ページの先頭です

環境と社会に配慮した暮らしを推進する企業ネットワーク
「サステナブル・ライフスタイル研究会」に参加

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、持続可能な環境と社会に向けて、生活者とつながり、サステナブルな暮らしのための意識啓発や行動を起こしていくために、2021年4月14日に発足する企業ネットワーク「サステナブル・ライフスタイル研究会」に参加いたします。

 

「サステナブル・ライフスタイル研究会」は、環境と社会に配慮した暮らしを推進する企業ネットワークで、企業が持つ商品、サービス、技術、ネットワークなどを活かし、生活者をはじめとするステークホルダー(学校、自治体、地域、家庭など)とつながり、サステナブルな暮らしのための意識啓発や行動を共に生み出す活動を行います。
詳細は、サステナブル・ライフスタイル研究会のニュースリリースをご覧下さい。

https://www.sustainablelifestyle.jp/post/pressrelease

■ライオンのサステナビリティ課題への取組み
当社グループは創業以来「愛の精神の実践」を社是として、「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」というパーパス(存在意義)に基づき、人々の健康で快適、清潔・衛生的な暮らしの実現およびサステナブルな社会への貢献に向け、企業活動を進めています。そのなかで、事業や地球環境、社会のサステナビリティを考慮した「人と地球の健やかな未来」の実現に資する課題として、2030年を見据えた「サステナビリティ重要課題」を設定し、解決を目指した活動を強化しています。今後も、ひとりの力では解決できない社会課題に対してみんなで支えあうとともに、生活者・地域社会のみなさんとコミュニケーションを図りながら、ともにSDGsに貢献する活動を積極的に推進してまいります。

ライオングループのサステナビリティ重要課題と2030年目標
https://www.lion.co.jp/ja/csr/management/materiality/

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る