閉じる

「GXリーグ基本構想」に賛同

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、経済産業省が公表した「GX(グリーントランスフォーメーション)リーグ基本構想」に賛同します。

当社は、長期環境目標「LION Eco Challenge 2050」のもと、事業所活動のCO2排出量を2030年に55%削減(2017年基準)、2050年に実質ゼロによるカーボンニュートラルの実現を目指して取り組んでいます。さらには、生活者に身近な企業として、当社の製品・サービスを使用することで社会のCO2削減につながるような「家庭でできるエコ習慣づくり」も進めています。
「GXリーグ」とは、GX(グリーントランスフォーメーション)に積極的に取り組む「企業群」が、官・学・金でGXに向けた挑戦を行うプレイヤーとともに、一体として経済社会システム全体の変革のための議論と新たな市場の創造のための実践を行う場として設立されるものです。
「GXリーグ基本構想」は、「GXリーグ」の実装に向けた詳細設計の議論と取組の実証を2022年度に進めていくための基本的な指針を示したもので、参画企業には、自らのGHG(温室効果ガス)排出削減、サプライチェーンでのGHG排出削減に向けた取り組みに加え、製品・サービスを通じた取り組みにより市場のグリーン化を牽引することが求められています。
このようなGXリーグの趣旨は当社活動の方向性に合致すると考え、賛同を決定しました。

当社グループは、2021年2月に中長期経営戦略フレーム「Vision2030」を定め、「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」を経営ビジョンとして掲げました。その経営ビジョン実現に向けた経営戦略の一つに、「サステナビリティ重要課題への取り組み」を設定しました。生活者とともに「エコの習慣化」を通して「脱炭素社会」「資源循環型社会」の実現に貢献してまいります。

【関連情報】
・経済産業省「GXリーグ基本構想」ウェブサイト:
https://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/global_warming/GX-league/gx-league.html
・ライオングループの長期環境目標「LION Eco Challenge 2050」:
https://www.lion.co.jp/ja/sustainability/env/ecovision2020/
・ライオンHP サステナビリティ:https://www.lion.co.jp/ja/sustainability/

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る

Share