ページの先頭です

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を策定

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、国籍・性別・年齢などによらず、多様な働き方や価値観の社員が活躍できる環境を整備し、さらなる価値創出の機会を増やすことを目指しています。このたび、女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を以下のとおり策定し、計画を推進してまいります。

1.計画期間   2021年5月1日~2030年12月31日

2.当社の課題
・管理職の男女比率に差がある
・多様性を認め、活かせる風土づくり

3.行動計画
【目標1】 2030年末における管理職層の女性比率35%以上を目指す
※管理職層=一般的な課長以上のクラス

2021年~ ・男女ともに活躍を促すための評価制度の見直し
      ・バイアスを排除し、エンパワーメントできるキャリア支援体制の構築
      (メンター制度の拡充、ライフイベントを見据えた育成計画など)
      ・社内外に対する女性活躍推進への経営コミットメント発信強化


【目標2】 2030年末までに男性の育児休業取得100%を目指す

2021年~ 多様性を活かす意識改革
     ・アンコンシャスバイアス研修の実施
     ・育児休業取得を促す訴求活動の強化
     ・従業員が多様性について考える機会の提供

当社グループは、「変革を実現するダイナミズムの創出」を成長戦略の一つの柱として掲げ、従業員の多彩な能力を最大限に引き出す「ライオン流働きがい改革」と、多様な人材の活躍を目指す「ダイバーシティ」を推進しています。従業員一人ひとりが自ら考え行動し、仕事に対する関わりをより主体的なものとすることで、生産性の向上や働く喜びを通じた「心と身体のヘルスケア」実現という好循環を生み出し、企業のさらなる成長につなげることを目指してまいります。

<関連情報>
◆ライオンのダイバーシティ
https://www.lion.co.jp/ja/csr/employee/various/

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る