閉じる

「サステナビリティサイト・アワード2022」でゴールドを受賞

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会が、サステナビリティ・ウェブサイトの情報充実度で格付けする「サステナビリティサイト・アワード2022」において、最優秀賞となるゴールドを受賞しました。

 

■当社のサステナビリティへの取り組みとサイトについて
当社グループは、創業以来「愛の精神の実践」を社是として、「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」をパーパスとし、人々の健康で快適、清潔・衛生的な暮らしの実現およびサステナブルな社会への貢献に向け、企業活動を行っています。
2021年に中長期経営戦略フレーム「Vision2030」を策定。「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」を掲げ、その中で、「サステナビリティ重要課題への取り組み強化」を経営戦略の一つとしています。
歯みがきや手洗いの習慣定着にあたっては、ハミガキやハブラシ、ハンドソープなど、製品の提供だけでなく、歯のみがき方や手の洗い方についての啓発活動も合わせて行っています。
また、環境対応では、CO2削減や資源循環型社会実現のため、プラスチック使用量の削減などに努めています。
サステナビリティサイトについては、当社グループのサステナビリティの活動をより多くの方に知っていただき、ともにサステナビリティを考えるきっかけづくりに、また、健康な生活習慣づくりと環境対応など具体的な内容をお知らせするためのサイトとして運営しています。
今回、こうした活動や積極的な情報発信および情報開示が評価されての受賞となりました。

当社はこれからも、サステナビリティの活動とともにそのコミュニケーションに努め、より多くの方々とともに持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。

■「サステナビリティサイト・アワード2022」とは
一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会(代表理事:安藤光展)が主催し、2017年より国内の全上場企業のサステナビリティ・ウェブサイトでの情報開示の実態調査を行い、格付けを発表しています。本アワードでは、国内全上場企業および非上場大手企業の合計4049社のサイトにおいて、開示上で重要な8つの視点※1を280以上の評価要素にそって情報充実度調査を実施し、総合的に優れたサイトを全体の上位約1%を目処に「ゴールド(最優秀賞)※2」「シルバー(優秀賞)」「ブロンズ(優良賞)」のクラスで表彰をしています。2022年の受賞企業は、ゴールド6社、シルバー11社、ブロンズ25社でした。
※1:1.トップメッセージ 2.戦略 3.リスクと機会 4.ステークホルダーエンゲージメント
5.目標と実績 6.企業情報とガバナンス 7.ウェブアクセシビリティ 8.サイト特性
※2:1. 各情報が具体的かつ網羅的に開示されサイト自体の完成度が極めて高い
2. ステークホルダーの情報ニーズを満たす開示が十分に行われている
3. 他の企業のサイトの模範となる品質である
(一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会ウェブサイトより抜粋)

<関連情報>
・一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会
ウェブ格付けの「サステナビリティサイト・アワード2022」発表
https://sustainability.or.jp/sustainability_web_award2022/

・ライオン サステナビリティサイト
https://www.lion.co.jp/ja/sustainability/

<サステナビリティの取り組み一例>

 

ハブラシ・リサイクルプログラム
捨ててしまえばごみとなる使用済みハブラシを回収・リサイクルし、植木鉢などの新しいプラスチック製品に生まれ変わらせるプログラムです。学校や団体をはじめ、個人でも参加できるプログラムとなっています。
https://www.lion.co.jp/ja/sustainability/toothbrush-recycling/

 

 

インクルーシブ・オーラルケア
オーラルケアを通じて、人と社会の課題に取り組む活動です。子どもたちの食を支える「こども食堂」や「こども宅食」を通じ、「歯と口の健康」をテーマにした体験プログラムなどを推進しています。
https://www.lion.co.jp/ja/sustainability/inclusiveoralcare/

 

 

清潔衛生習慣の定着
さまざまな菌・ウィルスの脅威から自分と大切な人を守るため、楽しく正しい手洗い習慣を身につける活動です。
https://www.lion.co.jp/ja/sustainability/community/cleanliness/

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る

Share