閉じる

社会貢献活動

考え方

ライオンは、創業以来、人々の健康な毎日を目指して、商品・サービスの提供とともに、生活者への普及啓発活動や情報提供を推進し、「健康な生活習慣づくり」を提案しています。「ライオン企業行動憲章」においては、「私たちは、社会の一員として、積極的に社会貢献活動を行う」と定めています。これに則り、日本のみならずアジアおいて、健康、快適、清潔・衛生分野を通じてサステナブルな社会の発展および地球環境に貢献する活動に取り組んでいます。
また、当社の事業を継続するためには、事業所の所在地やゆかりのある地域との共生が必要だと考えています。地域住民の方々や行政、市民団体等の皆様と共にパートナーシップの強化を図りながら、地域社会の課題解決や活性化に取り組んでいます。さらに、事業に関連した啓発活動に従業員一人ひとりが参画する機会を増やすことで、高い社会・環境意識をベースにパーパス「より良い生活習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」を実践し、新しい価値を生み出す人材の育成にもつなげます。

全体像

社会貢献活動の全体像

自治体との取り組み

宮城県石巻市

石巻市は、創業者である小林富次郎のゆかりの地であることから、2011年の東日本大震災以降、市内で独自に復興支援活動を継続してきました。
また、2019年1月には、当社が培ってきた健康づくりに関するリソースを活用して、市民の皆様の健康増進と地域の活性化を図るために、石巻市と包括連携協定(「東北に元気を love.石巻」)を締結しました。今後も社員参加のもと、様々な活動に取り組んでまいります。

オーラルヘルスケアリーダー
養成講座の様子

山梨県山梨市

山梨県が進める「企業の森推進事業」の第1号として、社員が森林整備活動や地域の方々との交流等を行っています。

photo
森林整備活動の様子

香川県坂出市

「キレイキレイのまち 坂出」プロジェクトは、坂出市、ライオンケミカル(株)オレオケミカル事業所、当社が手とお口の清潔衛生習慣の定着を通じて市民の健康増進への貢献を目指す活動です。

坂出市「歯っぴいフェスタ」
出展の様子

東京都墨田区

当社の本社所在地である墨田区と、2020年より、プラスチックの資源循環を目的に、墨田区と連携して使用済みハブラシの回収、リサイクルを行うことで合意し、ハブラシリサイクルに関する協定を締結しました。
墨田区庁舎や区内全公立小・中学校など、計85ヵ所に回収ボックスを設け、使用済みハブラシを回収しています。集まったハブラシは定期的に収集し、当社指定のリサイクル関連企業にて再資源化をし、生活者のお役に立つプラスチック製品の素材として活用します。
2020年4月~2021年3月に回収した使用済みハブラシは、定規に再生し、回収に協力してくれた小学校等(回収協力拠点の多くが学校など教育機関)にお戻ししました。
また、区内の子ども食堂などを利用する子どもたちに向けて、当社製品(新品のハブラシ等)を提供するとともに歯みがき指導等を行い、オーラルケア習慣の普及、定着に協力していきます。

協定締結の様子
photo
ハブラシ回収ボックス
photo
墨田区各所に設置してある回収BOX
photo
回収に協力してくれた小学校を訪問
photo
定規を手にして喜ぶ小学生
photo
完成した「15cm定規」

教育支援活動

従業員の参画

ライオンでは、社員研修の一環として、2014年から当社事業所の近隣にある幼稚園や保育所で、園児に手洗いの大切さを歌と踊りをセットで楽しく教える活動を毎年行っています。商品の提供だけでなく、自ら清潔・衛生習慣を伝える役割も担っています。このような活動に参画し社会課題に直接触れることで、課題解決力や従業員のチームワーク力や感性、共感力が磨かれ、また社会貢献意識の向上にも繋がる機会であるため、人材育成に資する活動として積極的に取り組んでいます。2020年はコロナ禍で活動を中止せざるを得ませんでした。対面での活動が難しい中、2021年からは対象を小学校に拡大し、訪問する人数を制限した上でリアルとオンラインを活用したハイブリット型の出張授業(実験動画の投影を交え、目でみてわかる授業)で再開、児童皆さんの手洗い習慣化につなげています。

photo
photo
photo
ハイブリット型授業の様子
photo
photo
幼稚園や保育所での活動の様子(2019年)

科学教育支援活動

理系学生向け教育支援活動

理系学生向け教育支援の一例としては、毎年、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の高校生に向けて、知識の深堀ができるような実験教室を実施し、研究の拠点である平井研究所での見学会では技術進歩の歴史や開発者の想い、商品に込められた技術を紹介することで身近な科学への関心を高め、研究者から直接話を聞くことにより、職業観の醸成につながる活動を行っています。
2020年以降は、オンラインでの実験や講義、展示施設見学会も増え、中高生や大学生への授業の一環として新たな試みを開始しています。最近では、環境をテーマとした講義依頼も増え、ライオンが古くから取り組んでいる研究成果の一例として、容器や工場排水のリサイクル技術なども紹介しています。

オンライン授業実績推移
2020年 2021年 2022年
(3/31時点)
実施回数 1 6 3
参加人数 23 117 83

文部科学省では、将来の国際的な科学技術人材を育成することを目指し、理数系教育に重点を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業を平成14年度から実施しています。先進的な理数系教育を実施している高等学校等を「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」に指定し支援しています。

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)

リカジョ育成イベントへの参画

2019年から内閣府男女共同参画局、文部科学省総合教育政策局、一般社団法人日本経済団体連合会が推進する「理工チャレンジ(リコチャレ)~女子中高生・女子学生の理工系分野への選択~」の取り組みに賛同し、イベントを実施しています。
2021年は初のオンラインイベントを開催し、日本全国、そして海外からの参加者も含めると105名の女子中高校生が参加し、研究所や工場の仕事を紹介することで、進路選択の一助として活用して頂きました。引き続き、2022年もイベントを開催し、参画していきます。

photo
オンラインイベントの様子
photo
photo
オンラインイベントを受けている参加者の様子

ボランティア研究員による科学教室の実施

当社平井研究所がある江戸川区では50年以上の歴史を持つ科学教育センター事業を推進しており、区、学校、区民の3者が協力し、身近で起こっている科学現象やその面白さを子どもたちに教えています。当社の商品の基盤となっている「界面科学」をよく知っていただき、くらしの中の科学に親しんでいただけるよう、小学生への科学教室を15年以上継続して実施しています。2020~21年は小学校での活動を中止していましたが、2022年は3年ぶりに開催する予定です。

研究所の活動はこちら

スポーツ振興活動

ライオンラグビー部「ライオンファングス」による活動

当社ラグビー部は2022年で創部50周年を迎えています。これもひとえに、日ごろより応援やご支援をいただいている様々な方々のお陰であると思っております。心から感謝申し上げます。
毎年春に、ライオンファングスの活動拠点である当社千葉工場のグラウンドにおいて「ライオンラグビーフェスティバル」を開催し、コーチングスタッフ含む現役選手と、地元ラグビースクールの子どもたちをはじめ、数多くの親御さんや地域の皆様と交流を図っています。新型コロナウイルス感染防止のため、この活動は2020年以降は休止していましたが、2022年春、約3年ぶりに再開されました。このフェスティバルで行われるラグビー教室では、現役選手たちが幼稚園児から小学校高学年生、中学生までのラガー達にラグビースキルをわかりやすく教えています。
なお、2012年からは東日本大震災復興支援「東北に元気を love.石巻」プロジェクトの一環として、石巻でもラグビー教室を開催していますが、2020年以降は、コロナ禍のため休止しています。状況が落ち着き次第、この活動を再開する予定ですので、「ライオンファングス」一同、その時を楽しみにしております。

ラグビー教室の参加者数
2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年
(5/31時点)
参加者数 千葉 約450名 約500名 約700名 休止 休止 約600名
石巻 約100名 約80名 約90名 休止 休止 -
photo
photo
photo
photo
千葉工場にて
石巻にて(2019年)

その他、ライオンが応援するスポーツイベント

スポーツ庁「スポーツエールカンパニー2022」に認定

従業員のスポーツ活動の促進に向けた取り組みや、スポーツ分野における積極的な支援を実施している企業として、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー2022」に認定されました。

logo

ジェンダー平等に向けた活動

Kaji×Kaji ハッピーシェア

全国の自治体や企業とタッグを組んで、家庭内の“家事ギャップ”の解消を目指しKaji×Kaji ハッピーシェアに取り組んでいます。その地域でくらす家庭の円満を応援することで、女性の社会進出や少子化など様々な社会課題の解決のサポートをしています。夫婦だけでなく多くの方々にも、情報をお届けできるよう自治体の皆さんと当プロジェクトを推進しています。

佐賀県における家事セミナーの様子

地域共生活動

工場見学

工場見学は生活者と当社を結ぶ大切な接点のひとつと考えています。
当社製品に親しみをもっていただき、安全・環境保全を第一とする操業状況をご覧いただくため、毎年多くの方に工場見学に来ていただいています。
ただし2020年2月以降は、新型コロナウイルス感染防止のため休止しています。

photos
小田原工場(2019年)
photo
千葉工場(2019年)
photo
明石工場(2019年)
2020年工場見学の内訳
工場 千葉工場 小田原工場 大阪工場 明石工場 合計
見学回数 3回 11回 5回 7回 26回
見学者数 50名 231名 126名 150名 557名

環境美化活動

工場・オフィス周辺の清掃活動

当社グループの各工場・オフィスでは、地域社会とのコミュニケーションを大切にし、敷地内だけでなく周辺の清掃活動にも積極的に取り組んでいます。

photo
photo
明石工場周辺の清掃活動
photo
photo
小田原工場周辺の清掃活動
photo
photo
photo
千葉工場周辺の清掃活動
photo
福岡オフィス近隣の海浜公園での清掃活動

この他、札幌オフィス、東京オフィス、名古屋オフィス、大阪工場、ライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所とオレオケミカル事業所、ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ(株)小野事業所、四⽇市事業所でも清掃活動に取り組んでいます。

関口川の清掃に参加(小田原事業所)

小田原市国府津地区自治会連合会では、国府津海岸清掃活動を毎年実施し、小田原地区の社員が2003年から参加してきました。2008年からは近隣を流れる関口川に清掃場所が変更されましたが、活動は継続して行っています。ただし2020年以降は、新型コロナウイルス感染防止のため休止しています。

清掃活動の様子(2019年)
2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
参加者数 27名 43名 36名 休止 休止

神栖市海岸清掃の活動(ライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所)

神栖市の海岸(日川浜・波崎)をライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所が2009年より地域貢献活動の一環として、地域の方々と一緒に毎年6月に清掃活動を行っています。ただし2020年以降は、新型コロナウイルス感染防止のため休止しています。

おそろいの緑色のTシャツを着て参加(2019年)
清掃活動の様子(2019年)
2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
参加者数 51名 46名 46名 休止 休止

各事業所での生物多様性保全活動

当社は、自然の恵みをいただきながら毎日のくらしを支える様々な商品をお届けしています。
そこで、資源の持続可能な利用に努めるとともに、自然共生社会の実現に積極的に各事業所の社員が貢献することを目指し、生物多様性の保全に取り組んでいます。

その他、ライオンが応援するイベント

寄付活動(フィランソロピー活動)

当社では、国内のグループ会社を含め、毎年社会貢献活動の実績調査を行い、その報告をもとに各活動に対する金銭や現物の寄付金額と活動費を集計・管理しています。
2021年度の社会貢献活動支出額は、合計約778.2百万円となりました。

2021年度 社会貢献活動支出額(単位:百万円)

figure

寄付金(金銭)には、(公財)ライオン歯科衛生研究所(LDH)への寄付金が含まれています

社会貢献活動支出額
2018年 2019年 2020年 2021年
655百万円 519百万円 1,041百万円 778.2百万円
従業員の勤務時間内でのボランティア時間
2018年 2019年 2020年 2021年
7,426時間 5,956時間 1,923時間 1,053時間

2020、2021年度は新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、ボランティア時間が減少しました。

海外の社会貢献活動

Share