ページの先頭です

花王とライオンの協働によるリサイクル実証実験の進捗について
イトーヨーカドー曳舟店における使用済みつめかえパックの店頭回収の状況

花王株式会社(社長・長谷部佳宏)とライオン株式会社(社長・掬川正純)は、プラスチック包装容器資源循環型社会の実現に向けて、東京都墨田区にあるイトーヨーカドー曳舟店と協働して使用済みつめかえパック(以下、フィルム容器という)の分別回収実証実験を行なっています。2020年10月から2021年6月までの回収状況は以下の通りでした。

【回収の状況】


2020年10月30日(金)から2021年6月15日(火)までに、フィルム容器約5,200枚を回収。
お客さまおよびイトーヨーカドー曳舟店のご協力により、計画に対して約2倍の回収量となりました。

【さらなる回収拡大に向けての課題】
・より多くのみなさまに回収について知ってもらい、参加していただくための啓発活動。
・効率的なリサイクルのため、フィルム容器を事前に洗浄・乾燥していただくことをお知らせする活動。
・フィルム容器以外のものが混入しないような働きかけ・しくみの検討。

【課題解決に向けての取り組み(検討中・予定を含む)】
・フィルム容器の回収を行なっていること、洗って乾燥させてからお持ちいただくことなど、活動の目的や回収の方法等について広くお知らせできるよう、店内の掲示や資料の配布など情報提供に取り組みます。

・回収にご協力いただいたフィルム容器を再生したブロックを使った作品や、回収量の進捗が見える展示などにより、お客さまにさらに回収に協力いただけるよう工夫を継続します。

 

店内のフィルム容器回収に関するポスターと展示


・回収ボックスは、フィルム容器以外のものを間違って入れないように注意書きを追加するなどしています。


・活動のコンセプトとフィルム容器の洗い方をわかりやすく説明した動画を公開しています。
https://www.youtube.com/watch?v=wnLV6-VGJ8E


・再生樹脂からアート作品を創作し、地域のみなさまへの還元、環境教育への協力を検討します。


・回収に関する情報提供の効果、どのように協力いただけているのかなどの実態調査や、回収量、内容の状況と課題など、引き続き調査して改善をめざします。

・資源循環型社会を実現するためにもっとも重要な生活者のみなさまの理解と協力を得るため、地元の大学生や企業、墨田区役所のみなさまとワークショップを開催し、回収量の増加や回収物の活用についてアイデアを出しあい、普及促進・啓発活動に取り組んでいきます。


【今後の取り組み】
本活動で回収したフィルム容器は、花王の和歌山工場に設置したパイロットプラントで再生処理を行ない、協働してリサイクル技術の開発・検証をすすめます。
また、家庭から出る廃プラスチックの分別回収およびリサイクルの状況・課題を調査し、効果的な分別回収のプロセスやリサイクルしやすい包装容器の設計などを検討して、リサイクル率の向上と水平リサイクルの実現をめざします。

【会社概要】

■花王株式会社 概要
代表者 : 代表取締役 社長執行役員 長谷部佳宏
所在地 : 東京都中央区日本橋茅場町一丁目14番10号
設立 : 1940年5月21日(創業:1887年6月19日)
売上高(連結) : 1兆3,820億円(2020年12月期)
従業員数(連結) : 33,409名(2020年12月31日現在)
事業内容 : 「ハイジ―ン&リビングケア」「ヘルス&ビューティケア」「ライフケア」「化粧品」のコンシューマープロダクツ事業、産業界のニーズに対応した「ケミカル」事業

■ライオン株式会社 概要
代表者 : 代表取締役 社長執行役員 掬川正純
所在地 : 東京都墨田区本所一丁目3番7号
設立 : 1918年9月(創業:1891年10月30日)
売上高(連結) : 3,553億円(2020年12月期)
従業員数(連結) : 7,452名(2020年12月31日現在)
事業内容 : ハミガキ、ハブラシ、石けん、洗剤、ヘアケア・スキンケア製品、クッキング用品、薬品等の製造販売、海外現地会社への輸出

お問い合わせ窓口

報道関係の方

ライオン株式会社
コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る