ライオン快適生活研究所について

ライオン快適生活研究所とは

生活者の皆さまの健康で快適なくらしに役立つ生活情報を研究して、皆さまにお伝えしていく役割を担っています。
提供する生活情報は、「歯とお口の健康」「お洗濯」「お掃除」「食器洗い」「からだの衛生・健康」などです。

設立

2011年(平成23年)8月1日

設立の背景と狙い

ライオン株式会社は、1891年(明治24年)の創業以来、人々の健康や日々のくらしのお役に立つ製品とともに情報の提供を行ってまいりました。情報の提供としては、1921年(大正10年)に設立した「ライオン児童歯科院」(現:公益財団法人ライオン歯科衛生研究所)による口腔衛生の普及や、1933年(昭和8年)に設立した、正しい洗濯への知識を啓発した「家庭洗濯研究所」(のちのライオン家庭科学研究所)などによる活動があげられます。

今日の日本では、くらしがより快適であることを求めているものの、高齢化社会の中、単身世帯の増加などにより、“はじめてのくらし”の場面で戸惑うなど、日々のくらしにおける家事や健康への悩みは”個別化””個性化”してきています。

そこで当社は、いまの時代を生きる人々の多様なライフスタイルと、それらの人々が就職、結婚、出産などで訪れるライフステージを迎える時に役立ち、快適なくらしを実現するための生活情報の新しい提供窓口として「ライオン快適生活研究所」を創設いたしました。

活動概要

ライオン快適生活研究所は、TV、ラジオ、新聞、雑誌などのマスメディアを通じた情報発信に加え、2014年10月からスタートした生活情報メディア「Lidea(リディア)」(https://lidea.today/)を通した発信の他、対象となる生活者向けのコミュニケーション型イベントなどで、快適で健康な生活を送るための情報を提供します。

「暮らしのマイスター」について

「暮らしのマイスター」は、「オーラルケア(歯とお口の健康について)」「ヘルスケア(からだの衛生・健康について)」「お洗濯(衣類の清潔・快適)」「リビングケア(すまいの清潔・快適)」の4つの分野について、研究キャリアと専門知識を持つプロフェッショナルです。

「暮らしのマイスター」は、快適生活情報発信のスペシャリストとして、それぞれの分野での、情報の創造・発信を行います。