衣料のお手入れでトラブルが発生したとき

塩素系漂白剤液があやまってかかってしまった部分が、脱色してしまった。

事例

衣料: エプロン
素材: 綿 100%
取り扱い絵表示: 洗濯機40度弱マーク 塩素系漂白剤禁止マーク アイロン高温当て布マーク ドライ禁止マーク 日陰の吊り干しマーク

・色落ちしますので他のものとわけて洗ってください。

・すすぎは十分に行ってください。

・すみやかに干してください。

原因

塩素系漂白剤の成分によって染料が分解され脱色した。

回復方法

脱色したものは回復できない。

防止策

・塩素系漂白剤は「衣料用漂白剤」「カビ取り剤」「パイプクリーナー」など様々な製品に使われているため、これらの製品を扱う時には十分に注意する。
・作業には脱色してもかまわない白色のエプロンや衣料を着用する。

トラブル対処法一覧へ戻る