閉じる

人権の尊重 人権の尊重

基本的な考え方

人権は、人が生き、幸福と生活の向上を追求する上で欠くことのできないものです。ライオングループは、人種、宗教、性別、性的指向、年齢、国籍、障がい等の多様性を認め、あらゆる人権を尊重することが企業の責任であり、事業基盤を強めると認識しています。 ライオンは「ライオン企業行動憲章」において、「国の内外を問わず、人権を尊重し、すべての法律、国際ルールおよびその精神を遵守すること」を定め、 「行動指針」においては、児童労働や強制労働を認めないこと、機会均等な雇用と就業者に対する公正な処遇を行うことや、購入先における人権についても示しています。 また、2009年に国連グローバル・コンパクトの10原則の支持を表明しています。
今後もグローバルな事業展開を進めていくにあたり、「人権の尊重」を2030年サステナビリティ重要課題とし、「ライオン人権方針」に基づき事業活動を推進していきます。

ライオン人権方針の制定

当社は、2019年1月、人権侵害に対する当社の姿勢やグローバルでの取組み姿勢等をより明確にするため、2011年に国連人権理事会で承認された「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、「ライオン人権方針」を制定しました。本方針は執行役員会で承認され、海外グループ会社を含む当社グループの全従業員と、サプライヤー等、当社グループと深く関わる関係者に適用されます。

推進体制

当社グループでは、企業倫理担当、経営企画部、サステナビリティ推進部が中心となって、社会における人権の動向把握に努め、新しく顕在化した問題に対しては、必要に応じて法務部、国際事業本部や購買本部等、関連部門と連携し取組みを進めています。

取組み

Share