CSR重要課題の推進

ライオングループのCSR管理体制の構築

当社は、2011年から国際的な社会的責任の手引きであるISO26000を活用し、第三者機関の意見を参考にしながら、国内グループにおいて対応状況の確認・評価を行ってきました。CSRに関する世界的な動向や当社グループの事業特性、潜在的なリスク・機会と影響度などを検討し、2012年にCSR重要課題を特定しました。

重要課題の特定プロセス

第三者機関への活動内容の説明

グループ会社へのヒヤリング

※画像クリックで拡大します。

また、重要課題それぞれにおいて、経営計画に合わせた3ヵ年の中期目標を設定しています。2015年は、V-2(2015〜2017年)中期目標の達成に向けて、PDCAによる改善活動を行いました。
さらに、海外グループにおける対応状況の確認・評価をふまえ、2015年に海外を含むオールライオンでの重要課題を特定しました。

中期経営計画(V-1:2012〜2014年)におけるCSR重要課題への取り組みの振り返り

CSR重要課題それぞれにおいて、2014年中期目標の達成に向けた活動を推進し、概ね達成しました。

中期経営計画(V-2:2015〜2017年)における目標と2015年実績

ライオンが特定したCSR重要課題において、2017年中期目標の達成に向けた活動を推進しました。国内については、毎年実施している部所横断型の委員会での活動に加えて、新しい人事施策の推進やe-ラーニングによる各種研修などを実施しました。海外については、国や地域によって異なる法律・文化・習慣の違いを考慮しつつ、それぞれのグループ企業の状況をふまえて順次活動を進めました。

持続可能な開発目標(SDGs)

下表の重要課題の列に記載している番号は、ライオンが事業を通じてその達成に貢献したいと考えているSDGsの番号です。
各SDGsの達成に向けたライオンとしての目標及びKPIは、ライオンの事業の方向性を勘案しつつ今後検討していきます。

2015年ハイライト01
ライオングループの国内外での口腔保健啓発活動

「健康で快適な生活習慣づくり」を目指す当社は、人々の「健康寿命」の延伸に着目し、日本国内だけでなく海外拠点のあるアジア各国においても、口腔保健啓発活動を行っています。1932年から続いている「学童歯みがき大会」は、インターネットを使った配信により、日本をはじめアジア各地の小学生も参加しています。また、海外グループ会社においては、それぞれの国・行政・地域と連携した啓発活動を行っています。

* 2016年より「全国小学生歯みがき大会」へ名称を変更。

2015年ハイライト02
ハブラシリサイクルプログラムの推進

当社は、「環境対応先進企業の実現」を経営目標のひとつに掲げ、ものづくりの場や事業活動において環境負荷低減に取り組んでいます。この考えのもと、使用済みハブラシを回収して植木鉢やなどにリサイクルするプログラムを2015年から開始しました。歯と口の健康のために定期的なハブラシ交換(1ヵ月に1回)を促すとともに、生活者が毎日使用しているハブラシを手軽にリサイクルする場を提供することで、生活者の環境への意識向上を目指しています。