口腔保健啓発活動


財団を通じた社会貢献活動

当社は、「企業活動で得た利益を社会に還元する」という創業当時から一貫した理念のもとに、1913年から口腔保健の普及・啓発活動を行ってきました。1964年に厚生省(当時)認可の財団法人ライオン歯科衛生研究所(LDH)を設立し、2010年には内閣府から公益財団法人への移行認定を受け、公益財団法人としてスタートしました。LDHは引き続き、日本歯科医師会、大学、行政などと連携しながら下記の3つの公益事業を通じ、生活者の歯と口の健康を保持増進し、すべての人々の生活の質の向上に結びつけられるよう口腔保健の最前線で社会に貢献しており、当社はその活動を全面的に支援しています。

LDHの3つの公益事業

  1. 口腔保健普及啓発事業
    すべてのライフステージでの口腔保健の普及啓発活動
  2. 調査研究事業
    健康寿命の延伸に向けた口腔保健の重要性に関わる調査研究ならびに各事業や活動を通じて得られた研究成果の専門家や生活者への情報発信
  3. 教育研修事業
    保健指導者や歯科専門家に対する各種セミナーや講演会を開催

学童歯みがき大会

1932年から続いている「学童歯みがき大会」は、小学生を対象に、毎年「歯と口の健康週間」の時期(6月4日〜10日)に合わせて開催しています。2015年の第72回大会は、歯科医師会館(東京都千代田区)からのライブ配信により、国内に加え、アジア7カ国・地域からの参加を合わせ、計1,302校、約71,100名の小学生が「健康な歯ぐき」について楽しく学びました。
* 2016年より「全国小学生歯みがき大会」へ名称変更。

累計99万名(2015年12月時点)

配信会場(歯科医師会館)のステージ

「学童歯みがき大会」に参加した小学校

学術面での貢献

LDHは2011年に文部科学省研究振興局学術研究助成の指定研究機関として認定され、大学や公的機関と広く共同研究を推進することができるようになりました。2012年度には京都大学大学院医学研究科との3ヵ年にわたる共同研究を含む2件の研究テーマが科学研究費助成事業として採択され、2013年度には日本大学歯学部との3ヵ年にわたる共同研究テーマが採択されました。また、公益財団法人8020推進財団の助成事業や助成研究にも採択されるなど、これからも、学術面で社会に貢献できる研究を推進していきます。

セミナーの開催

LDHでは歯科衛生士などを対象に最新の歯科情報などに関する各種のセミナーを開催しています。特に、毎年1月東京で開催している「ライオンNew Year セミナー」は、2016年で第25回目となり、「健康寿命の延伸を目指した口腔機能への気づきと支援」をメインテーマに、「新たな時代の歯科衛生士の役割」と題して開催いたしました。口腔機能を守り育てる専門職として必要な気づきのポイントや気づいたことに対する支援のポイントなどについて各分野でご活躍されている3名の先生方に講演いただきました。

「第25回ライオンNew Year セミナー」の様子

「楽しく学べる!DVD教材」

LDHでは、園児や小学生が楽しく「歯と口の健康」について学べるように「園児(とその保護者)向け」と「小学校5・6年生向け」のDVDを作成しました。
このDVDは、園児とその保護者や小学生に歯と口の健康教育を指導する際、先生方が活用する教材として開発したもので、LDHが培ってきた保健指導や歯みがき指導のノウハウが集約されています。DVD教材の活用を推進することで、より多くの皆様の歯と口の健康の向上に貢献したいと考えています。

楽しく学べる!DVD教材

一般生活者向け書籍の発行

ライフステージごとに、元気に自分らしくくらす秘訣を結集した「健康をみがく 笑顔をふやすシリーズ」全4巻を、㈱扶桑社より2015年11月6日に発行しました。
本シリーズは、「毎日を楽しくすごす秘訣は、自分たちの健康をみつめることと、よい習慣づくりから」をテーマに、妊娠期から子育て期、学童期、成人から壮年期、老年期の4つのライフステージに分けられています。 いつまでも元気で健康に暮らすためのポイントをイラストや4コママンガを盛り込みながらわかりやすくまとめ、読んでためになる新書です。
LDHが現在行っている口腔保健の普及・啓発活動に、書籍という新しい形での接点を加えることで、より多くの生活者が正しい知識に基づいたオーラルケアの習慣化ができるように貢献できればと考えています。

  1. 赤ちゃんがパパとママにやってもらいたい58のこと
  2. 学校では教えない できる子をつくる74の新習慣
  3. 働く世代が意外と気づかない体の危険信号
    “これ”に気づくと人生が一気に好転する。
  4. 頭と体を元気に 生涯さびないためのトレーニング

【書籍概要】
協力:ライオン株式会社
編集:公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
発行:株式会社 扶桑社
価格:本体各巻760円(税別)

2015年のLDHの主な社会貢献活動

[母子歯科保健活動]

妊婦、乳幼児および園児とその保護者を対象に「歯と口の健康」を通じた子育て支援活動を実施。

実施対象:69ヵ所、70回
参加者:乳幼児・園児 1,942名、保護者 1,366名

累計:114万名

[学校歯科保健活動]

児童・生徒や保護者に対する直接的な啓発活動と、保健指導者の活動に対する支援を実施。

実施対象:28ヵ所、290回
参加者:児童・生徒 16,115名、

保護者 702名、保健指導者 828名

累計:2,326万名

[成人(産業)歯科保健活動]

就業者を対象に、歯周病の予防と歯と口の健康の保持・増進に重点を置いた指導を実施。

実施事業所:243ヵ所、497回
受診者:28,326名

累計:204万名

[高齢者歯科保健活動(2007年~)]

いつまでも自分の歯と口で食べることができるように口腔機能の保持につながる支援を実施。

実施対象者:15ヵ所、24回
参加者:691名

累計:1万名

[診療活動]

リスクコントロール・デンティストリーの考え方に基づき、専門性が高く、質の高い診療および予防歯科活動を実施。

受診者:11,691名

累計:183万名

* 一人ひとりのムシ歯や歯周病のリスクに応じてケアの方法をかえるオーダーメイドの歯科治療

    累計は財団設立(1964年)からの積算値

「ライオンアウォード」の設置

予防歯科の学会活動や若手研究者の育成を支援する目的で「ライオンアウォード」を2001年に創設しました。
本賞は、世界最大の歯科学会である「国際歯科研究学会(IADR)」と国内の「日本小児歯科学会」、「歯科基礎医学会」、「日本口腔衛生学会」、「日本歯周病学会」、「日本老年歯科医学会」5歯科学会に学術賞として設置され、創造的な研究を行った研究者に対して盾と賞金を進呈しています。
2001年の創設から16年間で154名の研究者が受賞しています。

ライオンアウォード授賞式

国際歯科研究学会(IADR)の様子

画像(左から)
柴崎オーラルケア所長、角井取締役、Dr. Roger Junges、Dr. Tomomi Kawai、鈴木国際事業本部長

2016年度の実績
学会名 授賞式開催都市 授賞式開催日 受賞者(所属)
国際歯科研究学会
(IADR)
Seoul, Korea 6月23日 Rojer Junges
(University of Oslo, Norway)
Tomomi Kawai
(Tsurumi University, Japan)
日本老年歯科医学会 徳島県 6月18日 小谷(上澤)祐子
(昭和大学歯学部高齢者歯科学講座 講師)
日本小児歯科学会 東京都 5月26日 河上智美
(日本歯科大学生命歯学部小児歯科学講座 准教授)
日本口腔衛生学会 東京都 5月29日 竹下徹
(九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座 口腔予防科学分野 准教授)
歯科基礎医学会 北海道 8月25日 阪井丘芳
(大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能治療学教室 教授)
日本歯周病学会 新潟県 10月7日 石原裕一
(松本歯科大学歯科保存学講座 教授)
柳田学
(大阪大学大学院歯学研究科口腔分子免疫制御学講座 助教授)

キッザニアへの出展

キッザニア東京・キッザニア甲子園に「歯科医院」パビリオン出展

当社は、2006年に「キッザニア東京」(豊洲)、2009年に「キッザニア甲子園」(神戸)に「歯科医院」をテーマにしたパビリオンを出展しています。「歯科医院」パビリオンを体験してもらうことで、歯の大切さ、お口の健康を自分でケアすることで全身の健康も守れることを知ってもらいたいと考えています。

当パビリオンでは歯の大切さを勉強し「予防歯科医」としての研修を受けてもらった後、診療台の上のフィギュア(歯科大学での実習用)にムシ歯治療とフッ素塗布をしてもらい、キッザニア専用通貨で8キッゾの報酬を得ることができます。

「歯科医師」の仕事を体験した子どもたちからは、「治療をするのはすごく大変だと思った。」「絶対歯磨きを頑張って、ムシ歯をつくらないようにしたい。」などの声も聞かれ、ムシ歯予防の大切さがしっかりと伝わっているようです。

「キッザニア東京」の「歯科医院」パビリオン

フィギュアにムシ歯治療をする様子

キッザニア甲子園の「歯科医院」パビリオン

「予防歯科医」としての研修を受ける子どもたち