衣料のお手入れでトラブルが発生したとき

液体酸素系漂白剤を衣料(衣類)に直接かけたら、部分的に変色してしまった。

事例

衣料: Tシャツ
素材: 綿 100%

原因

アメリカ製のTシャツ。ラベルに「DO NOT BLEACH」の注意表示がある含金属染料で染めた衣料品であったため、酸素系漂白剤でも脱色して変色したと考えられる。

回復方法

変色したものは回復できない。

防止策

・一般に、酸素系漂白剤は色物、柄物に使用しても大丈夫だが、含金属染料で染めた衣料や、金属をあしらった衣料には使用できない。
・必ず衣料品の取り扱い絵表示や注意表示を確認する。
・使用前に衣料の目立たない部分に液体酸素系漂白剤の原液をつけて変色しないかどうかを調べる。

日本で販売される海外製品の衣料には日本の品質表示が付いていますが、個人輸入または海外で購入した衣料は海外の表示のままです。海外と日本では水や気候、洗剤など異なる条件も多いことを念頭において慎重に取り扱いをする必要があります。なお、アメリカ、イギリスなどではISO(国際標準化機構)が統一絵表示を決めており、これを使用して表示しているものが多いようですが、まだ文字表示のみのものもあります。

トラブル対処法一覧へ戻る