活動レポート

事業所別活動レポート

大阪工場の生物多様性保全活動

NPO法人「日本ウミガメ協議会」に協力して「ウミガメ保護ボランティア活動」を行っています。保護の対象となるアカウミガメは、IUCNレッドリストで絶滅危惧ⅠBに指定され、産卵地でのアライグマ・たぬきによる食害に悩まされています。2010年から活動に参加し、和歌山県みなべ町千里浜の保全、ウミガメの卵保全、孵化率調査、夜警補助などを行い、産卵巣の食害数の抑制に大きく貢献しています。


2015年10月27日

ウミガメの赤ちゃんが元気に旅立っていきました!

今年最初で最後の現地活動となるウミガメ保護活動を行いました。

ウミガメの赤ちゃんが元気に旅立っていきました!

 今年最初で最後の現地活動となるウミガメ保護活動を行いました。
今年は7、8月に台風が接近した為、現地活動を行う事が出来ませんでしたが、その間竹網の製作、金柵の改造等の準備を行い、9月18~19日に和歌山県みなべ町海岸で孵化率調査及び砂浜清掃を行いました。
 今年は10箇所の産卵巣の孵化率調査をし、調査中に孵化した赤ちゃんガメが現れる場面もあり、微笑ましく保護活動を終えることができました。

  • 海岸で孵化率調査

    海岸で孵化率調査

  • ウミガメの赤ちゃん!

    元気に海へ旅立つウミガメの赤ちゃん!

アーカイブ