ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

「ライオン統合レポート2021」を公開しました!

みなさん、こんにちは。
サステナビリティ推進部の許斐(このみ)です。

2021年5月31日、「ライオン統合レポート2021」を公開いたしました。

■「統合レポート」作成の目的
本レポートでは、株主・投資家等をはじめとしたステークホルダーの皆様に、ライオンのパーパス(存在意義)「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」の実践を通じた中長期の企業価値向上に向けた取組みをお伝えし、当社グループをより深くご理解いただくことを目指しています。

■「統合レポート」作成の背景・意義
機関投資家を中心に、株式運用の際に、従来の財務情報に加えて企業のESG(E:環境、S:社会、G:ガバナンス)への取組み状況を考慮し、中長期的な企業成長を評価する「ESG投資」が、投資手法の一つとして世界的に拡大しています。

当社は従来、財務情報は「ライオン アニュアルレポート」を、非財務情報は「ライオン サステナビリティレポート」を毎年それぞれ発行してきましたが、中長期の企業価値向上に向けた当社の取組みをより効果的に伝えるために、財務・非財務情報を統合した「統合レポート」を昨年より作成し、投資家との建設的な対話へ繋げています。

私にとって今年は2年目の編集作業でした。
初年度は手探り状態であったため、様々な課題(文字量が多い、定性情報が多いなど)が残りました。

今年は特に読みやすさを重視して、文字数を減らして図表やグラフなどを活用したり、具体性を担保するため定量数値も増やして、課題を一つずつクリアしてきました。
そして何より、昨年以上に、幹部をはじめ多くの関係部所に制作に携わっていただき、ライオングループとしての一体感を感じました。(関係者にはこの場を借りて厚く感謝申し上げます。)

また、「ライオンがこれまでどのような習慣づくりで人々の健康や市場拡大に貢献してきたか」や「今後もより良い習慣づくりに向けてどのような戦略で、どのような取組みを推進していくのか」を伝えることをテーマとしています。

■読んでいただきたいポイント
✔ポイント1:ライオンがこれまで行ってきた「より良い習慣づくり」(P9-10)
✔ポイント2:トップメッセージ(P11-18)
掬川社長が、ライオンの果たすべき使命と役割や、経営戦略としてサステナビリティ重要課題への取組みと3つ成長戦略を相乗的に推進していくことを熱く語っている点について
✔ポイント3:インクルーシブ・オーラルケア(P31)
取組みの第一弾である教育・情報と経済格差の解消に向けた2つのアクションについて
✔ポイント4:人材開発(P45-48)
今後の成長を担う従業員の一人当たりの人材育成費用や働きがいに対する従業員の意識調査結果について(定量化した箇所です)

この統合レポートは下記URLで公開しています。(勿論、ダウンロードもできます)
https://www.lion.co.jp/ja/csr/report/#ir


閲覧にはA3サイズ、印刷する場合はA4サイズのPDFがおすすめです。

精魂を注いで作成したこの統合レポートを是非ご覧ください!

一覧に戻る

ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します