従業員の健康管理の推進

従業員の健康は「会社の健全な成長を支える経営基盤」との考えを基本とし、従業員の健康管理・増進に向け、生活習慣改善、口腔保健、メンタルヘルス対策など、さまざまな施策を展開しています。また、健康診断後の産業医・看護職による全員面談など、きめ細やかな健康管理活動を行っているのも当社の特徴です。その柱となる基本理念が健康指針です。

健康指針

「今日を愛する。」ことは、一生を大切にすること。 すべての人々の「今日」に貢献したい。 この想いを実行するには、何より「健康」であることが前提となる。

会社の協同者である従業員の健康は、従業員本人および家族の幸福の礎であるとともに、会社の健全な成長を支える経営基盤である。 経営者と従業員が一丸となって健康保持・増進に向けた取組みを積極的に推進し、すべての人々の「今日」に貢献する、健康で活力のある会社を目指す。

この考えに基づき、各種法令の遵守、プライバシーの保護に十分配慮をして、以下の指針に沿った健康管理活動を推進する。

  1. 健康管理能力の向上

    従業員は自己の責任において健康管理を行うことを認識し、会社は組織的かつ着実な健康管理活動を通じ、従業員各人の健康管理能力の向上を支援する。
  2. 快適な職場環境の形成

    会社は、従業員が安心・信頼して働ける快適な職場環境の形成を通じて健康の確保を図るとともに、活き活きと業務が遂行できるよう従業員の健康状態に常に配慮する。
  3. 将来を見据えた活動

    当社としての特性・知見を活かし、口腔衛生から全身健康まで、戦略的に将来を見据えた健康管理活動を推進する。

2012年1月制定
ライオン株式会社

健康管理への組織的な取り組み

当社は、全社健康管理責任者(人事部長)、健康保険組合、健康サポート室との合同会議「健康管理推進委員会」にて定期的に議論しながら健康管理活動を進めています。その中で現状分析、課題抽出、取り組みテーマを設定してPDCA管理を行い、より効果的な健康管理を目指しています。
従業員個々の健康管理においては、一人ひとりの社員とのコミュニケーションを大切にしています。定期健康診断後は産業医・看護職による全員への個別面談を基本とし、「従業員の顔がわかる健康管理」を通し、健康の自己管理能力向上への支援を継続しています。
個と集団の両面からきめ細かい健康管理を通し、今後も継続的に改善をはかりながら、産業保健のノウハウを蓄積します。

健康管理体制

「平成25年度体力つくり 優秀組織表彰」文部科学大臣賞受賞

担当者の声 健康サポート室 室長 見目 悦男

健康サポート室 室長  見目 悦男

当社の組織的な活動を総合的に評価していただき、「平成25年度体力つくり優秀組織表彰」において、「文部科学大臣賞」を受賞することができました。
「体力つくり優秀組織表彰」とは、「体力つくり国民会議」(9府省庁、関係団体233で構成)にて、地域や職場における保健・栄養の改善および体力づくり運動を推進し、顕著な成果をあげている組織を表彰するものです。
当社の受賞理由の概要は以下のとおりです。

  • 創業以来、従業員を「会社を発展させる協同者」と考え、従業員の教養と健康を大切にしている。
  • 健康サポート室などの複数の組織が連携して、健康づくりセミナーの開催や、スポーツ・レクリエーション活動の推進を行っている。
  • メタボリックシンドローム対策として、保健・栄養分野についてもさまざまな取り組みを行っており、総合的に健康・体力づくりに努めている。

今後も、健康視診に基づいたPDCA活動を継続し、従業員の体力増進・健康増進に努力いたします。

年代別の健康リスクとニーズに合わせた2つの健康セミナー

35歳健康セミナー

LIS21セミナーでのウォーキング

当社は、健康面における自己管理能力向上を目指し、満35歳の社員を対象にした1泊2日の体験型セミナー「LIS21(Lion life Innovation Seminar 21)」を、2001年より毎年実施しています。参加者に「生活習慣に対する意識」の高まりや5年後の体重抑制効果が現れていることも確認できました。若い世代からの健康づくりが将来的な疾病予防につながることが確認され、社員の健康意識の強化にも役立っています。

LIS21参加者における1年後の行動変容率
  参加者 生活習慣が変わった者 割合
2009年 91名 89名 98%
2010年 96名 87名 91%
2011年 57名 54名 95%
2012年 52名 48名 92%
2013年 24名 21名 88%
2014年 63名 54名 86%

*台風の影響で2回実施予定のうち1回を中止し、翌年の対象者としました。

    生活習慣の変化に関するアンケートは、参加の1年後に調査しています。

50歳健康セミナー

35歳健康セミナーの実施に加え、2013年より、満50歳の社員を対象に半日の健康セミナー「LIS21シニアセミナー」を開始しました。加齢とともに顕著に高まっていく健康リスクを抑制するためには、自己管理能力を高めることが何より重要です。また、50歳という節目のタイミングにおいて、今後の健康、仕事、家庭生活、人生など多面的な視点から自分自身のおかれた状況を振り返り、新たな気持ちでいきいきと働ける気付きを得られる機会にしたいと考えます。

50歳健康セミナー参加者状況
50歳参加者 参加率
2013年 130名 86%
2014年 167名 81%
2015年 140名 87%
2016年 119名 81%

特定健診・特定保健指導への対応

2008年度から法制化された40歳以上の特定健診・特定保健指導について、健康保険組合と協力して健診および保健指導を実施しています。
これまで健診後に全員を対象に実施してきた個別面談を活かし、メタボリックシンドロームのリスク軽減に向けた予防活動に力を入れています。

被保険者への取り組み例(2008~2015年度)

メタボリックシンドロームのリスク軽減

  • ホームページ、集団指導による啓発活動
  • 動機づけ支援の実施率80%以上(動機づけ支援レベル+積極的支援レベルの対象者、関係会社を含む)など
  • ハイリスク者への適切な受診勧奨や医療機関受診への支援、保健指導の強化
  • 若年層への保健指導強化

メタボリックシンドローム該当者および予備軍の削減

  • 社内食堂でのヘルシーメニュー提供
  • 清涼飲料水自動販売機のカロリー表示
  • 社内タバコ販売機の撤廃や喫煙所の削減、禁煙チャレンジキャンペーンによる禁煙支援
  • 社内外ウォーキングイベントなど
当社特定健診・特定保険指導対象者におけるメタボリックシンドローム該当者・予備軍の割合
  該当者 予備軍
2013年 12.2% 12.5%
2014年 12.6% 11.9%
2015年 13.4% 12.2%

(参)厚生労働省 平成24年度 特定健診・特定保健指導に関する調査(788健保組合)
被保険者のメタボリックシンドロームの割合
該当者:14.99% 予備軍:14.17%

*40歳以上の従業員(被保険者)

啓発活動

「健康情報BOX」

社員本人の健康診断データや、健康に役立つ情報が閲覧できるコンテンツ「健康情報BOX」をイントラネット上に設置しています。健康管理に役立つ情報を掲載し、自己健康管理意識の向上を促しています。社員本人の健康診断データは、過去10年間の変遷をグラフで確認することができます。

歯科予防プログラム(ALOHA

2002年度の定期健康診断より、社員全員を対象にした歯科健診を導入し、社員のセルフケア・プロケア実践率の向上(予防歯科)、歯周病の改善、むし歯・喪失歯数の減少などの口腔保健の改善に注力しています。

* ALOHA All Lion Oral Health Activity

ライオン従業員 予防歯科関連データ

セルフケア

* 歯みがき回数一日2回以上 かつ歯みがき時間3分以上

* 2014 年度オーラルケア総合実態調査(20~59歳女性)

* 2014 年度オーラルケア総合実態調査(20~59歳女性)

プロケア

従業員の口腔保健データ

* 平成23年度歯科疾患実態調査(厚生労働省)20~59歳のデータ

* 平成23年度歯科疾患実態調査(厚生労働省)20~59歳のデータ

また、公益財団法人ライオン歯科衛生研究所と協力したこの活動において、歯周病とメタボリックシンドロームとの関連性を明らかにすることができました。今後もこれらの活動を継続し、社員の歯周病予防とメタボリックシンドローム予防への取り組みを強化します。

メンタルヘルスへの取り組み

当社では2004年に「メンタルヘルス基本方針」を制定し、一人ひとりがいきいきと活動できる職場づくりを目指して、積極的にメンタルヘルス対策に取り組んでいます。健康診断後の全員面談は、メンタルヘルス対策の面からも社員の安心につながっています。産業医・看護職をはじめ精神科医による対応のほか、外部機関と契約し、電話相談やカウンセリングを気軽に受けられる環境も整備しています。
また、健診後の面談とは別に、自身のセルフケアに役立てるために2006年から社員全員にストレスチェックを実施しています。さらに、一人ひとりがいきいきと活動できる職場づくりの取り組みとして、部所ごとに集計・分析したストレス度を部所および各部所の担当役員に個人を特定できない形でフィードバックし、常勤産業医による管理職教育にも活用するなど、PDCAを回すことによる組織的なメンタルヘルスへの取り組みを継続しています。

ストレスチェック実施状況
実施者 実施率
2012年 3,529名 97.0%
2013年 3,497名 96.7%
2014年 3,895名 96.0%
2015年 3,756名 97.9%
 
メンタルヘルスラインケア研修実施状況
開催回数 参加者 実施率 対象範囲
2012年 22回 848名 94.5% 管理職全体
2013年 26回 853名 91.2%
2014年 22回 502名 93.8% 管理職のうち、職制
2015年 21回 412名 92.3%

データヘルス計画への取組み

政府の「日本再興戦略」において重要な課題として掲げられている“国民の健康寿命の延伸”へ向け、「予防・健康管理の推進に関する新たな仕組みづくり」として、全ての健康保険組合に対し、レセプト等のデータの分析、それに基づく加入者の健康保持増進のためのより効果的・効率的な事業計画として“データヘルス計画”の作成・公表、事業実施、評価等の取組みが求められています。(厚生労働省 データヘルス計画作成の手引きより一部引用)
当社は、以前よりライオン健康保険組合と協力しながら従業員の健康管理を推進してきました。今後も健康保険組合と協力し、データヘルス計画に取り組みます。
具体的には、会社の健康診断の結果のデータから社内基準により一定レベル以上の健康リスクがあると判定された従業員には、産業医や看護職による保健指導を強化しています。さらなる重症化とその後の本人のQOL(Quality of Life=生活の質)の低下を防ぐ「重症化予防活動」への取り組みや、歯科予防プログラムなどこれまで展開してきた健康管理の取り組みもより充実させ、従業員一人ひとりがいきいきと仕事に取り組めるよう、また、健康面において高い自己管理能力をもってより充実した生活が送れるよう、従業員の健康の保持増進に努めています。