住まいのお手入れでトラブルが発生したとき

浴室の床に浴室用洗剤をかけて放置したら、部分的に白っぽくなってしまった。

事例

原因

浴室用洗剤をかけて、長時間放置した為に、表面の石けんカスなどの汚れが落ち、蓄積されていたケイ酸塩が現れたもの。 水道水中には微量の無機成分が溶解している。硬度成分としてのカルシウム(Ca)やマグネシウム(Mg)のほかに、ケイ素(Si)がケイ酸塩として含まれる。水に含まれる微量のシリカが徐々に蓄積したもので、洗剤により石けんカスが除去され、乾燥するとケイ酸塩が白く現れ、クレンザーなどでも除去しにくい汚れになる。

回復方法

「おふろのルックみがき洗い」などの液体クレンザーで根気よくこする。

防止策

浴室用洗剤の使用法に従って、掃除をしてください。
浴槽や床、壁、蛇口などに蓄積された水垢汚れや水の中のカルシウムなどは、落とすのが大変です。浴室専用の液体洗剤やクレンザーなどを上手に使いこまめに掃除し、掃除のあとは水分をふいておく。

トラブル対処法一覧へ戻る