閉じる

墨田区との「ハブラシリサイクル」取り組みについて
~回収から再生・利用にいたる資源循環の一連の仕組みを確立~

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、東京都墨田区(区長・山本 亨)と、プラスチックの資源循環を目的に、ハブラシリサイクルに関する協定を2020年3月に締結し、行政のごみ回収事業と連携した使用済みハブラシの回収を行っています。
この度、資源循環(使用済みハブラシ回収~リサイクル~再生品加工~資源排出者への還元)の一連の仕組みを確立いたしましたので報告いたします。

 

墨田区長室での定規進呈式の様子
右:墨田区 山本 亨区長
左:ライオン株式会社 サステナビリティ推進部 池西 岳樹副主席

墨田区における「ハブラシリサイクル」の取り組みについて
当社は墨田区と協定を締結し、「ハブラシリサイクル」の資源循環の仕組みづくりに努めてまいりました。2020年4月から墨田区の学校など教育機関や公共施設などに回収ボックスを設け、集まった使用済みハブラシは、すみだ清掃事務所の職員が定期的に回収を行いました。2021年3月までの1年間で集まった5,571本の使用済みハブラシは、当社指定のリサイクル関連企業で再資源化し、墨田区の子どもたちをはじめとして、区民が使用するプラスチック製品の「15㎝定規」に成形加工しました。完成した定規は、2021年11月に、墨田区および、墨田区立外手小学校に進呈いたしました。
今後、作成した定規は、回収に協力いただいている学校などの教育機関や区内のイベントにて配布する予定です。
また、当社と墨田区は、今後もさらなる取り組みを推進してまいります。

 

当社は「LION Eco Challenge 2050」を目標に掲げ、事業を通じての資源循環型社会の実現に努めています。今後も自治体、企業、生活者の方々とともにサステナブルな社会へ貢献してまいります。

<関連情報>

◆ライオンの「ハブラシリサイクル」活動
 https://www.lion.co.jp/ja/csr/toothbrush-recycling/

◆ライオンのリサイクル活動
 ハブラシリサイクル 工場見学 vol.01 (動画)
 https://www.youtube.com/watch?v=nZGnHDyLEwM

◆ライオンのリサイクル活動
 ハブラシリサイクル 工場見学 vol.02 成形加工「定規を作る」(動画)
 https://www.youtube.com/watch?v=cFln4iGt9sg

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る

Share