ページの先頭です

企業連合「九州サーキュラー・エコノミー・パートナーシップ」による
北九州市での使用済みプラスチックの回収実証実験
「MEGURU BOX(めぐるボックス)プロジェクト」に参加

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、持続可能な環境と社会の実現に向けて、プラスチックの高度な資源循環に取り組んでいます。このたび当社は、九州エリアでのサーキュラーエコノミーの実現を目指す企業連合「九州サーキュラー・エコノミー・パートナーシップ」(以下、K-CEP(ケーセップ))が、7月9日(金)から北九州市で実施する使用済みプラスチックの回収実証実験「MEGURU BOX(めぐるボックス)プロジェクト」に参加します。

 

K-CEPは、製品の製造・販売・廃棄・回収・再生というサプライチェーンに連なる複数の事業者が、自治体・大学・地域団体・地元住民等と連携し、「九州エリアにおける資源の最適循環」「持続可能な社会の実現に資するビジネス創出」を目指す共創型プラットフォームで、資源・エネルギー・人の行動情報をICTにより蓄積・分析し、サプライチェーン全体の最適化に取り組んでいます。当社はこのたび、K-CEPが北九州市で行う使用済みプラスチック回収実証実験「MEGURU BOXプロジェクト」の回収品目となる日用品のプラスチックボトルやパウチ(フィルム容器)を販売する日用品メーカーとして本プロジェクトに参加します。
「MEGURU BOXプロジェクト」は、福岡県北九州市内の流通小売店舗や公共施設等に、使用済みプラスチックボトルやパウチ等を回収する「MEGURU BOX(めぐるボックス)」を設置し、住民に分別回収を呼び掛けます。そしてICTの活用により資源回収の促進に向けた仕組み化を検証します。回収物はリサイクル技術研究に活用する予定です。

「MEGURU BOXプロジェクト」ホームページ:https://www.j-cep.com/mb-kitakyushu-c


【参考資料】ライオンの資源循環への取り組み
https://www.lion.co.jp/ja/csr/env/resources/activity01.php

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る