閉じる

口腔に関する技術

「食べる」、「話す」、「笑う」。 快適で豊かな生活を送るために、お口の役割は大変重要です。生活者のQOL(Quality of Life)向上を目指し、ライオンは、100年以上にわたり蓄積してきた口腔科学の研究成果をさらに発展させ、非破壊手法のムシ歯診断、分子細胞学に基づく歯肉炎症制御、独自のバイオフィルムモデルを用いた細菌制御などの研究を行っています。また近年では、社外の研究機関との共同研究などを進め、口腔内環境が全身健康に与える影響を解明しつつあります。われわれは、口腔科学を中心に社内外の幅広い技術を融合し、オーラルケア製品から食品・医薬品まで含めた新しい価値の創出に努めています。

研究事例紹介

研究実績(口腔科学)

  • Age-related deterioration of the human dentin

    International Association for Dental Research(IADR)

    2022/6/20-6/25

    赤羽 千佳

  • Inhibitory effects of toothpaste and mouthwash ingredients on SARS-CoV-2 infection in vitro

    European Federation of Periodontology 10th

    2022/6/15-6/18

    堤 康太

  • 唾液中コルチゾールを検出するEIS型バイオセンサの開発

    第69回 応用物理学会 春季学術講演会

    2022/3/22-3/26

    丸山 由貴

  • Comparison of oral metabolome profiles of stimulated saliva, unstimulated saliva, and mouth-rinsed water

    Scientific Reports 2022 12, Article number:689

    2022/1/13

    Yuki Maruyama 1), Yuichiro Nishimoto 2), Kouta Umezawa 3), Ryosuke Kawamata 1),Yuko Ichiba 1), KotaTsutsumi 1), Mitsuo Kimura 1), Shinnosuke Murakami 2),4), Yasushi Kakizawa 1),Takashi Kumagai 3), TakujiYamada 2),5) & Shinji Fukuda 2),4),6),7)

    1)Research and Development Headquarters, Lion Corporation 2)Metabologenomics, Inc., 3)Hiyoshi Oral Health Clinics,4)Institute for Advanced Biosciences,Keio University,5)Department of Life Science and Technology,6)Gut Environmental Design Group, Kanagawa Institute of Industrial Science and Technology, 7) Transborder Medical Research Center, University of Tsukuba,

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する歯磨剤の不活化効果とそのメカニズム解明

    第80回日本公衆衛生学会総会

    2021/12/21-12/23

    関根 由可里

  • A cross-sectional study of relationships between periodontal disease and general health: The Hitachi Oral Healthcare Survey

    BMC Oral Health

    2021/12/15

    Shinsuke Kataoka 1), Mitsuo Kimura 1),Tsuguno Yamaguchi 1), Kenji Egashira 1),Yu Yamamoto, Yasushi Koike 1),Yuki Ogawa 1), Chika Fujiharu 2), Toshiko Namai 2), Kanako Taguchi 2), Momoko Takahashi 2), Asami Kameda 2), Tomoka Kasen 2),Asami Hano 2), Konomi Kubota 2),Masayuki Sato 1), Hiroaki Yamaga 1), Kaori Nohara 2), Mikiko Shirasawa 2), Chika Sekine 2), Maki Fukuda 2), Arisa Aoki 2),Yurina Takeuchi 2), Misaki Mugiyama 2), Kenta Mori 4), Keigo Sawada 4) Yoichiro Kashiwagi 4), Masahiro Kitamura 4), Takeshi Hayashi 3),Tohru Nakagawa 3), Shinya Murakami 4)

    1)Research & Development Head Quarters, LION Corporation,2)The LION Foundation for Dental Health (Public Interest Incorporated Foundation), 3)Hitachi Health Care Center, Hitachi Limited,4)Faculty of Dentistry, Osaka University,

  • 新規口腔内フッ化物滞留徐放制御技術の検討

    日本歯科保存学会2021年度秋季学術大会

    2021/10/28-11/10

    小野 真一

  • まがる・おれない安全歯ブラシはなぜ折れずに磨けるか?~子供の喉突き事故を防ぎたい想いが産んだ、歯ブラシに隠された秘密~

    日本小児歯科学会第36回関東地方会大会・総会

    2021/10/17-10/23

    蜂須賀 良祐

  • 薬用歯磨剤有効成分におけるRANKL誘導性破骨細胞分化への影響解析

    第64回秋季日本歯周病学会

    2021/10/15-10/16

    山本 悠

  • 次世代シークエンサーを用いた出生から生後36か月までの主要な口腔細菌推移の解析

    第63回歯科基礎医学会学術大会

    2021/10/9-10/11

    山 和馬

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子TMPRSS2活性に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    第63回歯科基礎医学会学術大会

    2021/10/9-10/11

    牧野 莉帆

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子Sタンパク-ACE2結合に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    第63回歯科基礎医学会学術大会

    2021/10/9-10/11

    柚鳥 眞里

  • The inhibitory effects of toothpaste and mouthwash ingredients on SARS-CoV-2 spike protein-ACE2 interaction, and TMPRSS2 protease activity in vitro

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry

    2021/10/1-10/3

    岩本 拓

  • The Usefulness of an Oral-Health Promotion Program on Japanese Working-Age Population: A Pilot Study.

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry

    2021/10/1-10/3

    青山 薫英

  • Oral care product flavors may prevent respiratory tract infections through promoting airway mucosal clearance

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry

    2021/10/1-10/3

    小池 泰志

  • Potential role of oral care practices in preventing SARS-CoV-2 infection in the era of the “new normal”

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry

    2021/10/1-10/3

    堤 康太

  • The inhibitory effects of toothpaste and mouthwash ingredients on the interaction between the SARS-CoV-2 spike protein and ACE2, and the protease activity of TMPRSS2, in vitro

    PLOS ONE

    2021/9/17

    Riho Tateyama-Makino 1), Mari Abe-Yutori 1), Taku Iwamoto 1) , Kota Tsutsumi 1), Motonori Tsuji 2) ,Satoru Morishita 1), Kei Kurita 1), Yukio Yamamoto 1), Eiji Nishinaga 1),Keiichi Tsukinoki 3)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Institute of Molecular Function 3)Division of Environmental Pathology, Department of Oral Science, Kanagawa Dental University

  • Material design of intelligent plastic products with sound generation function due to snap-through buckling

    Engineering Research Express, Vol.3 (2021) 015006

    2021/5/11

    Ryosuke Hachisuka1),2), Reona Noda 2), Masayuki Yamaguchi 1)

    1)School of Materials Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology, 2) Research & Development Headquarters,Lion Corporation,

  • 一般地域住民の口腔清掃習慣と口臭に関する実態調査

    第18回日本口腔ケア学会総会

    2021/4/17-4/18

    内山 千代子

  • 新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)感染関連因子Sタンパク-ACE2結合に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    日本化学会 第101春季年会 (2021)

    2021/3/19-3/21

    柚鳥 眞里

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子TMPRSS2活性に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    日本化学会 第101春季年会 (2021)

    2021/3/19-3/21

    牧野 莉帆

  • The effect of aging on the nanostructure of murine alveolar bone and dentin

    Journal of Bone and Mineral Metabolism volume 39, pages757–768 (2021)

    2021/3/11

    Chika Akabane 1),2), Silvia Pabisch 2) , Wolfgang Wagermaier 2), Andreas Roschger 2),3) , Norio Tobori 1), Tomomichi Okano 1). Shinya Murakami 4), Peter Fratzl 2), Richard Weinkamer 2)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Department of Biomaterials, Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Potsdam, Germany, 3)Department of Chemistry and Physics of Materials, Paris-Lodron-University of Salzburg, Salzburg, Austria, 4)Department of Periodontology, Graduate School of Dentistry, Osaka University, Osaka, Japan

  • Comparison of oral microbiome profiles in 18-month-old infants and their parents

    Scientific Reports volume 11:861 (2021)

    2020/1/13

    Ryutaro Jo, Kazuma Yama, Yuto Aita, Kota Tsutsumi, Chikako Ishihara, Masato Maruyama, Eiji Nishinaga & Ken-ichiro Shibasaki
    Research and Development Headquarters, Lion Corporation,

  • 各種飲料による象牙質の着色性・除去性に関する基礎的研究

    第70回日本口腔衛生学会・総会

    2020年

    岩崎 彩佳

  • クリニカNEXT STAGEハブラシの開発

    月刊誌「包装技術」2020年12月号

    2020/12/1

    野田玲央奈,川崎静香,蜂須賀良祐

  • 職域における受診者の口腔保健行動変容と口腔健康を促す啓発一体型健診の有用性

    第79回日本公衆衛生学会総会

    2020/10/20-10/22

    林  滉一朗

  • ピロリン酸Naの作用によるステイン除去メカニズムに関する研究

    第31回日本歯科審美学会

    202010/3-10/4

    橋本 遼太

  • 口臭ケアサポートアプリ RePEROの開発

    第71回コロイドおよび界面化学討論会

    2020/9/13-9/16

    岡  謙吾

  • セルフケア用品「フッ化物配合歯磨剤」の機能と有用性

    関東甲信越歯科医療管理学会第26回学術大会

    2020/9/13

    柴崎 顕一郎

  • Reachability beyond the last molar and dental plaque removal ability of markedly thin-headed, slim-necked toothbrushes

    第3回国際口腔護理学術討論会

    2020/7/21-7/24

    木本 雄也

  • 乳酸アルミニウム及びカチオン化セルロース配合歯磨剤の象牙細管封鎖効果

    日本歯科保存学会2020年度春季学術大会(第152回)

    2020/6/11-6/12

    小田 理加

  • オウバク抽出物はRANKL誘導性破骨細胞分化を抑制する

    第63回春季日本歯周病学会学術大会

    2020/5/29-5/30

    江頭 健二

  • 歯みがきナビゲーションを特長とする新子供用IoT歯ブラシの清掃力に関する研究

    第58回 日本小児歯科学会大会

    2020/5/20-5/21

    佐竹 茉以

  • Gingiva-specific Collagen Gene Regulation by Oxidative Stress

    国際歯科研究学会議(IADR)

    2020/3/18-3/21

    山口 継乃

  • Fluoride and Caries Prevention

    東京医科歯科大学 大学院特別講義

    2020/3/11

    西永 英司

  • ピロリドンカルボン酸配合歯磨剤による象牙質の脱灰抑制効果・コラーゲン分解抑制効果の検討

    日本歯科保存学雑誌, 2019, 62 巻, 6 号, p. 286-295

    2020/1/7

    石井 志織, 今﨑 麻里, 石動 更, 藤川 晴彦, 福田 康, 西永 英司
    ライオン株式会社 研究開発本部

  • 令和2年度関東地方発明表彰「発明奨励賞」
    特許:6591988(使用者の口腔の損傷を抑制可能な歯ブラシ)
    特許応用製品:クリニカKid’s ハブラシ 0-2才用、3-5才用

    2020年

    蜂須賀 良祐

  • Asian Pacific Society of Periodontology Meeting 2019 Poster presentation competition Lab research 1st Prize 「Effects of pyrrolidone carboxylic acid on dentin collagen degradation and demineralization」

    2020年

    石井志織

  • Comparison of oral bacterial profiles in stimulated and unstimulated saliva, tongue, and mouth-rinsed water.

    Scientific Reports 2019 Nov. 9, Article number: 16124

    2019/11/6

    Ryutaro Jo 1), Yuichiro Nishimoto 2), Kouta Umezawa 3), KazumaYama 1), YutoAita 1), Yuko Ichiba 1), Shinnosuke Murakami 2),4), Yasushi Kakizawa 1), Takashi Kumagai 3), Takuji Yamada 2),5),6) Shinji Fukuda 2),4),6),7),8)

    1)Research and Development Headquarters, 2)Metabologenomics, Inc.,3)Hiyoshi Oral Health Clinics. ,4)Institute for Advanced Biosciences, Keio University,5)Department of Life Science and Technology, Tokyo Institute of Technology, 6)PRESTO, Japan Science and Technology Agency,8)Intestinal Microbiota Project, Kanagawa Institute of Industrial Science and Technology, 8)Transborder Medical Research Center, University of Tsukuba,

  • Direct-to-consumer genetic testing data identified the possible risk markers associated with the oral cavity health among Japanese subjects.

    American Society of Human Genetics

    2019/10/15-10/19

    森下 聡

  • Improvement of Mechanical Toughness of Polypropylene by Laminating with Elastomer

    Journal of Polymer Research volume 26, Article number: 246 (2019)

    2019/9/12

    Ryosuke Hachisuka 1)2), Toshiaki Kobayashi 3), Masayuki Yamaguchi 2)

    1)School of Materials Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology,2)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 3)The Lion Foundation for Dental Health, (Public Interest Incorporated Foundation)

  • A New Method to Speculate Halitosis Level Using Machine Learning

    国際歯科研究学会議(IADR)

    2019/6/19-6/22

    道林 千晶

  • 令和元年度日本歯周病学会会誌賞(基礎分野)
    「Lactoferrinはヒト歯肉線維芽細胞において細胞増殖と創傷治癒を促進する ―in vitro 研究」

    日本歯周病学会会誌 2019 年 61 巻 1 号 p. 18-27

    2019/03/29

    鈴木 苗穂

  • A thin layer of sucrose octasulfate protects the oesophageal mucosal epithelium in reflux oesophagitis

    Scientific Reports 2019 9, Article number:3559

    2019/3/5

    Takuya Hayakawa 1), Shizuka Kawasaki 1), Yutaka Hirayama 1),TakuyaTsutsui 1), Eiji Sugiyama 2), KiyoAdachi 1), Ryo Kon 1), Makoto Suematsu 2), Yuki Sugiura 2)

    1)Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2)Department of Biochemistry, Keio University School of Medicine,

  • 歯周病予防におけるホストケアの重要性とビタミンEの作用について

    第149回日本歯科保存学会秋季学術大会

    2018/11/1

    柚鳥 眞里

  • 歯周病口臭に対するグルコン酸銅の有効性検討

    第61回秋季日本歯周病学会学術大会

    2018/10/26-10/27

    高橋 雅人

  • ビタミンEの歯周組織修復作用について

    第61回秋季日本歯周病学会学術大会

    2018/10/26-10/27

    柚鳥 眞里

  • ヒト3次元培養表皮モデルを用いたビタミンEの吸収性検討

    第61回秋季日本歯周病学会学術大会

    2018/10/26-10/27

    小島 和晃

  • オーラルケア製品の科学

    第60回歯科基礎医学会学術大会

    2018/9/5-9/7

    柚鳥 眞里

  • ポリアクリル酸ナトリウムのin vitro歯周病バイオフィルムモデルに対する有効性評価

    第61回春季日本歯周病学会学術大会

    2018/6/1-6/2

    川延 勇介

  • 乳幼児期の口腔細菌叢の解析

    第91回日本細菌学会総会

    2018/3/27-3/29

    城  隆太郎

  • 第2回国際口腔護理学術討論会 優秀科技論文 一等奨
    「デキストラナーゼ酵素配合歯磨剤によるモデル口腔内歯垢の分解除去」

    第2回国際口腔護理学術討論会

    2018/4/12

    ライオン株式会社 青木優子、飯泉剛太郎、野村安雄、柴崎顕一郎
    獅王日用化工(青島)有限公司 研究部 刘婧、李德豹、安丰宝
    中国科学院理化技術研究所 抗菌材料試験センター 郑苏江

Share