ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

「サプライチェーン イノベーション大賞2021」の「大賞」を受賞しました!

みなさん、はじめまして。
ヘルス&ホームケア営業本部 トレードソリューションセンターの三崎です。

2021年7月9日、メーカーである「ライオン」と小売店の「スギ薬局」、卸店の「PALTAC」が連名で
経済産業省が事務局をつとめる製・配・販 連携協議会から「サプライチェーン イノベーション大賞2021」で最高賞である「大賞」の表彰を受けました。

 

「サプライチェーン イノベーション大賞」は、製・配・販連携協議会がサプライチェーン全体の最適化に向け、製・配・販各層の協力の下で優れた取り組みを行い、業界を牽引した事業者に対して、その功績を表彰するものです。

※製・配・販連携協議会:メーカー(製)、中間流通・卸(配)、小売(販)の協働により、サプライチェーン全体の無駄を無くすとともに、新たな価値を創造する仕組みを構築することで、産業競争力を高め、豊かな国民生活に貢献することを目的に2011年5月に設立された協議会

 

私たち日用品の業界では慢性的に「過剰在庫」や「返品」が課題になっていました。
今回の取り組みはライオンとスギ薬局、PALTACの3社が企業の枠を超えて「現場主義」「スピーディー」「オープン」な連携体制を通じ、在庫の適正化による返品の削減を実現したものです。

具体的には、「新製品や商品の改廃情報」や「販売促進施策計画」、「店舗別配荷数量」などの情報を早期に共有化し、発売から終売までの店頭オペレーション施策をソリューション(問題解決)モデルとして体系的に開発して実行する事で、売上拡大を図りながら在庫適正化・返品削減を実現しました。

今後は、他の卸店・メーカーを加えたスギ薬局内プロジェクトを発足させ、参加企業を拡大し、開発したソリューションモデルをオープンにしていく予定です。
そして、さらなる製・配・販一体となってのサプライチェーン全体の無駄の削減、新たな価値創出といった成果拡大に取り組んでいきます。

 

商品のライフサイクルに合わせた取り組みの全体像

商品のライフサイクルに合わせた取り組みの全体像

ライオンは今後も、製・配・販の関係者と連携しながら、サプライチェーン全体の生産性向上に繋がるソリューションの提供を図り、健康・快適・清潔な毎日とサステナブルな社会の実現を目指していきます。

私も担当者として、今回の受賞をスタート地点とし、製・配・販一体となってさらなる成果創出に努めたいと考えております。

一覧に戻る

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します