Eco Vision 2020

Eco Vision 2020策定の考え方

当社は2011年、2020年に向けての新経営ビジョン「Vision2020」を発表しました。その中のひとつが「環境対応先進企業を目指す」ことです。そのために、地球環境問題の現状をふまえ、当社が関与する領域と活動は何かを設定しました。

1. 地球環境問題の現状

出典:環境省「平成22年度環境白書」
地球温暖化 世界の温室効果ガス排出量は、国際的な削減の取り組みにもかかわらず、230億トン(2000年)から340億トン(2020年)へと増加することが予測され、地球温暖化の進行が心配されています。
資源不足と偏在化 水は生きることに欠かせない最も重要な資源です。その世界の需要量は4兆m3(2000年)から5.2兆m3(2025年)へと増えることが予測され、世界中で水不足の深刻化が懸念されています。
生物多様性の喪失 約3,000万種の生物のうち、1975年以降、毎年4万種の生物が消失していると言われています。それまでは年に千種程度であったことと比較しても、非常に速いスピードで貴重な生物種が絶滅していることになります。

2. 当社関与領域と活動

「Vision2020」の戦略を支える「Green innovation」を推進し、新たな発見により「低炭素社会」、「循環型社会」、「自然との共生」の実現に貢献する

外部ステークホルダーからの声

地球環境問題に当社として対応すべき目標を設定するために、環境NGOの専門家とダイアログを実施しました。また、設定した目標をお客様と共有し、ともに達成することを目指し、環境コミュニケーションの専門家とのダイアログを実施しました。(2012年11~12月に実施)

環境目標 Eco Vision 2020 の設定

地球環境問題の現状、当社関与領域と活動、外部ステークホルダーからの声をふまえ、2012年に環境目標 Eco Vision 2020を設定しました。
温室効果ガス(エネルギー使用)、水、廃棄物、排水、調達、生物多様性、社会への環境啓発の項目について、Vision 2020と合わせた3ヵ年目標を設定し、推進しています。

一目でわかる Eco Vision 2020 の目標値2015年実績

Eco Vision V-2(2015〜2017年)実績値とEco Vision 2020目標値表

Eco Vision V-2(2015~2017年)の初年度の実績と今後の計画

Eco Vision 2020は、2012~2020年の9年間をV-1~V-3の3期3ヶ年に分けて推進しています。2015年は、概ね計画を達成したV-1(2012~2014 年)を経てV-2 の初年度に入りました。前年までと同様、ライオングループ従業員が一丸となって環境への取り組みを推進し、ほぼ順調に推移しています。

重要な5項目について

[国内の事業活動からの温室効果ガス排出量]

2015年の実績は41%削減(1990年比、売上高原単位)と前年の29%削減(同上)よりさらに削減することができました。生産設備の集約や全事業所で省エネ活動を実施することにより、削減を推進しました。今後も2017年目標、2020年目標の達成に向けて取り組みを進めます。

[国内の商品使用後の温室効果ガス排出量]

排出削減のために、商品のコンパクト化や石油原料からCO2の増加につながらない植物原料への切り替えなどを進めています。2015年の排出量は49%削減(1990年比、売上高原単位)と前年より微増していますが、製品構成の一時的な変動によるためです。今後も目標に向けて、同様の取り組みを進めます。

[海外の事業活動からの温室効果ガス排出量]

毎年1%削減(2014年比、生産量原単位)の目標に対し、実績が0.4%削減(同上)と未達成でした。生産量が減少した事業所の影響でエネルギー効率が下がったことが原因です。今後は生産能力に応じた生産量の確保による 効率的な製造等に取り組みます。

[国内の事業活動での水使用量]

2015年の実績は45%削減(2000年比、売上高原単位)でした。生産プロセスの変更や全事業所での節水活動および下記の工場の工程排水リサイクルが寄与し、2020年目標の35%以上削減(同上)を前倒しで達成しました。

[工場排水のリサイクル]

2015年は千葉工場において工程排水リサイクル設備が完工し稼動を開始しました。2016年に本格稼動し、排水量はもちろん水使用量のさらなる削減も見込んでいます。

Adebe Reader

PDFをご覧になれない方は
ここからAcrobat Readerをダウンロードして下さい。