(第3報)東北地方太平洋沖地震に関する対応について

ライオングループの被災状況や、これまでの対応についてのリリース情報を掲載しています。

東北地方太平洋沖地震に関する対応について

2011年3月14日
ライオン株式会社

3月11日(金)に発生いたしました「東北地方太平洋沖地震」におけるライオン株式会社(社長・藤重 貞慶)の被災状況および被災地への支援について下記ご報告申し上げます。

1.生産施設被害状況および復旧について

千葉工場では、包装建屋の亀裂、ラック倉庫の製品落下などの被害を受けております。現在、復旧に向けた調査および作業を行っておりますが、目処については確認中です。また、小田原工場についても、生産設備等に軽微な損傷が認められます。復旧の目処については現在確認中です。

2.物流施設被害状況および復旧について

ライオン流通サービス株式会社仙台流通センターおよび船橋流通センターでは、商品などに被害を受けております。復旧の目処については現在確認中です。

3.停電への対応について

当社は、以前から、「ノー残業デー」や「未使用時の消灯」などの節電施策を徹底してまいりましたが、この度の「計画停電」についても、要請された日程について対応をすすめてまいります。

4.義援金・支援物資

当社は、今回の地震で被災された皆様への支援のため、日本赤十字社、現地災害対策本部などを通じて、総額5千万円の義援金・支援物資(歯磨、衣料用洗剤等)を提供することといたしました。

被災地の一日も早い復興、そして皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

以 上


お問い合わせ窓口

報道関係の方 コーポレートコミュニケーションセンター TEL:03-3621-6661
消費者の方 お客様センター TEL:0120-556-913