ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

夏のリコチャレ2021『Girl’s Summer Labo』を開催しました

みなさん、こんにちは。
研究開発本部 広報担当の小林です。

ライオンでは内閣府、文部科学省、経団連が推進する『理工チャレンジ(リコチャレ)~女子中高生・女子学生の理工系分野への選択~』の取り組みに賛同し、リコチャレイベント『Girl’s Summer Labo』を2021年8月4日、19日にオンラインで開催しました。

本イベントは女子中高校生を対象に、当社の研究所や工場で活躍する女性社員との交流を通して多様な女性活躍の姿を紹介し、理工系進路の選択を支援する機会を提供することを目的としています。

Aコース「汚れを落とす“サイエンス”を知ろう!」とBコース「お口を健康にする“サイエンス”を知ろう!」の2コースを設定し、オンラインで実験教室、工場見学、女性社員との座談会を行いました。
2日間で計4回実施し、日本全国、そして海外からの参加者も含めると105名の女子中高校生が参加してくれました。

初のオンラインイベントで、参加者がどの程度オンラインに慣れているかわからなかったため、リマインドメールや開始30分前に入室して頂き注意事項をお伝えする等、最善をつくして開催しました。
開始早々にはクイズをしながらチャット操作になれていただく時間も設けました。

配信する会場はいつもの会議室がスタジオに変身!!

 

配信スタジオ風景

配信スタジオ風景

実験教室では界面活性剤やお口の健康に関する講義や実験を行い、身近な科学を学んでもらいました。

  • Aコース:界面活性剤の実験

    Aコース:界面活性剤の実験

  • Bコース:フッ素の働きを知る実験

    Bコース:フッ素の働きを知る実験

Aコースでは界面活性剤や洗剤を製造している千葉工場、Bコースではハブラシ、ハミガキを製造している明石工場と中継をつないで工場見学を行いました。
リアルな見学よりも近くに寄った映像で紹介することができ、オンラインのメリットを感じた参加者も多かったようです。

また、工場で活躍する女性社員にその場で仕事内容を紹介してもらい、質問することで、自宅に居ながらにして理系の仕事現場を知ってもらう良い機会になりました。

  • 千葉工場の見学

    千葉工場の見学

  • 明石工場の見学

    明石工場の見学

その後、女性社員との座談会を行い、研究や生産現場の仕事内容の紹介や、自身の高校時代、大学時代の進路決定などの経験を聞いて、将来の自分の姿をイメージしてもらいました。

前回(2019年)行ったリアル開催とは違ったオンラインでの開催により、事前準備から当日終了まで気が抜けないイベントとなりましたが、何度もリハーサルを行うことで、当日はスムーズに進行でき、幅広い地域からの参加者に理工系進路選択の良い機会を提供できたと思います。

参加者の事後アンケートでは、「中継で工場の雰囲気がわかってよかった」「いろいろな仕事内容を知ることができた」「今まで知らなかった知識が得られ、身の回りのものに興味を持つことができた」というコメントがあり、達成感を感じました。

多くの女子中高生に身近な科学の面白さを体験してもらえたため、来年も継続して実施していくつもりです。

当日の様子
https://www.lion.co.jp/ja/company/rd/riko-challe/2021/

※2019年の本取組みは「第4回リカジョ育成賞」で奨励賞を受賞しました

一覧に戻る

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します