ページの先頭です

ライオン、「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー®2020東京都知事賞」を受賞

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、一般社団法人 日本取締役協会(会長・宮内義彦)が主催する「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー®2020」において、「東京都知事賞」を受賞いたしました。
「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー®」は、コーポレートガバナンスを用いて、中長期的に健全な成長を遂げている企業を後押しする目的で、同協会が金融庁・経済産業省・法務省・東京都・東京証券取引所/日本取引所グループの後援を受け、2015年度より行われています。
※「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー®」は、一般社団法人 日本取締役協会の登録商標です。

 

■受賞理由
コーポレートガバナンスが優れていることに加え、環境対応や働き方改革等、ESGへの取組みを積極的に推進している点が認められ、受賞となりました。

■ライオン株式会社 代表取締役社長 掬川 正純 コメント
ライオングループは地球規模で広がる環境問題に対し、長期環境目標『LION Eco Challenge2050』を策定し、持続可能な社会への貢献と事業発展の両立を目指しています。
現下の情勢において、当社のパーパス『より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する』の重要性を改めて強く認識しました。この度の受賞を更なる励みとし、今後もアジアを中心としたより多くの生活者に対し、このパーパスを実践することで社会価値・経済価値を創出していくとともに、引き続きESGに注力した経営を推進いたします。

当社は、経営の透明性を高め、監督機能の強化と意思決定の迅速化を図り、コンプライアンスを確保することをコーポレートガバナンス上の最重要課題と位置付けており、コーポレートガバナンス体制の充実を推進することにより、企業価値の向上を目指しています。

【関連情報】
・日本取締役協会ホームページ
「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー®2020 表彰式を開催」
URL:https://www.jacd.jp/news/cgoy/210118_2020-6.html

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る