵 照人

  • 膝OAモデルラットにおけるアスピリンの2次痛覚過敏抑制機序の解析 —ASIC3, グリア細胞に対する作用の検討—

    第40回日本疼痛学会

    2018/6/15-6/16

    新堀 瑞穂

  • マイボーム腺機能不全患者のマイボーム脂質と眼疲労の関連性

    第123回日本眼科学会総会

    2018/4/18-4/21

    吉田 雅貴

  • 加齢およびマイボーム腺機能不全によるマイボーム腺脂質組成の変化

    第123回日本眼科学会総会

    2018/4/18-4/21

    吉田 雅貴

  • 飽和非極性脂質が涙液油層安定性に及ぼす影響

    日本化学会第98春季年会

    2018/3/20-3/23

    吉田 雅貴

  • 圧縮-膨張サイクルにおけるモデル涙液油層膜の構造解析

    日本化学会第98春季年会

    2018/3/20-3/23

    吉田 雅貴

  • NSAIDs誘発胃傷害に対する制酸剤作用の比較

    日本潰瘍学会

    2018年

    工藤 康史

  • 日本農芸化学会 2018年度大会 トピックス賞 「新規in vitro運動モデルの確立及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸(HMB)の作用メカニズム解析への応用」

    日本農芸化学会 2018年度大会

    2018/3/16

    ○佐藤 聡子 1)、高村 裕介 1)、山名 一綱 1)、野村 充 1)、内山 章 1)、古市 泰郎 2)、眞鍋 康子 2)、藤井 宣晴 2)

    1)ライオン株式会社 研究開発本部、2)首都大学東京 人間健康科学研究科

  • 一般財団法人油脂工業会館、平成30年度(第62回)油脂技術論文 優秀賞受賞 「脂溶性ビタミンナノエマルションのジャイアントユニラメラベシクル(GUV)と角膜上皮細胞における膜透過」

    三宅 深雪 1), 栗岡 昌利 1), 高木 正宏 2)

    1)ライオン株式会社,2)北陸先端化科学技術大学院大学

Share