自然との共生

生物多様性保全の考え方

洗剤の使用と関係のある河川の発泡や富栄養化などの水環境問題に、古くから率先して対応してきた当社では、原材料調達から廃棄までのすべての段階で生物多様性に配慮してきました。しかし、将来にわたり生物多様性の恵みを享受するためには、地域社会などと連携して生物多様性の保全に取り組み、その恵みを使い果たすことのないよう、持続可能な利用を進める必要があります。また、生物多様性に配慮した製品を通して生活者のライフスタイルの変化を促し、自然共生社会の実現に向けて貢献することが重要です。
そこで当社は、バリューチェーンに沿って、事業活動で利用している天然資源や事業の生物多様性への影響を把握し、リスクの低減と機会の拡大につながる生物多様性保全活動を行うことで、事業を通じて持続可能な社会の発展に貢献します。また、環境教育の一環として、従業員一人ひとりが生物多様性保全活動に参画することで、生物多様性保全に対する意識を全事業所に浸透させます。

1960年代 河川の発泡問題
当時の合成洗剤は分解されにくかったため、河川などが泡で被われる状況となりました。ライオンは洗剤原料を分解されやすいものに転換しました。

1970年代 富栄養化問題
富栄養化による赤潮などが発生し、問題となりました。原因の1つであるリンは、当時の洗剤に配合されており、ライオンは洗剤の無リン化を他社に先駆けて推進しました。

1980年代以降 地球環境問題
地球規模での環境問題がクローズアップされ、資源や環境負荷に対する配慮が求められるようになりました。ライオンは洗剤の洗浄力を高性能化して使用量を低減したり、植物原料の活用を積極的に進めています。

当社の生物多様性保全活動の全体像

当社の生物多様性保全に配慮した事業活動の全体像

当社の生物多様性保全に配慮した事業活動の全体像

* 流域:水でつながる森林、河川、里山、干潟、海浜などの生態系

界面活性剤「MES」、「MEE」などの環境への影響調査

当社の商品のほとんどは、使用後に河川などに排出されるため、開発段階で環境中での安全性を評価・確認しています。さらに、日本石鹸洗剤工業会が1998年から実施している東京および大阪近郊の河川水域中の4種類の界面活性剤の濃度調査〜生態系リスク評価(年4回実施)に参加し、環境に影響がないかどうかを調べています。これまでの調査では、水生生物に影響がないと考えられる濃度よりも低いので、洗剤による環境影響が少ないことがわかっています。
また、植物由来の界面活性剤「MES」と「MEE」は当社が開発した物質であることから、独自に同じ公共水域中で濃度を調査して評価し、生態系への影響が極めて小さいことを確認しています。
安全性の評価・確認は当社だけの課題ではありません。国内外における最新の技術情報を収集・活用するとともに、当社からも情報を発信し、安全性の進歩に貢献しています。
2015年は、「第49回 日本水環境学会年会」にて、「フラスコサイズマイクロコズムを用いた界面活性剤の生物間相互作用・生態系機能への影響評価」の報告を行い、また、「第21回 日本環境毒性学会研究発表会」にて、「フラスコサイズマイクロコズムを用いた界面活性剤の影響評価」の報告を行いました。

河川水の試料採取地点

各事業所での生物多様性保全活動

当社は、それぞれの事業所において生物多様性保全活動を行っています。特に工場においては、敷地が広く、取り扱う原材料が多く、周辺の自然環境や地域社会に影響を及ぼす可能性があると考えられるため、工場の操業にともなう影響を低減するとともに、工場が立地する周辺流域の生物多様性を保全し、その恵みを地域社会全体で享受できるよう、生物多様性保全活動を積極的に行っています。