閉じる

Vision2030

中長期経営戦略フレーム「Vision2030」

企業が果たすべき社会的な役割、責任が一層増加してきている中、事業を通じて社会課題の解決に貢献し続ける企業への進化を加速させるため、中長期経営戦略フレーム「Vision2030」を策定しました。

「Vision2030」策定の背景

当社グループは「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」をパーパス(存在意義)とし、人々の健康で快適、清潔・衛生的な暮らしの実現およびサステナブルな社会への貢献に向け、企業活動を進めてまいりました。

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受け、手洗いやうがいなど「毎日の生活習慣」が人々の心と身体の健康に大きな役割を果たしていることが改めて強く認識されています。また、国内をはじめ海外でも高齢化が進行しており、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上や健康寿命の延伸などヘルスケアに対するニーズは益々高まることが予想される中、人々の毎日の暮らしと密接に関わる当社グループの社会的な使命は、今後一層大きくなると考えています。

このような環境下、当社グループは、パーパスにもとづく活動の実践を通じて、常に社会およびお客様から必要とされる企業であり続けるために、変革を加速させることが必要であると考え、中長期経営戦略フレーム「Vision2030」を策定いたしました。

「Vision2030」について

中長期経営戦略フレーム「Vision2030」は、パーパスを起点として、2030年に向けた経営ビジョンとそれを実現するための経営戦略からなります。

経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」

当社グループは、ライオンだからこそできるヘルスケア=より良い習慣づくりを進化、発展させることで、サステナブルな社会に貢献し、企業価値の向上を目指します。

経営ビジョン実現に向けた経営戦略

(1)3つの成長戦略の推進

  1. 4つの提供価値領域における成長加速
  2. 成長に向けた事業基盤への変革
  3. 変革を実現するダイナミズムの創出

上記を推進することで、事業成長を加速させます。

①4つの提供価値領域における成長加速

当社グループはアジアを中心としたより多くの生活者に対し、ライオンだからこそできるヘルスケアを提供し、幅広い生活場面で貢献する結果として事業成長を加速し、アジアでのプレゼンス拡大を目指します。その実現に向けて、当社グループの成長の方向性を示す4つの提供価値領域を設定しました。

オーラルヘルス

口の健康を考える「オーラルケア」(の提供)から、口から全身の健康とQOL向上を支える「オーラルヘルスケア」(の提供)へ。

口腔環境と健康寿命の関係が明らかとなる中、国内No.1のオーラルケアメーカーの強みを活かしオーラルケアの革新的な製品とサービスを一人ひとりの生活文脈の中に、ヘルスケアの新たな形として溶け込ませることで、既存事業の枠を超えた事業拡張を目指します。

より「専門的」で、「パーソナル化」された次世代のオーラルヘルスケア・プラットフォーム(=POHR*)など、人々の新たな習慣づくり・収益機会の創出を目指し、メーカーからサービサーへ、積極的に事業モデルの変革を推進していきます。

Personal Oral Health Record

閉じる

インフェクションコントロール

家庭の手洗い習慣を支える「ハンドソープメーカー」から、あらゆる場で感染症のリスクと向き合う「衛生ソリューション企業」へ。

新型コロナウイルス流行を契機に社会の衛生に関する行動様式が見直され、感染症に備える新たな市場が創出される中、長く「清潔・衛生」を守ってきた企業として、使命感を持って事業を変革し、日本、及びアジアにおける衛生対策のリーディングカンパニーを目指します。

誰もが安心して暮らせる社会の実現に向け、居住空間から公共・産業空間へ事業領域を拡大し、菌やウイルスから人々の生活を全方位(身体・対物・空間)で守る「衛生ソリューション」を提供します。

閉じる

スマートハウスワーク

これまでの「画一的な家事提案」から、多様な暮らしにフィットした「新しい家事習慣」の創出へ。

生活スタイル・居住状況の多様化が進み、画一的な家事提案では生活者ニーズを捉えきれなくなる中、一人ひとりの毎日を見つめてきた企業として、多様な暮らしにフィットした「新しい家事習慣」を提案し、新たな事業機会の創出を目指します。

家事のスマート化(楽しさ/効率化アップ)を基本コンセプトに家事全般を捉え直すことで「その人が自分らしいと思える心地よさ」を最大化し、多岐カテゴリーにおいて外部パートナーと強固に連携・創発しながら、独自の優位性を確立します。

閉じる

ウェルビーイング

“自分らしい健康” を自然に・前向きに維持できる、心と身体の「トータルヘルスケア・サービサー」へ。

一人ひとりが自身の不調・不快に応じて、いつでも適切な予防・改善ソリューションを選択できることで、誰もが自分にとって「健康」な状態を保ち、家族や身近な人とともに毎日を「幸せ」に感じて過ごせる社会の実現を目指します。

習慣的に行うセルフヘルスケアを起点に、生活者との繋がりを築きながら外部パートナーと連携して提供ソリューションの拡充・各サービスの統合を進め、人々のライフステージに寄り添い “自分らしい健康・幸福” を支え続けるトータルヘルスケア・サービサーへの変容を図ります。

閉じる

②成長に向けた事業基盤への変革

戦略的投資の継続・強化により、成長を促進する事業基盤への変革に取り組みます。

③変革を実現するダイナミズムの創出

持続的に成長する企業への変革の実現を目指します。

(2)サステナビリティ重要課題への取組み強化

「健康な生活習慣づくり」「サステナブルな地球環境への取組み推進」を最重要課題として、成長戦略の推進との相乗的な取組みを強化します。

詳しくは下記をご覧ください。

Share