CSR重要課題の推進

ライオングループのCSR管理体制の構築

当社は、2011年から国際的な社会的責任の手引きであるISO26000を活用し、第三者機関の意見を参考にしながら、国内グループにおいて対応状況の確認・評価を行ってきました。CSRに関する世界的な動向や当社グループの事業特性、潜在的なリスク・機会と影響度などを検討し、2012年にCSR重要課題を特定しました。

重要課題の特定プロセス

第三者機関への活動内容の説明

グループ会社へのヒヤリング

※画像クリックで拡大します。

また、重要課題それぞれにおいて、経営計画に合わせた3ヵ年の中期目標を設定しています。さらに、当社が事業を展開している各国・地域が抱える、持続可能な開発目標(SDGs)に関する課題を整理した上で、当社が事業を通じて達成に貢献すべき目標を特定しています。

中期経営計画(V-1:2012〜2014年)におけるCSR重要課題への取り組みの振り返り

CSR重要課題それぞれにおいて、2014年中期目標の達成に向けた活動を推進し、概ね達成しました。

中期経営計画(V-2:2015〜2017年)における目標と2016年実績

ライオンが特定したCSR重要課題において、2017年中期目標の達成に向けた活動を推進しました。国内においては、毎年実施している部所横断型の委員会での活動に加えて、従業員の多様性およびワーク・ライフ・バランスを推進する施策やe-ラーニングによる各種研修などを実施しました。海外においては、国や地域によって異なる法律・文化・習慣の違いを考慮しつつ、それぞれのグループ企業の状況をふまえて順次活動を進めました。

持続可能な開発目標(SDGs)

当社下表の重要課題の列に記載している番号は、ライオンが事業を通じてその達成に貢献したいと考えているSDGsの番号です。これらの番号は、当社の事業戦略および事業展開国が抱える課題の大きさをふまえ特定※しました。
各SDGsの達成に向けたライオンとしての目標およびKPIは、ライオンの事業の方向性を勘案しつつ今後検討していきます。

* IAEG-SDGs(SDGs指標に関する機関間専門家グループ)が検討中の指標およびSDG Index & Dashboards に掲載されている指標を参考にしました。

2016年ハイライト01
ライオングループの国内外での衛生習慣啓発活動

当社は、創業当初より、社会の清潔衛生文化の発展を目指して、商品の開発とよき習慣づくりの提案をしてきました。現在も、継続的に人々の清潔衛生意識の向上に寄与する商品提供および啓発活動を積極的に行っています。
そのひとつの事例が当社の『キレイキレイ』ハンドソープです。1996年の「O157」食中毒集団感染の多発が契機となり誕生したこの商品は、現在では日本に加えて、韓国、シンガポール、タイ、香港、中国で展開しています。各国において、商品の提供とともに手洗い啓発活動を積極的に行っています。

2016年ハイライト02
仕事と介護・仕事と育児 両立支援への取り組み

当社は、持続可能な経営の実現のために、一人ひとりの従業員が安心して働くことができ、活躍できる会社を目指しています。その中でも特に、従業員の多様性(ダイバーシティ)および仕事と家庭の両立支援(ワーク・ライフ・バランス)を重視して取り組んでおり、積極的に仕事と介護・仕事と育児の両立支援に向けて取り組みを推進しています。

2016年ハイライト03
千葉工場排水リサイクルシステムの本格稼働

当社は、ハミガキ・ハブラシ・ハンドソープ・衣料用洗剤などの商品を提供しており、創業以来「洗うこと」を通じて、常に水と深く関わってきました。そのため、生産工場における水使用量の削減、節水型商品の開発、雨水活用の啓発を行うなど、水資源保護活動に力を入れて取り組んできました。
2015年に、工場における水使用量の削減施策として、当社の千葉工場にて「排水リサイクルシステム」が完成、2016年より本格稼働しています。